FC2ブログ

だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
古本祭へ行った際のお話。
先に湯島で降りて大喜に寄りました。
随分久しぶり、といってもまだこれで2回目。どうも巡り合わせが悪いみたい。
しかしこの日は、お昼ど真ん中の訪問にも関わらず行列無しで、さらに限定新とりそばまでGET!


さてさて、新とりそば。
旧の方は未食なンだけどね。

あースープの色合いが鶏のダシを感じさせるじゃありませんか。
見てるだけでヨダレが…
一口目は薄さを感じましたが、食べ進めるうちにジワジワと味わいが深くなってゆきます。かといって味がクドくなるわけでもなく、また塩辛くもならず、最後まで良い塩加減。これはオイシイ。もちろん飲みほしましたサ。
麺は細めですが、そこそこコシやもちもち感あり。強い主張はしないが存在感は忘れさせない。仮面の忍者赤影でいうところの白影みたいな位置。全然分からない例えです。
そして具は、茹でた鶏肉、煮卵、ネギ、メンマ、かいわれ大根、春菊といった面々。
鶏肉やメンマは優しい味付け。鶏肉は柔らかくて臭みも無くて美味しかった。
かいわれや春菊は良いアクセント。さっぱり感が増します。
具もまた、いずれも存在感がありますがスープとのバランスを崩すことがありません。
流石大喜。よく考えられたラーメンだと思いました。オイシカッタ。

食べ終わる頃に底に鶏そぼろが沈んでいるのを発見。
かき混ぜて食べたらどうなるのかな?次回の楽しみ。
スポンサーサイト
2006.11.04.Sat 15:41 | お食事 | trackback(0) | comment(2)



| ▲TOP |



free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2006.11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。