だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
今日も仕事だったぜ~
さっき帰宅だよ~
夕飯は肉まんあんまん買ってきて今食べてるよ~

ふー

明日からしばらく休みなし。少なくとも9/29までは休めない。
ちかれた。阪神みたいに息切れですよ。
スポンサーサイト
2008.09.21.Sun 23:07 | 日記 | trackback(0) | comment(2)
暮の記事だが、気にしない気にしない(by一休)。

亀有北口の中通り商店街のはずれにある「ひょうたんカフェ」。

場所はコチラ



その名のとおりカフェだが、パンも売っている。パンは天然酵母が売りらしい。
食べた感想。もちもちしてる。ワッフルが美味しかったナ。

普通のパン屋のようなお菓子系とかおかず系というパンがなく、シンプルタイプのパンばかり。
…地味な印象。まぁ、併設のカフェでコーヒー片手にじっくり味わう、というのが正しい楽しみ方なのかなぁ。ガッツリと色んなものを食べたい自分にはちょっと不向きではありました。
雰囲気はイイですヨ。
2008.09.20.Sat 19:57 | お食事 | trackback(0) | comment(0)
ビリー・ジョエルのアルバム3枚目「ストリートライフ・セレナーデ」を聴く。

1. Streetlife Serenader
2. Angelenos
3. Great Suburban Showdown
4. Root Beer Rag [Instrumental]
5. Roberta
6. Entertainer
7. Last of the Big Time Spenders
8. Weekend Song
9. Souvenir
10. Mexican Connection [Instrumental]

1は透明感のあるピアノに1作目を彷彿するが、結構リズムを刻むうえにギターが絡んで、淡々としていながらも徐々に盛り上がってくるカッコイイ、ロックバラード。と自分は思う。
2は大好き。酔っ払った勢いで歌ってるみたいな、そんな曲(なんだそれ)。途中から巻き舌だし。
邦題は「ロスアンジェルス紀行」。NYっ子のビリーさん的には、このアルバムを作ったLAには馴染めなかったらしい。ピアノ・マンもLAでが生まれた、のだけどなぁ…辛い下積みの思い出だけか。
歌詞もちょっと冷めた感じ。でも歌い方はノっていて(ヤケクソ気味)楽しい。
3はピロロ…な今聴くと安っぽいキーボードの音が印象的だが、全体としては穏やかなフォークぽいスローバラード。どこかで聴いたことのあるような、いかにもな曲調なんだけど、それをビリーさんがやると王道である。気持ちよさったらない。
4も大好き。ピアノインストゥルメンタル。おもちゃ箱をひっくり返したようなにぎやかで弾む演奏が素直に楽しい。
5はここまでで一番この人らしいバラード。これもまた王道。何気なく2枚目より歌声に力強さを感じるのは自信だろうか。
7はスロー・バラード。あー~これもビリーさんだなぁ~。こうしてみると色んなアプローチをしながらも結果はビリーさん的音楽になる。ワンパターンってわけじゃなくって、ビリーさんていう音楽的ジャンルにしちゃう、そういう物凄いパワーがあるってことなんだろう。クイーンもそうネ。
10もインストですね。とても気持ちのよいメロディ。チャカポコなラテンぽいリズムが裏に流れていて雰囲気を明るくしてますな。

前作「ピアノマン」で名の売れたビリーさん、しかしこのアルバムはそれほど売れなかったみたい。
実際、彼のアルバム中でも地味で目立たない1枚らしいが、全体のまとまりにはやや欠けるものの、どれも心地よい佳曲ばかりだと思う。こちらとしては先入観も何も無いので、案外こういうアルバムのほうが好きになったりするんだよねぇ。
2008.09.20.Sat 19:11 | 音楽 | trackback(0) | comment(0)
一部で話題のお店「覆麺(ふくめん)」に行ってきた。

ここの特徴は、

・厨房に立って調理するのが二人のマスクマン(白と黒)
・日本語がわからず、「アンガーラ」という謎の言葉でやりとりする

とのことである。

怪しすぎだ。

場所は神保町。地下鉄半蔵門線A2出口を出て裏手。
ラーメン二郎とつけ麺ちょうなんの並び(少し淡路町方面)にある。


オレンジ色の壁に、こんなオブジェが。あ、怪しい…

入店すると嫌でも目に飛び込んでくる覆面の男。
アンガ~ラ~と言われる。おおおおお!
お、落ち着いて入り口の券売機で「味玉覆麺」を購入し席に着く。
店内は狭く、厨房とカウンターが同じ高さ。よって、すぐ目の前で調理される非常に濃密な空間となっている。確かマスクマンは2人いたはずだが、白マスクの人のみ。黒マスクは不在のようだ。代わりに普通の女性が手伝っていたが、この人もアンガーラ~と当然の如く口にするのであった。
しばらくすると黒マスクマンが乱入。こちらが親玉らしくアンガーラの掛け声も力強い。
店内にはイノキ・ボンバイエがエンドレスで鳴り響き、目の前で二人のマスクマンがテキパキと働く。
恐るべき光景だが、客は誰ひとりとして突っ込まない。いや突っ込みたいけどできないか。
ま、気まずいわけじゃなくて、みんな笑いを堪えているというか、雰囲気を楽しんでいる感じだ。


券売機に注意書きがあるように麺はデフォで大盛りレベルとなっている。あわせて丼も大サイズだ。
スープは透明感ある醤油色。具は刻みネギ、山盛りのもやし、揚げたネギ、ニンニクチップ、チャーシュー。
まずスープ。見た目通りに澄んだ味わい。ただ塩辛いので好みが分かれそう。
続いて麺。割りとコシがあり美味しい。でもあんまり味わっていると後か辛くなる多さなのでどんどん口に入れる。
揚げネギがポイントで、スープに溶かしこむと香りと甘味が移り、塩辛さがさほど気にならなくなる。
さらにニンニクチップも加わると、なかなか深い味わいになってくる。もやしのシャキシャキ感もいい。
味玉はよくできた半熟で割ると黄身がトロリ。味付けは薄めだった。また、チャーシューはトロトロタイプだが、こちらも味付け薄め。塩辛いスープとは相性がいい気がする。
色々と考えて作られている一杯だな~
美味しくイタダキマシタ。アンガーラ~~

油麺もある模様。なんとなく長く続ける店じゃなさそうなので近く再訪しようと思う。
ちなみにマスクマンの写真を撮れるほど度胸はありませんでした。興味ある方は検索してネ。いっぱい出てくるンで。
2008.09.17.Wed 23:19 | お食事 | trackback(0) | comment(5)
昨日の墓参り兼サイクリングの帰り道に寄ったのが、
「カラチの空」なるインド料理のお店。場所はヤマダ電機のある通りから八潮市役所に入る道沿い。

インド料理なのに、俺の空みたいなネーミングに一抹の不安を抱きながら到着してみると、
店の外観はなんつーか、チープで、無造作に置かれたポリバケツには真っ赤な粉が捨てられていたりと、正直あんまり入りやすそうな感じではなかった。
ただ、事前にネットで割と良い評判を見ていたので意を決して入店してみる。
うわっ。店内もまた殺風景だっ。
テーブル席は結構あるのだけど1/3ぐらいは何も無くガランとしてる。何、この無駄なスペース…
ありがたいことは先客の日本人グループが1組いたことだろうか。

とりあえず座ってみると、インド方面の男性がコップと水差しを持ってきた。でも水はセルフだ。
メニューが置いてない。周りを見てもインドっぽい文字の張り紙ばかり。しばらく水を飲んでいたらやっと持ってきてくれた。
いろんなカレーがあるが値段が見当たらない。ナンは150円、飲み物はラッシーが300円とあるのにカレーには表示されていない…?たぶんランチ設定なんだと思う。うん、思うことにした。
男性が帰ってしまうと呼ぶのが大変そうなので、適当にチキンキーマにナン、ラッシーをオーダー。


カレーが緑色なのでびっくり。
オーダー間違えたのだと思った。でも面倒なのでだまって食べる。
カレーは色から連想するような青臭さは無く、コクがあって結構美味しい。ややピリリとくるが辛いってほどでもない。後々になって挽肉が入っていることに気づき(遅)、やっぱりオーダーは合っていた、みたい。チキンキーマ食べるの初めてだからなんとも言えないのだが。
ナンは焼きたての熱々だが、ふっくらというよりペタっと薄く、その分生地がつまってモチモチとしている。噛み応えがあるので満腹感に繋がる。カレーとは絡みがよくないので別々に食べてみた。食べ方なんて千差万別ですからね。
うんうん。ナンの熱さが引いてくるとカレーの美味さがよくわかるようになってきた。これ美味いよ。
トマトの甘さもワンポイントでいい。
サラダは特に言うことなし。ラッシーは量が結構多くて飲み応えがあった。まぁ、割りといい値段なんだけどね。トロピカルな風味が強かったかな。

ナン一枚で十分満足できた。ごちそうさま。

支払いをしようとしたらホールの人がいなくなってしまい、厨房に声をかける。
すると厨房のコックさんがあちこち探すが見つからず、結局控え室みたいな所から別の男性を呼び出して会計することになった。だ、大丈夫なんだろうか…
1050円。
ラッシー入れたから妥当なセン…か?こちらもよくわかってないのね。お互いよくわからないまま店を出たのであった…

なんかいろんな意味で微妙な店だったが、カレーは美味かった。
八潮って案外近いことに気づいたので、時々チャリで来て開拓してみようかな。
2008.09.15.Mon 21:30 | お食事 | trackback(0) | comment(2)






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2008.09 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。