だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
昨年に続き今年も帝松の酒蔵まつりに行ってきた。

冷たい雨の降りしきる中、自宅から約2時間かけて到着したのは埼玉県比企郡小川町。
のんびりした田舎町である。
ちょうど来ていた送迎バスに乗り込み、駅から3キロほど離れた蔵に移動する。
到着した頃には折りよく雨も止んでいた。
中庭が会場なので心配だったが、よかったよかった。

ただ、猛烈に寒いが…は、早く飲んで暖まらなくては…

轟音で演歌が響く中、まずは昨年も食べた大きな稲荷寿司を購入する。
無料の樽酒をもう片手に持って、立ち飲みテーブルの隙間に体を捻り込ませ、ほいでは、いっただきまーす。
ぱくっ、むしゃっ、ぐびっ。
うーむ、美味いが、寒い。
昨年は暖かかったから、冷たい樽酒と稲荷のメシが胃袋に沁みこんだのだが。今回は寒さが勝るよ。
とっとと片付け、次。

太田ホルモンの出店の行列に並ぶ。列がなかなか進まない上にカシラ売り切れの無常。今取りに行ってますだそうだが待ってられないので、普通の焼き鳥+つくね+皮を購入。タレは当然、ピリ辛でオーダー。これはこの地方(沿線にある東松山が有名)の特徴らしい。
mikado2010_1.jpg
美味っっっ!ピリ辛タレも凄くいい。こうなるとカシラ食べてみたかったなぁ。
あっ、そういえば焼き鳥を自分で買って食べるのは初めてだ。

mikado2010_2.jpg
肝心の酒、お次は利き酒コーナー。5種類を試飲してから当てる。何度でも試飲できるのがミソ。
昨年はまだ日本酒を飲み始めて間が無かったが、あれから随分と経験を積んだ。もはやこの程度の利き酒は屁の河童…

…まだ経験が足りなかったっス。
試飲段階だと違いがわかる気がするンだけど、利き酒しだすとブレまくる。でもまぁ、去年よりも判る感じだ。

また食い物。うどん。もちもちで美味いンだわ、これが。
mikado2010_3.jpg

もう一箇所、即売所でも試飲可能。
注ぐ係の人はなンと社長であった。
「社長!酔っ払ったお客さんでトラブルが!」
などと社員に言われて指示出してました。
大変だなぁ~と横目で見ながら、にごり酒。

たいして飲んでないはずだけど、少し気持ち悪さが出てきたので撤退。
帰りは駅まで歩く。
道路は結構、車が通るので落ち着かないが、ちょっと脇に入るとシーンと静か。
遠くのほうでから子供の遊ぶ声だけ聴こえる。なんともゆったりとした雰囲気。いいなぁ~。
mikado2010_4.jpg
mikado2010_5.jpg

池袋東武でもお酒を買って帰宅。
スポンサーサイト
2010.02.28.Sun 22:14 | お酒 | trackback(0) | comment(4)
長かった今週の仕事も終わり、明日はお休み。
埼玉行ってきます。秩父の近く。そう、帝松の蔵まつり。
近頃はこれを目指して辛い仕事を我慢してきた感あり。
…とっとっと、あんまり期待もちすぎるとよくないな。
でも遠足前夜のお子ちゃまのように現在です。
2010.02.27.Sat 23:39 | お酒 | trackback(0) | comment(0)


日本酒の古酒の香りと比較してみたくなって近所のスーパーで買ってきた。紹興酒を買うのは初めてだ。
紹興酒 塔牌花彫陳五年、これは宝酒造が輸入しているもの。

さて紹興酒って一体なんだろう。適当な知識しかなかったのでネットで情報を集め自分なりにまとめてみる。


中国の醸造酒は「黄酒」と呼ばれ、各地の酒どころ毎に様々な銘酒が存在するが、紹興酒は浙江省紹興市近辺で造られるからこの名前がついている。シャンパンみたいなもんかね。

原料はもち米、黄麹(小麦で造った麹)、そして紹興にある湖「鑒湖」の名水。色と香りはカラメルで調整される。

wikipediaによると製法により4種類の紹興酒があるようだが、日本で通常飲まれるのは「加飯酒」というタイプ。これは文字通りもち米や麹を追加する製法に由来する。

加飯酒は3年以上寝かせるため、中国の熟成酒「老酒」でもある。
紹興酒は大変有名なので、黄酒の代名詞であると同時に老酒の代名詞でもあり、単に老酒といったときに紹興酒を指す場合もあるらしい。
今回買った酒の瓶にも「中国老酒花彫」と書かれている。
ちなみに加飯酒以外の製法の紹興酒は3年も寝かせないので老酒ではない。でも紹興酒ではある。このへんがややこしい。

「花彫」とは、紹興酒の古い習慣にちなむ。
紹興では女の子が生まれたときに、紹興酒を美しい彫刻を施した甕(つまり花彫)に入れて埋め、やがて女の子が嫁ぐときに掘り出したという。女児紅とか女児酒といわれるが、これが転じて花彫が熟成した紹興酒つまり紹興老酒の代名詞となった。
…てことは、「中国老酒花彫」とあるのは、熟成酒・熟成酒ってことだ。
大事なことなので2回言いましたみたいな。

さらに「陳五年」。
陳年というのは年を経たという意味で、酒の場合は長期熟成を意味する。何年寝かせたかで、陳○年などという。ウイスキーの年数と同じこと。「陳五年」だと五年ものということに。

ちなみに「塔牌」は紹興酒を造るとある蔵でのブランドネーム。
まぁ、あれだ、日本酒に「十四代」「田酒」などあるのと同じだ。

予備知識を仕入れたのでそろそろ飲んでみよう。

まず香り。カラメル調整されているだけに、そのまんまカラメル。プリンの上に乗っている黒いソース、あれと同じ甘ったるく香ばしい香り。
しかし飲むとその香りはあまりしない。またさほど甘くもない。
酸が効いているのだろうか?口がすぼみ、唾が出るような感じになり、ある意味、ジューシーさを感じる。
また、この酸がキレをよくしているみたいで、こってりした風味でありながら飲み疲れない。
後から米の香ばしさと、円やかな余韻。

予想以上に美味いなぁ。
かつて飲み会でこれを飲んだときには氷砂糖か何かを入れて甘ーくして飲んだ。それだけにノーマルで飲んだら不味いのではないかと思い込んでいたが、そんなことはないね。ストレートのほうがむしろ美味いのではないか(でも砂糖入れるのも楽しい飲み方と思う)。

たいして飲んでいないのにほんわか酔っ払う。度数は17%もあるのだった。


…さて、日本酒の古酒の香りとはどうも違う感じに思えた。古酒はカラメルとは違っていた。じゃあなんで紹興酒を引き合いに出すのか…あっ、飲んでからの風味の方か?!確かに飲んだ感じでは酸味も含めて似ているかも…
まだまだ経験が少ない。もっと飲んでみないと…
2010.02.23.Tue 21:00 | お酒 | trackback(0) | comment(4)
確か10月頃に北千住東口にオープンしたラーメン屋かいと。
反対側西口の「宗庵」というラーメン屋の姉妹店である。

ここは、うなぎのスープのラーメンを出すとのこと。
そういえば宗庵で、うなぎの冷やし中華みたいなメニューを出していたっけ。

昼時に訪問。満席。おぉ、人気だ。宗庵も人気だし、活気があるね。
店内は今時のラーメン屋。見た目ちょっとチェーン店ぽくてラオタは敬遠しそうだが、
一般の人にはこういうカジュアルなお店の方が入りやすいンでないかな。

それはさておき、カウンターに座り、”うなだし”のかいとラーメンをオーダー(食券だけど)。

そーして出てきたのがコレ。
背脂たっぷり。和風を想像していたのが裏をかかれましたw

スープは甘めで、見た目どおりにこってり。どのへんがウナギなのかわからないが
そもそもウナギのスープがどういう味か知らンことに気づき、これはこういうものなのだろうと納得。
チャーシュー代わりにのっているのが牛筋らしい。これも甘めに煮込まれている。
全体が甘いネ。これはもしかして蒲焼のタレのイメージなのか?
麺量は結構多く、こってり味と合わせて、ガッツリ感。後半は飽きるかなぁ…
お腹いっぱいでごちそうさま。

食べ終えて頭に浮かぶのは、ウナギはウナギでも、ウナギパイだった。甘かったからか?
2010.02.20.Sat 20:21 | お食事 | trackback(0) | comment(0)
上野松坂屋の裏にある焼きそば屋に入ってみた(去年の秋だが)。
「下町焼きそば 銀ちゃん」の上野広小路店とのこと。

厨房を囲んだカウンター席の端っこに陣取り、メニューを確認。
お好み焼きそばというのが看板商品のようなのでそいつを、麺量は2玉でオーダー。焼きそばって軽食のイメージがあるから多目に頼んどこうって魂胆でさっ。


おっ、美味そう!
お好み焼きを切るために箸に力を入れると、抵抗なくスッと入る。あら?なんだこりゃ?と食べてみると、お好み焼きじゃなくってオムレツであった。なんやねん、お好み焼きやないんかい!とは思わず、これはこれでいいかも。ふわふわなオムレツに仕上がっていて、コテコテの焼きそばのアクセントになっている。
コテコテといったものの、見た目程にはソースもマヨネーズもキツくはなく食べやすい。
麺はもちもち。2玉は流石に多く食べ応えあり。

うん!美味かった!
でもこれで800円。焼きそばにかけるにはちょっと抵抗がある金額だなぁ。
2010.02.18.Thu 20:50 | お食事 | trackback(0) | comment(2)






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2010.02 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。