だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
亀有に新しいラーメン屋ができたと知り、行ってきました。
「つけめん十兵衛」という店。
場所は北口の商店街の中。バス通り側ではないクサマフーズの入り口の対面にあります。
→地図
こんなところに出来るとは思いも寄らなかったなぁ。前はなんの店だったか思い出せないし。

入店して左側に券売機あり。つけめんを購入。750円。
店内はカウンターとテーブル席に分かれ、小さいながらもゆったりした配置に感じました。
店員には女性が多く、厨房にも一人。明るい声での接客が真新しい内装とあいまって華やいだ雰囲気を感じさせます。こじゃれた雰囲気とか、そういうのではなくて、ごく自然の明るさや和やかさが気持ちいい。
カウンターに座ると椅子が高め(クッション柔らかい)で厨房の様子がとてもよく見えます。逆に言うと向こうからも見えやすいので、ちょっとドギマギ(←自意識過剰)。




やや時間を置いて、つけめん登場。
麺は平皿に盛られるスタイル。正直、平皿は量を感じさせないので嫌いだが、盛り付け方がいいのであまり気にならない。実際デフォで2玉という量はなかなか満足がゆくものでした。ちなみに平打ち。個人的にかなりソソったりします。
トッピングはチャーシュー、玉子、海苔。

つけ汁は割りと大きめの容器に入れられており、油のテカりが気になる。
なんか店内の様子からもっとヘルシーなイメージができてしまっていたみたい。ともかく麺を一潜り。

お、んまい(~_~)

魚介も動物もつよすぎないシンプルな醤油ベース。しかしながら油がしっかり効いて満足感がある。酸味がやや強めだが酢を効かせたというより柑橘系の爽やかなもので素直に食べられます。
平打ち麺は汁の絡みよく、食感もグー。
さらに特筆すべきがチャーシュー。いやチャーシューの味そのものは普通に美味しいものなんだけど、量が…
トッピングの他につけ汁にも短冊に切られたものが思った以上に入っています。これがボリューム感を増しています。さらにサイコロ型の細切れが底にもたっぷり。これがまた最後のスープ割りをしたときに効く。スープ割りってただ飲むだけの作業が、最後まで「食べる」作業に変わります。食べ終えたときの満足感は、実際の量以上のものがありました。

それにしてもチャーシュー麺じゃないかこれは?大丈夫だろうかと余計な心配をしてしまいます。

なお食後に杏仁豆腐がサービス。オープン直後の今だけかな?
もっちりした食感の杏仁豆腐にバニラのソースがかけられて、これがまた美味美味。

いやー堪能した。まさしく堪能って感じだったなぁー。
通いますわコレ。ただ残念なのは夜は8時までということか…残業してたら通えない~
スポンサーサイト
2008.02.24.Sun 01:04 | お食事 | trackback(0) | comment(5)
急に暖かくなったので自転車も辛くない(~_~;)
そんなわけで仕事帰りに、ちょっと足を伸ばして綾瀬の大勝軒へ。
時折襲ってくる「麺がっつり食いたい発作」には大勝軒が一番のクスリね。

21時ごろ入店。相変わらず小汚い店内だが、以前のような排水のニオイが店内に立ち込めるのは改善されたらしい。そのおかげか結構女性客が目立つようになった。…ま、男連れだけどナ。この日は男女合わせて4名の先客。

食券機で、もりチャーシューを購入。ガッツリ。
つけ麺のチャーシュー増量なのだが、普通のラーメンのチャーシュー増量メニューと一見して区別がつきづらく券売機の前で固まってしまった。と、いうのも一年ぐらい前にそれで失敗したからだ。ラーメンになるとここの麺量は食べきれない…
そンなトラウマのおかげでオーダーが目の前に出てくるまで「もしかしたら」という不安でドキドキw確認すればいいのに。大人なんだから>自分。


大丈夫でした。
チャーシューはつけ汁に隠れてしまってあまり増量感を感じないが、すくうとそれなりに入っています。
それはそれとして、やはりこの丼に盛られた麺の山、なんとまぁ神々しいことか。
これだよ、これ!と心の中でつぶやきつつ、早速お食事開始。

ん~つけ汁が熱くない…。減点。
麺の茹で加減はOK。つけ汁は相変わらずのオーソドックススタイル。酸味強めなんだけど飽きないんだよなぁ。この量の麺もスルスル入ってしまうのだから、やはり大勝軒ってのはスゴイもんだ。

ガッチリ胃袋に収めました。
まだ…いけそうな感じ。いつか大盛りに挑戦してみっか?
2008.02.22.Fri 23:31 | お食事 | trackback(0) | comment(2)
残業の友に「どん兵衛 坦坦うどん@日清」。

どん兵衛の坦々麺バージョンかぁ。
いろいろ作るなー。





ちゃんとした坦々麺になってる。
でも和風だしがベースみたい。ほんのりと香ります。
麺はいつもの平打ち。これ好きなので変わらないでヨカッタが、このスープと絡めるには淡白すぎる…
悪くはないけど、どん兵衛でする必要があまりないなぁ。
2008.02.19.Tue 19:16 | お食事 | trackback(0) | comment(0)
市川監督追悼企画ってところなんだろう、TVでリメイク版の「犬神家」が流されていたので見ました。
なんかTVで映画見るのひさしぶりー
リメイク版見るのは初めて。

旧作にそっくり…ですね。もっと変えてくるのかと思ったら場面もセリフも同じ。
細かい所までは覚えていないけど、「あっあれだ」と記憶が甦るところが多数。
旧作に不満があってリメイクしたのだろうけど、どこが違っていたのだろう?

その分、役者の違いが目だったように感じる。
第一、TVで見慣れた役者ばかりだもんで、そっちのイメージが先行しちゃう。旧作では知らない人もたくさんいて、それがむしろリアルだったンだけどな。
ま、別にリメイクの役者が悪いわけじゃなくて、頑張っているなーとは感じた。
富司純子は良かったし。
それにしても石坂金田一は年くったね。
逆に大滝秀治はなんにも変わっていないのが恐ろしい。一体この人は…
深田恭子のはるちゃんは悪くなかったけど、坂口良子のとぼけた愛らしさにはかなわないな。

旧作は時代を感じさせる陰影の濃さが、いかにもこの陰惨な事件の雰囲気を盛り上げていたのだけど、リメイク版も結構陰影がありました。さすがと言うべきか。最後に監督の言葉がでてくるのよね。映画は所詮、光と影だって。比喩かもしれないがこの映画はまんまにソレだと思う。物悲しい愛のバラードにのせて去ってゆく金田一耕介の姿を見ていると、「あぁ、終わってしまう」と思えてくる、名残惜しい映画。見てよかった。
2008.02.18.Mon 23:51 | 日記 | trackback(0) | comment(0)
映画「ライラの冒険」の宣伝がスゴイですなぁ。
ポイントサイトあたりだとやたらとチケットプレゼントが展開されてるし。
応募しよかなーと思ったけれど、全部ペアチケットなのね…ちっ!

そういえば去年の夏に東京国際ブックフェアに行ったらば
映画の映像が流されていて非常に驚いた覚えがある。
あれから半年か…早いのぅ。

それはさておき、原作は数年前に図書館で借りて読んだのですが、
すごーーーーく面白いファンタジーであります。
すっかり気に入ってハードカバーの3部作を揃えました。
手元においておきたい本ってやつですな。
せつないラストがいつまでも心に残る物語です。

また読むかなぁ。
2008.02.17.Sun 15:27 | 日記 | trackback(0) | comment(0)






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2008.02 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。