FC2ブログ

だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
池袋に予定があったので、昼飯もブクロやで~と選出したのが「梅もと」。
バカ盛(バカみたいな大盛り。褒め言葉)をすることで有名なお店で、雑司が谷にあったのが今年になって池袋に移転したのだった。

結構迷って昼時間に到着。

こちらのお店はつけ麺の麺が、大盛り以上は「地球盛」(3玉)、「銀河盛」(4玉)、「宇宙盛」(5玉)…とあり、果てはクレーター盛(25玉)まであるという。
ちょっと多めに食べるとお腹ゴロゴロピーな自分としては、そんなチャレンジメニューを選択する余地はないのだが、3玉の地球盛ぐらいならイケるだろうと踏んでいた。
というのは、事前にネットでつけ麺の画像を見ていて、細麺でコシもあまりなさそうだったのでペロリと食べてしまえそうだったからだ。

味噌タイプのつけ麺・地球盛を購入。
食券を渡すと店員から食べきれない場合のペナルティ(700円)の諾否を求められる。
あぁ、ハイハイ。
と唇の端をあげながら軽く受け流す。3玉で大げさな、と思ったが周囲でバカ盛メニューを頼む人があまりいないのがなんだかとっても気になる。
ところで、待っている間にオーダー間違いが何度も目の前で繰り広げられていた。なんだこりゃ?場がしらける。接客はいいのになぁ…

umemoto01.jpgumemoto02.jpg
見た目はさほどでもなし。ん、このぐらいなら問題ないでしょ。
とはいえスタートダッシュはかけるべし、と豪快にとりあげてつけ汁に投入、一気にかっこむ。

…うっ。

かなり甘酸っぱい。これは、まさに酢味噌そのものの味。ヒジョーに苦手な味。しかし大量のゴマの香りで食べ進めることはできる。
麺は見た目通りに柔らかく、これ自体の味は感じない。つけ汁とはよく絡むようだ(悲しいことに)。
サクっと無くなるかと思いきや、皿にギュッと押し付けて盛っているため食べても食べても下から出てきて、それがまた圧縮されて食べ応えが増すという罠。
8割消化というあたりから猛烈な満腹感。腹が膨れるだけでなく単調な味つけへの飽きと、苦手な甘酸っぱさのラッシュ攻撃にKO寸前。仕方なく水を飲んで流し込む。水が美味ぇぇぇ~
されど水ばかり飲んでも腹が膨れるだけだからと、つけ汁とともに流し込む作戦を考え、
丼を持ち上げ口にもってゆくと甘酸っぱい香りが鼻腔をつきぬけ、

うぐっ うぐっ うぐっ

ひいぃぃぃぃぃぃぃ~喉もとから嫌な音がぁぁぁぁぁ~

慌てて丼を降ろし水を飲む。
34年生きてきて、食事中に吐きそうになったのは初めてです。
かなり危なかった。
生きた伝説になるところであったがどうにか食い止め、いや食いは止めずになんとか完食。

量もさることながら、やはり味が自分には合わなかったのが辛かった。
単調にならざるをえないし、やはりこれは若者向けであり、またネタなんだろうと思う(好きな人には申し訳ないが)。

フラフラになりながら店を出る。苦しい。そして気持ちに悪い。激しく後悔。

だって、このあと飲むのに!
スポンサーサイト



2009.06.18.Thu 21:26 | お食事 | trackback(0) | comment(6)



| ▲TOP |



free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2009.06 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像