だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)


燦然 純米雄町
精米度合い65% 15-16度 日本酒度+2 酸+1.4 雄町100%

岡山の菊池酒造製。お酒にモーツァルトを聞かせているンだそーである。
他にもそういうところがあったような。曲はなんだろうね。交響曲25番だったらどんな酒になるんだか。

なお
・2009年秋季全国酒類コンクール純米酒部門 第1位受賞
・雄町サミット2010 純米の部 優等賞受賞
ということだ。

香りは強くない。味わい濃そうな”酒”の匂いがする。
色はほんのりと黄金色がかっている。
口に含んだ感じ、酸味が強いのかな。口内が引っ張られる感覚。そのまま酸味だけが突き抜けていって、やがてゆるい円やかさが戻ってくる。そして全体的に水のようにすーと消えてゆく淡麗さがあって、じわじわと苦味と、先ほどの円やかさの断片が後口に残る感じ。

飲み飽きしない、食事の邪魔をしない、食中酒タイプかな?

雄町と聞くとモノトーンと思い出すが、まさにそんな感じ。静謐。
だけども静か過ぎて物足りないわけでもなく、主張しないが要所は締めますヨ的な、侮れない相手。
本来はそんなに好きな味わいのタイプじゃないはずなのだけど…うん、飲み進めるほどにいいかもと思えてくる。苦手な味わい全般をさりげなく流し込んでくる手腕に惚れた。

2日目
どっしりと香ってくるようになってきた。甘く香ばしい。味わいも同様に濃くなった。酸味はやや穏やかになった気もするけど、まだまだしっかりと。融けてなくなる後口は変わらず。

3日目
燗してみる。人肌より熱め。
鼻をつくアルコール刺激が少ないのがいいね。
やっぱり酸味があるかな?なんだかハッカみたいなスーッとした風味があるが、やっぱり冷で飲むよりもまろみと甘味が出て飲みやすい。後口の速やかさを残しつつ、ほっこりとする。
うんいいね。

燗冷ましは刺激がほとんどなくなり、やわらかーい。

ということで最後まで美味しく戴いたのでした。

スポンサーサイト
2011.09.29.Thu 21:19 | お酒 | trackback(0) | comment(0)
話題のフレディ・マーキュリーのそっくりさん。



確かに似とるのぅ。
2011.09.27.Tue 20:03 | 日記 | trackback(0) | comment(0)
昨年買ったのですけど今頃ネタにしますよ。

-------------------

日本酒を飲むようになって数年。そろそろ燗にも手を出してみよう。
だが燗は結構めんどくさい。レンジが手軽だが、あれは熱調整が案外難しい。もっと簡単にできるものはないか。

試飲会でよく見かけた「ミニかんすけ」。
動作も簡易で風情もよし。熱伝導に優れているという錫のチロリまでついて完璧なのだが、いかんせん値段が張った。
もっと安価なものはないか…と探して見つけたのが、家電メーカーでおなじみツインバードの酒燗器だった。



てなわけで楽天にて購入。ツインバード 酒燗器TW-4418B

かんすけが結局はお湯で温めたのに対し、こちらは直接酒を温める方式。お湯を沸かす手間が省ける。
鍋には1合半入る。取っ手が持ちやすく、片口の注ぎ口から楽に酒を出すことが出来る。
蓋は乗せているだけなので酒を瓶から注ぎいれるのも楽だし、洗うのも楽々。ものぐさなのでメンテのし易さもポイントだった。

燗設定は、人肌燗、上燗、熱燗、飛び切り燗の4段階調整が可能。出来上がりに約13分というのは長いけど、ゆったり待つのも乙なもの。
タイマーで出来上がりを教えてくれるわけじゃあないので、自分で管理が必要な点は玉に瑕か。
結構、途中で時間を忘れちまうので、設定した温度になってるのかよくわからなかったりする。
まぁ人肌燗と上燗との違いがわかるほど繊細じゃないからいいかな。

電源ケーブルも底に収納可能でなかなかよく考えられております。
3000円台という値段のことを抜きにしてもいい買い物だったと自画自賛。

てことで、これから燗つけようと思いマース。
2011.09.26.Mon 20:21 | お酒 | trackback(0) | comment(5)
時系列シャッフル状態のわがブログへようこそ。
というわけでこれは昨年の秋のネタだ。忘れてたのだ。



モンサン無濾過にごりワイン

近所のスーパーにて購入。
無濾過のワインって珍しい。
以前とある本でオーストリアのシュトゥルムという発酵途中の濁ったワインを知って垂涎であったが、
これは似たようなものだろうか?


滓ってやつですかね。逆さにすると沈殿物が広がってきます。かなりの量。
ハテ、こういうのはどうしたらいいんだろう。わからんが、にごりとゆうからにはよく混じるのがよかろう。
しばらく逆さにしてから注ぐ。

おうおう濁ってる…
というかピーチネクターみたいな色になってる。いかにもフルーティな見た目。
香りは…ん?
白ワインぽい豆のような香りがあるが、全体的にお汁粉みたいなまったりとした甘い香り。
あ、お汁粉も豆か。

飲みます。

あま~~~い。

とっても甘いが、べたつきの無い、すっきりとした飲み心地。
ほんのりと苦味が酒っぽさを出しているけど、ほとんどジュースだね。
まさに無濾過で葡萄そのものってところか。
アルコール5%。ぐびぐびいっても大丈夫そうだな。


べたつかないと言ったが、やっぱり2杯目になると甘さがしつこくなってきた。
鼈甲飴のような後口。
あんまり何杯も飲むものではないのかもしれん。
2011.09.25.Sun 15:07 | お酒 | trackback(0) | comment(0)
関東は夕方に台風直撃というわけで、軒並み電車は止まり、同僚達も仕方なく会社で待機…
しかしワタクシは自転車で帰れるのであります。どうせ電車は停まるだろうと予想して、あえてチャリで来たのであります。
つまりここで帰らなくては勝ち組ではない!と外に飛び出してみたものの、あまりの風と雨に自転車に乗ることなンぞ到底無理で、よっこらどっこい押して帰ることに。
雨風の強さよりも、何かエライものが飛んでくる方が怖いと途中で気づきまして、今更引き上げることも適わず、恐怖を感じながらひたすら前へ前へ。屋根瓦なンて飛んできたら一発だな、と思ってましたけど今はあまりないみたいね。瓦。
なんとか無事に自宅にたどり着いてみると、もはや台風は熊谷あたりまで抜けてしまったと。どうやらこちらとしてはピーク時に一緒に歩んでしまったらしい。やれやれ。

ニュースで大きな街路樹が倒れている映像を見てゾッとしましたとさ。
2011.09.21.Wed 20:48 | 日記 | trackback(0) | comment(0)






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2011.09 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。