だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
神田小川町で行列のできる店として有名なラーメン屋「つじ田」が、どういう風の吹き回しか日本蕎麦の店を出した。
場所は淡路町交差点を大手町方面に少し歩いた所。つじ田とは近所である。
今回は秋葉原から昌平橋を渡って訪問。近いのでアキバ詣での際にちょっくら寄ってみるのもイイ。

事前にネットで情報を得ていたのだが、ここは「行列のできる立ち食い蕎麦」の「港屋」スタイルとなっている。
港屋は未食なのだけど、日本蕎麦の二郎系と言われるガッツリいただくジャンク蕎麦らしい。興味があるのでいつか食べたいと思っていたが、つじ田がそれを出すとは。ラーメンは和風テイストなのに、ラーメン寄りの蕎麦を出す、とは妙な感じ。

さて、券売機で肉そばを購入し、カウンターの適当な位置にスタンバイする。もちろん立ち食いであります。慣れないので落ち着かないねぇ。
目の前には蕎麦湯のポット、唐辛子を練りこんだような赤い天かすの山、そして生卵の山。ちなみに割り箸はカウンターの下ナリ。




わかっていたとはいえ、蕎麦でのこの盛りはインパクト大。
蕎麦山の上にはネギと海苔がざっくり載せられ、肉そばたる所以の茹で肉が数枚ちりばめられている。
恐れおののきつつ蕎麦を手繰り上げる。お、あんまり絡まないのはヨイネ。
ツユに蕎麦を入れると真っ黒だった水面が赤く染まる。そう、ラー油が入っているのだった。
蕎麦ツユにラー油…想像のつかない味だったが食べてみると、
あれ?蕎麦ツユの味しかしないぞ?
ラー油は特に辛くも無く、主張が感じられない。
辛子天かすを自分でチョイスできるところを見ると、デフォは辛さを抑えているのかもしれないな。
肝心のツユは甘くも無く辛くも無く。これは標準的というべきなのか。塩気は若干強いかも。

もう一つ肝心な蕎麦の方はというと…
うーん。冷やされすぎなんではないだろうか?
冷たさで舌が麻痺し、味も香りもおぼろげになっている。ラー油の辛さを感じないのもそれか?ちょっと上滑りな印象。
蕎麦はコシが強いというよりも、固い。量もさることながらこの歯応え、咀嚼行為からしてガッツリ系なのね。
そんな蕎麦を大量に食べさせられるのだから当然飽きてくる。
それを持ちこたえさせるのが具のネギや肉である。
と思ったが、それでも半分ぐらいでビミョーな状態。うん、どうしよう。

おお、こんなときこそ最終兵器の生卵か。
自由に入れられるってことは2つでも3つでもいいのだろうか?と考えるも度胸が無いので一つだけ。値段に込みだろうから入れないのはもったいないよね。
ツユに投入し、かき混ぜる…なかなか混ざらないなぁ…。
そばを潜らせ食べてみれば、スキヤキ風の味わい。マイルドに甘くなって大分食べやすくなった。
蕎麦も卵のとろみが絡んで、いい塩梅に味が上滑りしなくなった。
最初からこうしておけばよかったと思うほど、バラバラだったものが卵で一つにまとまった。

勢いを得てワシワシ詰め込み、最後の段階で蕎麦湯を投入。
ところが、これで卵の恩恵をなくしてしまい再び元のどっちつかずの味になってしまった…それに蕎麦湯の香りもあまりなかった気がするなぁ。

満腹になりながらも気持ちは満足せず。

うーん。
インパクトの大きさから期待も大きすぎたのだろうか。
それとも蕎麦というのはシンプルに食べることが究極なんだろうか。ともかく再訪はないかな…。
 
と思いきや時間が経つとまた食べたくなってくる。
こりゃジャンクの魔力だね。
スポンサーサイト
2007.11.29.Thu 21:07 | お食事 | trackback(0) | comment(0)
亀有にまた新しいラーメン屋がOPENした。たいせい、という名前。
場所はなんと太湖のあった場所。オープン前に一度探しに来たら見つからなかったのだが、なるほど納得。
それにしても太湖無くなっちゃったのかぁ。隠れた名店だったが隠れたまんまだったなぁ…

さて、たいせい。夜のみの営業とのこと。これは残業帰りに重宝しそうだなぁと思いつつ、結局初訪問は休日の夜となった。
入店してみると夜の遅い時間にも関わらずほぼ満席。
しかもカップル客ばかり…後から来る客もカップル…

い、居心地わるいぃぃぃぃ~~

気持ちはわからないでもない。
店構えは太湖と同じなのに遥かにオシャレなんである。
店主も若いイケメンであり、もう一人厨房にいるのも若い女性。二人ともラーメン屋というよりもフランスかイタリアーンのシェフ風の格好である。そしてサイドメニューにデザート。まず女性が来たいと思わせる内容ではないか。そしたら男もついてくるよなぁ。こういう店は亀有では非常に珍しい。初めて?かもしれない。

ただ、独身の非モテ系ラオタのオッサンには厳しい環境である。

なんとも落ち着かない食事となった。

もしかしたら二度目は無いかもとの悲壮な決意のもと、塩ラーメンに水餃子もつけておく。ネットでは評判の良さが目立つ餃子ね。

taisei01.jpg
うん、確かに美味しい!
モチモチの皮と意外に詰まった中身。大きさもサイドメニューにしても小さすぎず、コスパ高いと思えた。

一方のラーメン。
半径の小さい丼(ただし底が深いタイプ)がお盆に載せられて出てきます。箸は餃子側に映ってましたが割り箸ではなくインテリアに合わせたものです。
 イマドキ風の澄んだスープは熱々のうちは薄味に感じるが、鰹の風味がほどよく漂ってくる。それからニンニクが意外とカウンターパンチをかませてきますなぁ。色々具材も入っとりますが、やっぱり落ち着かないので味がわからん…チャーシューは見た目と裏腹にトロトロってくるものでしたが。
 麺は不思議な食感だったと思います。太麺でもなければ、コシが強いわけでもない。食べたときに思ったのは、稲庭うどんとか、素麺の揖保の糸だとか、まるでラーメンとは違う存在。なんだろう?熱々のスープの中で不思議な涼やかさのある麺です。ふーむ。
これはまた改めて食べてみないと…あ、二度目も行くことにタダイマなりました。そりゃそうだよね、愛する亀有の大事な新店なんだし。

次回はカップルのいない、くたびれたサラリーマンが満載な時間を狙っていこうと思います(あるのか?)
2007.11.28.Wed 22:25 | お食事 | trackback(0) | comment(0)

KWEENの開演前の時間つぶし。
川崎駅前のPRONTにて、塩キャラメルのミルクレープ+コーヒーセット。
流行ってるのぉ、塩キャラメル。ななか美味しかったっス。
2007.11.27.Tue 19:56 | お食事 | trackback(0) | comment(0)
昨年大いに楽しませてくれたKWEENのLIVEに、今年も行ってまいりました。
場所は川崎クラブチッタ、時はフレディの命日に寄せた11/25、日曜日でございます。

KWEENとはQUEENのトリビュートバンドで、こんなフレディが歌っているのさ→去年の記事

会場入りはまだ早い時間だったから客はまばら。さくっと自席を確認。
ほぼ中段列の端っこ。去年は最後列だったので随分な出世である。端っこっつうのも◎。オクテなボクにはこのぐらいが丁度よい。
とはいえ久々のLIVE。緊張する。そんなわけで酒に逃げる。入場時に100円引きで買えるハイネケンを飲み干し、自販機でもう1本購入。ぐびぐび。


チッタ名物星型照明。そういや開始前のせり上がる照明が凄かったな。
2007.11.26.Mon 23:15 | 音楽 | trackback(1) | comment(3)
立石の麺食堂Xで手打ち麺の美味しさに目覚めてしまったワタクシ。
Xだけでも良いのだが、もっとレパートリーがあった方がよかんべ、
とネットで探してみると上野に発見。馬賊ってお店。
どうやらこの界隈に何店舗かあるみたいで、上野店はごく最近にオープンしたばかりだという。

ということで神保町で用事を済ませた後、てくてく歩いて神田明神~湯島天神の黄金コンボを経て、春日通りを上野方面へ。
湯島からほんの少し歩いただけで喧騒の上野になるのが面白いですねぇ。あ、デリーってここにあるのか。

場所は松坂屋の裏、パチンコ屋のある、ちょっとひっそりした通り。
赤を基調とした外観は今時のラーメン専門店というより、伝統の中華料理屋的たたずまいです。
(そういえばラーメン専門店って和風の佇まいを目指してるな)

店内はカウンター席と奥にテーブル席。あまり広くは無い。2階もある模様。
カウンターに座りメニューを見ると結構色々ありまして、やっぱり中華料理店ぽい。とりあえずつけ麺、それとナンダカ期待できそうなので餃子もプラス。700と500円。週末の贅沢サ。

入り口側に外からも覗ける麺打ち場があり、ここで例のバン!バン!と叩き付ける威勢の良い麺打ちが行われます。いつ見てもスゴイ技術だなぁと思いマス。

ややあって先に餃子着到。


ちょっと茶色が多いですが、期待通りの大振り。もちもちし皮と程よく詰まった中身が美味しい。
(けれど追い求める大興@亀有(閉店)の餃子には及ばない)

二つほど餃子を頬張ったところで麺登場。


あーまた皿盛りかぁ。バラけるので凄く少なく見えてゲンナリ。
食べるとそこそこ量はあります。水没してますが麺のコシが強いのでそんなすぐには延びません。見た目涼しげで個人的に好き。



つけ汁はシンプルな中華スープといった味わい。ネギとゴマが香ばしいが具は細かいチャーシュー程度。あんまり過度の期待を持つとガックシきますな。自分は好きですけど。

このつけ汁に麺をサッとくぐらせ…麺食堂Xでも同じだったが、麺が長いままなので、手繰っても手繰っても汁に入りきらない。つけ麺のサクサクしたテンポで食べようとすると結構つらい。結果、途中で噛み切ったり、途中のまま食べたりする無様なことに。次回は直接啜れる普通のラーメンにしよう…

さて麺はやはり手打ちだけあって、素晴らしいコシ。水に漬かっていた麺は清涼感を感じさせるのに、噛めばこのムチムチした歯ざわり。なんというか、エロい。さすが楊貴妃の国である。なんだかわからんけど。

満足。
2007.11.19.Mon 23:24 | お食事 | trackback(0) | comment(5)






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2007.11 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。