だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
亀有のインド料理やラーゾにてランチ。



ここは、去年の秋ぐらいに南口にオープンしたお店。
ミスドのちょっと先、韓韓麺の並びですね。
小さな店で、しかも店内が見えないので中に入るのを躊躇するが、
店内はこじんまりとして中々良い雰囲気である(インド音楽バリバリだが)。
…オープン当初は中が見えたんだけど嫌がるお客さんがいたのかねぇ。

以前から、日本的カレーではなく、いかにも本場チックなカレーを食べてみたかったのだが、
なかなか機会に恵まれなかった。というか食べ方などわからなかったりして躊躇してたのね。
しかし地元なら気兼ねがない。うれしいオープンだった。

ランチはカレー一品にナンとサフランライス、サラダにデザート、飲み物までつく。
カレーはレギュラー的なものと日替わりがあり選べるようになっている。
ちなみにナンとライスはおかわり自由。ウェイトレスさんが何度も「おかわりいかがですか?」と聞いてくるのだ。1度ならず2度、3度と。ウレシイのう。

焼きたてで香ばしいナンをちぎって、カレーをすくい口に放り込む。
カレーの辛さは3倍程度。しかしそんなに辛くは無い。
同じ3倍なら御茶ノ水のエチオピアカレーの方がずっと辛かった。
こちらはマイルドですな。種類にもよるけれどトマトの強いものもあってむしろ甘くさえ感じる。
しかしスパイスはよく効いていて、やっぱりそれはカレーなのだった。面白いな。

食べ方はナンで掬うという方式にしてみたが、初めの頃はぎこちなくて汚くて恥ずかしかった。
しかし次第にうまくなってきて、この頃はなかなかサマになっている(と思う)。
恥ずかしがらず豪快に手際よく、というのがコツ…かな?
でも食べ方に決まりがあるわけでなく、カレーとナンを別々に食べようが、ちぎったナンをカレーに入れて食べようが人それぞれらしい。異なる食べ方をするとまた違った味わいになりそうで、そのうち試してみようと思ったりもする。

リーズナブルで美味しくお腹も一杯になる、とても満足のゆくお店。
その後も度々訪れております。
スポンサーサイト
2008.05.27.Tue 22:30 | お食事 | trackback(0) | comment(2)
2日に1度更新するつもりが、またこんなになっちゃったい。
週一ぐらいにしとくかな(目標下げすぎ)。

さて、今回は「この半年のお買い物シリーズ」その1。
お題はイヤホン。
そう、カード情報流出事件のキッカケでございます。

愛用するiriverのIFPシリーズ、その付属イヤホンが壊れてしまった。
この付属品、プレイヤーに付くものとしては高品質でネットの評判は上々、価格も安いし、実際使ってみての不満も無い。
と、なれば同じものを買ってしまおうと考えるのが自然の成行です。

モノはゼンハイザーのMX400というものでした。

さて、iriverのショッピングサイトに向かいますと、これがなんと品切れ中。
次回入荷待ちとも書かれていない。
このイヤホン、流行のカナルタイプではないので、もしかしたら次回入荷が無いのではないか…
と嫌な想像をしてしまいます。
実際、他でイヤホンを探すとカナルばかり出てくる。
でもカナルは嫌なのね。音の遮断に強い→外で聞くには危ないし、あの形状がどーもしっくりこない。
食わず嫌いなンですけどね。。。
なお、ヘッドホンも恥ずかしくてダメ…
ここにも私の自意識過剰ぶりが出ています。誰も見ちゃいねえってのに。

そんなわけでiriver以外で探すことに。

すると、MXシリーズが見つかるとこんな画像に度々遭遇しました。



画像上部の丸い部分はイヤホンを収納しておく容器なんですが、
私は何を思ったか「ヘッドホン」だと勘違いしまして、

同じ型番なのにヘッドホンばかりだよ!
インナーイヤーが全然見つからない!

と一人メダパニ状態。

ケーブルの先にイヤホンがついてるのが見えるのになぁ(アホだ)。

で、見つからない、見つからないと、2日間を無駄にしたのでした。
実際にはamazonだとか色んな所で売っているンですけどね…


最終的にサウンドハウスで購入できたのは、
商品を探すときの分類が、「ヘッドホン・イヤホン→イヤホン→インナーイヤー型」と
わかりやすかったからです。
画像自体は同じだったのだけど…
まぁ、他で買わずここで買ったのは、いわば縁というものでしょう。

おかげでカード情報流出というオマケもつきましたが。

MX450とか500という上位シリーズもありましたが、初志に従い400を購入。
送料込みで1800円弱。
やがて届いたソレは、
IFPの付属品が首の後ろからかける形状だったのに対して前からかけるタイプ。
繋げて聴いてみると、やや音が透き通って響く印象。
はっきり聞き分けられているのではありませんで、あくまで印象なンですが、
「へぇ、違うもんだなぁ」
と思いました。世の中に音質にこだわる方々がいる理由がほんの少しわかった気がします。
また、イヤホンって使い続けるうちにこなれてくるという話も今回色々調べている中で知りましたので、今後どのように変化をしてゆくのか、なんとなーく緩い感覚で楽しみにしてゆきたいと思っとります。

色々あったが面白い買い物でした。

追記
商品到着後にiriveのサイトを見たら、入荷されていた。ぎゃふん。
2008.05.25.Sun 11:13 | 音楽 | trackback(0) | comment(0)
ぼちぼちブログを復活したいと思いますが、しばらく書いていなかったので、なんとも億劫ですし、リズムがつかめませぬ。
そこでしばらくはこの半年で起きた事件のことを思い出して書きながら、マイペースで記事を増やしてゆきたいと思います。

ということでまずは、カード情報流出事件にまきこまれました、の巻。

サウンドハウスがサイトの脆弱性を突かれて中国から不正アクセスを受け、
ある期間に登録された会員情報(カード情報含む)が抜かれてしまった…
というニュースが4月頃話題になっておりましたが、まさに私は渦中にあったのでした。

発端は愛用の音楽プレイヤーのイヤホンが壊れたので、同じメーカー品を探したら、サウンドハウスが見つかり、普段の自分にしては素早い行動で注文を行った…のが丁度その流出対象期間にどんぴしゃだったのです。

4月1日…カード会社から突然のメール。
情報が流出したのでカードを停止しました、という内容。
しかし、それ以上の情報はまったくなしで、カード会社のサイトにもお知らせが無いため、
最初は「まさか、フィッシング詐欺?」と疑ってしまいました。
そのうえ、それから数日音沙汰が無く、4月4日に今度はサウンドハウスからメールが届き、どこの何の買い物で流出したのかが、よーやく判明したのでした。

流出は、ま、仕方が無いにしても、もう少し早く、顧客を落ち着かせるような手続きができなかったものかねぇ…とRSさんは憤りを感じたのでした。ほんのちょびつとですが(仕事があまりに忙しくてそれどころじゃなかったのだが)。

面倒だったのはカードの交換に伴う手続き。新しいカードは自動的に置き換わって数日後には送られてきたのだけど、番号が変わったので方々へ変更手続きをしなければならなかったのだ。自分が悪いわけじゃないのに面倒くせ~。

しかし今回の件は、自分にカードの怖さを教えてくれた意味で貴重な体験でした。
実はいまいちカードって使い方がわかってなかったのよね。今回は暗証が漏れたわけではなかったのだけど、サイトによってはカード番号だけで注文できるところ、ありますよね…そんな点もこれまで気にすることがなかったのだった。一応は別の認証パスワードをかけていたのだが、それだって特別に意識をしていたわけではない。ひじょーにいい加減に、こんな怖いブツを扱っていたのだ。2、3年前に比べると10倍程度はカードを使うようになった。それだけに注意が必要だったのですよね。

それにしても、イヤホンはスペアがあったのだし、別メーカー品でもよかったのだろうし、普段の自分なら思いついてから行動に移るまで2ヶ月ぐらい経過していたのに、どういうわけか今回に限っては素早く行動を起こしてしまった。もうちょっと遅ければ遭遇しなかったのに。
なんだかタイミング良過ぎだなー。
2008.05.20.Tue 21:37 | 日記 | trackback(0) | comment(5)
そろそろ復活しないとなー。
2008.05.19.Mon 22:38 | 日記 | trackback(0) | comment(2)



| ▲TOP |



free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2008.05 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。