だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
Y'Sマート(ワイズマート)主催のワイン試飲販売会に参加してきた(9/26)。
3月に続いて2回目となる。

写真撮り忘れたのと、2回目なので地味にまとめておく。

ワイン試飲会なのだけどワインはあまり印象に残らず。
何気に果実味たっぷりで甘いワインを欲していたみたいで、そのへんの好みが合わなかったぽい。

その代わりにビール類が面白かった。

名前だけ聞いたことのあったCOEDO(コエド)ビール。
ここはメーカーの方の話し方がうまくて、ポンポンポンと飲ませてもらった。
へぇーと思ったのは黒ビールで、爽やかな香りとコクに軽やかな喉越しが飲みやすくて○。
黒ビールといえばこってりしたギネスしか飲んだこと無かったので、とても新鮮だった。
その他のものも美味。
ビールはあまり好きではないのだが、これは結構いいかも。

すぐ隣もビールのブースで「銀河高原ビール」。
「小麦のビール」はほどよいフルーティさとミネラル感のある涼しげな飲み心地がgood。
ペールエールは味噌みたいな味が不思議なビール。

勢いづいて隣の小西酒造。ここはベルギービールの輸入でおなじみ。
飲んだことの無いロシュフォールやドゥシャスを頂く。
ドゥシャスはお酸みたい。これもビールなのだからオモロイ。でも苦手な味だ。

ビールはお腹いっぱいになる。試飲でもたぷたぷしてきた。
さらに目を向ければ、宝酒造と大関のブース発見。
にごり酒+芋焼酎という「にごり芋」を飲ませてもらったが、確かににごり、確かに芋であった。
日本酒もあったのでいただく。松竹梅白壁生もと純米は、ナショナルブランドらしいすっきりした味わい。
上選辛丹波原酒は辛口ということだったが、なかなかすんなりと入ってくる飲み口がいい感じ。
原酒なので調子に乗って飲むとクラクラくる。
それにしても日本酒だと話ができて気楽だなー。ワインは緊張すんだよねー。

ワイン以外で酔っぱらってきてしまった。
慌ててワインブースをもうちょっと回り、最後の最後に割りと気に入った1本を見つけたので購入。
そして今回楽しかったワイン以外のブースから1本ずつ購入(缶とかミニサイズばかりだけど)。
帰りは結構重い荷物になってしまった。

次回は11/28予定とのこと。
都合が合えばまた来ようかなー。
スポンサーサイト
2009.09.30.Wed 20:25 | お酒 | trackback(0) | comment(2)
北千住には知ってる限りで3軒の本格インド料理があるが、ここインドラが一番古いはず。とはいえ、飲み屋横丁途中の小さなお店というシチュエーションは入るのに勇気がいるもンで、他の2軒より後の訪問となった。

ちょっと暗めに店内だが、ランチ時には結構客が入っている。客には本場の方も日本人も両方いる。
さて、ランチはA~Dの4種類。たしかAはお任せカレー1種、Bは数種類から選択+ラッシーなどの飲み物、Cは2種類のカレー、Dはえーとなんだっけ?
ともかくBでキーマ+ラッシーを選ンだわけですよ。


キーマは羊ですな。独特の香りだけど羊肉大好きなので気にならず。
なにより挽肉たっぷりんこなのが素晴らしすぎる。
焼きたてナンが美味いことはいわずもがなで、近頃一般的サービスとなっている「おかわり無料」も完備。
しかし今回はあえておかわりせず、挽肉を1枚のナンでこれでもかっ!と大盛りに載せて食べる。


しあわせ


サラダはドレッシング控えめなのが嬉しいし、もっちりご飯もイイ。ラッシーも濃厚で美味。
いやー、よかった。
2009.09.27.Sun 20:53 | お食事 | trackback(0) | comment(0)
「全国旨いもんと酒祭」の後は下町酒場→立ち食い寿司と周り、これで終わりかと思いきや、
お次は、へっぽこ氏とG氏行きつけのオーセンティックバーに連れてってもらうことになった。

普通のバーだって行ったことないのに、いきなりオーセンティックである。
なんてったってウッシッシの大橋巨泉ではないのである(古)。

嬉しいのと不安なのがないまぜになりながら、ついてゆく私。
しかし、行きつけの店はお休みであった。
残念と思いつつ、内心ほっとする。
…勢いづいたノンべが諦めるはずがない。

別のお店を探して歩く歩く。
全く知らぬ夜の浅草をぐるぐると。
やっと辿り着いたのは、バーというより小料理屋みたいな外観のお店。
ドキドキしながら店内へ。

おぉぉ、ぎっしりと瓶の詰まったバックバーが目の前に。おぉぉぉ。
感動。これがバーか。

しっかし、これからがてぇへんだ。
何を頼めばいいのやら…頭の中真っ白で酒の名前が思い浮かばない(こういうときにカギって日本酒の名前ばかり浮かんでくる)。
バックバーの酒から選ぶにも、目が悪くてよく見えないし…
そもそもメニューってないのだろうか?あっても言わなければ出てこないのだろうか?
価格もわからんから落ち着かない。不安だぁ~。

あっ、そうだ!カクテルだ!ピーンときた。
カクテルならバーらしいし、普段飲めないものだから頼むべきだ。
もちろんカクテルの名前も浮かンでこないのだが、こういうときは、

「さっぱりしたカクテルください」

これだ。味のイメージで注文。レモン・ハートで学んだ知識である。
大分酔っていたので、さっぱりしたもののほうがいいだろう。


白っぽい液体を2種類、シェーカー(だっけ?)に注ぎ、氷を入れ、シャカシャカシャカッ!
おーすげーかっけぇぇ~。
目の前で見ると想像以上に格好いい。
振る回数は意外と少ないのだねぇ。

arasi04.jpg
飲む。

うっ、キツっ!
目の前に置かれた瓶を見ると、ウォッカであった。花のような香りは爽やかで確かにさっぱりしているが…度数が高すぎて飲み口は全然さっぱりせず…。
しかし「カクテルは3口で飲め」と言われていた記憶があるので、頑張って5口ぐらいで飲む。
はぁ、はぁ、はぁ…。

(ロングかショートか聞かれたとき、量はいらないのでショートを頼んだのだが、今思うとショートの方がアルコールは強いのよね。レモン・ハートにもロングカクテルを軟弱って言うくだりがあるし~)

飲み干せば当然「お次は?」と聞かれるわけで。
隣の二人はまだじっくりと飲んでいるから、もういいとも言いづらく、カクテル飲んで思い出したジンをもらう。何があるか聞くと銘柄を次々と言われたので、その中から聞き覚え&未飲のボンベイサファイヤにする(たぶんそうだったはず)。
でもってストレートで、もらっちゃったりする。
もぉ、飲めないのに~。

もはやチェイサーの水が一番美味いという状態。ギブアップ。

とはいえ区切りよく、ここでお開きとなった。
最後に自分にだけ、酢のような飲み物を出してくれたが、あれは何だったのだろう?
きっと悪酔いしてそうな客だから出してくれたのだと思うが…。



ともかく、こうして私のバー初体験は終わったのであった。



遠方より来ているG氏は電車の時間が気になるため、店を出たらダッシュ!
へっぽこ氏も追いかけて走り出す。

うそぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!

置いてかれては困るから、自分も追いかけて走り出すが、

死ぬ!

死ぬってコレ!


途中から歩いたけど、しかし…あの二人はなんなんだ!?なんで走れるワケ!?


まぁ、そんなこんなで相当酔っ払いながらも、なんとか帰宅。
途中駅のトイレで↓、
帰宅して玄関を上がって昏睡、
真夜中に起きてトイレに立って再び↓、
翌朝、頭が重かったので枕元に何故かあったウコンの力を飲み、さらに水を2杯飲んでから起床、
トイレに立ったら、今飲んだものを全て↓。

この二日酔いは気持ち悪さよりも胃にキタみたいで、ちょっと飲み食いするだけで競りあがってきてウゲーな状態。
ちょっと酒に疲れました…

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

記事にしてみたら文句ばっかりな感じになってるケド、
貴重な初体験をたくさんさせてくれた皆さんには大感謝であります。
引っ込み思案の私一人じゃいつまでも体験できなかったからね…

特に率先して引っ張ってくれたへっぽこ氏、ありがとうございました。
本までもらっちゃったし。

お金も…そう、今回の飲み食い、全然、金払った覚えが無いンだわ。

…すみませんねぇ。
2009.09.23.Wed 21:56 | お酒 | trackback(0) | comment(4)
続かせて気を持たせるほどの内容じゃないけど長くなりすぎたので。

「全国旨いもんと酒祭」に参加し、日本酒ブースを半分ほど終えたときのこと。
突然わき腹をつかまれ、びっくりして振り返るとそこには見覚えのある顔が…

ええっ!?

その人は、同じ趣味の集まりでのお仲間サンであり、時々blogにコメントをくれる「へっぽこ氏」だったと、このとき初めて知る(だって集まりと名前が違うンだもーん)。
しかし浅草といえば彼であり、この登場もうなづける。
うなづけるケドものすごくビックリした。

唖然としていると、もうひとかた、こちらも同好の何度かお会いしたことのある人物がニコニコしながら後ろから現れた。名前は…B氏としておきましょう。よくBとZを間違えるので(?)
これまたクリビツ(夙川アトム風)だったが、2人はよく飲む仲らしい。
そして今回のイベントに私が来ることをblogでだだもれっと公開していたので、探してくれていたのだ。

半年振りの再会を祝し、会場のすみっこでカンパーイ!

arasi01.jpg
ウイスキーで。

なんであるはずのないウイスキーが?
というと、へっぽこ氏がスキットルを持参していたのだった(この人はまったく…)
中身はハイランドパークの樽出し(と記憶)。高っけー酒。でもって、ものすごく強い。
カハーーーーッ!

その後3人で会場をまわった後、外に出て、もう一人同好の士と合流、5人で飲み屋へ(あれっ?人数が合わない?)

土地勘が無いのでよくわからないが、昼間っから酒盛りで賑わうような場所にある店にINし、ホッピーなどを楽しむことに。
もちろんこういう店に入るのは初めてダ。

さてもう一人の同好の士は、酒といえばこの人、というぐらいの方で、近頃ガンマGTPでハイスコアをマークしたそうだ(ということで名前はG氏としておこう)。

ガンマGTPで思い出すのはちょっと前に読んだ「酔客万来」という本。酒とつまみっちゅう雑誌の編集部員が各界の酒豪著名人にインタビューという名の酒盛りを仕掛けるという、だだもれ~な素晴らしい本なのだが、初回ゲストが中島らもで、ガンマGTPで凄い値を出したが、少し酒を止めたら激減した、などと言いながらも酒を飲む場面が出てくるのだ。
世の中にはこんな人もいるのだなぁと思いながら読んでいたが、似たような人が目の前にもいるワケで、えーと、とりあえず健康をお祈りしておきたい。

arasi02.jpg
やたらと明るい店のオジサンのおかげもあって楽しく時間を過ごし、外に出たときは辺りは暗くなっていた。

B氏と別れ、へっぽこ氏、G氏と3人で駅近くの立ち食いの寿司屋に向かう。
回転寿司だって入って事のない自分にはこれまた初体験である。
ドギマギしながら、慣れた動作のへっぽこ氏を真似て色々と頼む…

arasi03.jpg
美味い!(写真だとなんだかわからないが、ナマコと鯛だっけな?)
行列ができるだけある。値段もさほど高くないし、いいなぁココ。
それにしても、へっぽこ氏はよく食べる…よく飲むし、健啖家だわぁ(よく遊びもするか)。

これで終わりかと思いきや、嵐はまだ過ぎない。
長くなりすぎたのでさらに次回へ。
2009.09.22.Tue 21:20 | お酒 | trackback(0) | comment(3)
9/20(日)は「全国旨いもんと酒祭」に参加してきた。主催は「酒の大桝」。浅草で酒の小売や飲食店を展開するお店である(過去に3度ほど飲んだことアリ)。

会場の浅草ビューホテルに向け家を出るワケなのだが、

・先に用事を済ませるため有楽町に向かったら、その用事で時間を食う
・有楽町から銀座線に乗ろうとしたら駅が無かった(前夜、散々地図見て検証したはずなのに?)
・田原町で降りて歩いてたら道に迷う。
・酔い防止の必須アイテム「ウコンの力」を買おうとコンビニを探すが見つからない(コンビニって用事が無いときにはやたらと遭遇するのに)
・やっとコンビニ発見も、ウコンの力が置かれてなく、仕方なく別のウコン商品を購入…レジを済ませて出ようとしたら、入り口近くにウコンの力の山積みを発見。

うぅぅぅぅぅぅぅぅ
なんだか、物事がスムーズにいかねぇぇぇぇぇぇ~

行く末に暗雲立ち込める不安を抱えながら、それでもホテルに到着、やっとこさイベントに参加できることになる。

サテ、会場には既に人がぎっしり。しかしブースもぎっしりのようで思っていたより充実していそうだ。よしよしガンガン飲みましょう。

入り口近くにあったのは、各蔵の「ひやおろし」。2、3銘柄を飲ませてもらう。五橋とか華鳩とか宗玄とか。どれも落ち着いた味わいが非常に好みで美味っ。
umaimon01.jpgumaimon02.jpg

すぐお隣では燗酒。仁井田本家の「金寶自然酒山廃燗誂」(パンフもらわないと覚えられんよ)。これが無茶苦茶ソフトに内臓に沁みる。あくまで私の好みではあるが、この優しさは激美味。

その隣では国士無双を…さらに隣でまんさくの花を…と展開。
一つ一つは覚えてられないのだが、なンだかどれも美味かったな。辛口さえも美味かった。
舌が日本酒に慣れてきてるなぁ…

即売会でもあるので、日本酒は2本購入。
長野の武重本家酒造の「御園竹 蔵内生熟成」。これは燗ブースでも飲んで美味かったうえに常温でも飲みやすかった代物(値段も手頃)。
金寶自然酒も迷ったけど、熱燗できる環境が今の自分には無いので今回はパス。
それともう一つは奈良のお酒「花巴 山廃仕込み純米 ひやおろし」。美味かったし、ブースに立ってた人が好い人だったので(大事)。
買ったら、後片付け中に手招きして、「これも飲んでけ」って高いお酒飲ませてくれました(いいなぁ)。
umaimon03.jpg

会場の半分は日本酒でしたネ。残り半分もいくど(だいぶ記憶が怪しくなる)

残りはワイン、焼酎、ビール、リキュールなど。
このへんのバリエーション豊かさも大桝ならではという気がする。

ワインはあまり印象に残らず。
本格派のビシッとしたものが多かった気がする。もっとデイリーで果実っぽいのが好みだからなぁ。

焼酎はなかなか面白かった。
予め水で割っておく「先割り」を燗したものを飲ませてもらったが、これが実にまろやかだった。
飲むまで芋焼酎と気づかずにもらっていたぐらい適当な客だったが、ブースの方は親切に色々と教えてくれたし。。。先割りは覚えておきますヨ。
ゑびす酒造の焼酎も良かったナ。ストレートでもらったのに、穏やかで飲みやすい。日本酒かと思ったぐらいだった(でも銘柄は覚えてないのだ)。

泡盛は古酒が良かったなー。
umaimon04.jpg

ビールは八海山のアルトとヴァイツェンだっけ?
思ったより苦味とコクがあった。先日、吾妻橋で飲んだクラフトビールはもっとスッキリしていた記憶。当たり前だが作り手で味が変わるのだね。
オツマミの麦を炒ったものに味付けしたものが香ばしくて美味だった。
umaimon05.jpg

リキュールはバナナ梅酒とかマンゴー梅酒をブースの可愛いお姉さん方に頂く。これも美味い。バナナの甘さが梅酒の甘さといい塩梅に調和されていたな。
それと木内酒造の梅酒が極上の甘味だった。今年の日本一の梅酒で、スピリッツベースとしては初めて優勝したとか言っていた(ような気がする)。サラリとすっきりしていて、蜂蜜のように蕩ける香り。いくらでも飲めそう。買おうかと思ったが他を回っていたら売切れてしまっていた。
umaimon06.jpg


はぁはぁ…疲れた。
でも、意外と酔ってない。
注がれる量が少ないからか?(種類多いからそれが正解と思う)
ま、このぐらいのほろ酔いで帰れたほうが健康でいいよねぇ~。
umaimon07.jpg

いやー楽しかった。

じゃっ!





帰宅するはずが、気づけば浅草の酒場にいる自分。
あれぇ?周りを見渡せば、覚えのある顔。
あれぇ?
あ・れ・ぇ?

イベント前に感じた暗雲。それは今、雷雲となって我が身に降りかかっていたのだった。

つづく
2009.09.21.Mon 23:13 | お酒 | trackback(0) | comment(0)






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2009.09 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。