だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)


綾瀬の磯川酒店で購入したンだったと思う。震災後だ(やっとここまで来た)。

新政とあるがスペック等何も書かれていない。
ラベルも見たことが無いなぁ?

少し黄金色がかっていて、ちょっぴりトロみのある感じ。
うわ立ち香は…林檎系かな。葡萄の香りなら新政なのだけど。酵母次第か。

ほんの数滴口に入れて舌の上をツツツと流す。
ふわぁっとフルーティな甘さ。苦味もなく、ホントに果物を食べているような。
ゴクリと呑んでみる。
あらっ?随分軽いなぁ。苦味もほんのりとしかない。それであんなにフルーティな印象なのか?
キレはいいけど、どうも物足りなさがあるな…

2日目。
昨日より味が濃くなった気がする。
軽さは変わらないけど薄いという印象はなくなる。
苦味というか渋みが昨日より前に出ている印象。それが後口を引き締めている。
穀物的な香ばしい香りも余韻に。ゆるゆるしっとり和やかに消えるところが癒しになる。

全体的にやや物足りない。一体どういう酒だったのかしら。
スポンサーサイト
2011.11.28.Mon 20:46 | お酒 | trackback(0) | comment(0)
ソフトバンクのプリペイド携帯を使っておりますが、チャージはプリペイドカードを買ってそこに書かれた番号を送信することで可能となるのですな。

プリモバのルールとしては、
 1.60日に1度チャージをしないと残高は無効となり発信ができなくなる
 2.ただし番号は360日間受信専用として生き残り、その間にチャージすれば発信できるようになる
となっている。
カードは3000円と5000円とがあるので受信専用に特化するなら1年間3000円で維持できるようになる。
とはいえ発信もしなくちゃならんので2ヶ月に一度3000円のカードを買っている。これでもひと月1500円で済むのだから非常に安いものだ。なおこの3000円とか5000円はそのまま通話に使える残高として積み上げられてゆく。

さて、そんなこんなで数年間使い続けた結果、残高がどんどん積みあがってきたのである。
ぜんっぜん使わないからね。
(たしか2Gから3Gへの切替キャンペーンでもチャージのプレゼントがあったような…)
現在58000円も残ってる。

さて60日の締め切りが間近に迫っているため3000円のカードを購入、登録の手続きをしたところ、
「上限を超えて登録はできません」
と言われた。最初はなんのことだかわからなかったので繰り返し登録の操作をしてみたが同じだった。
早速google先生に聞いてみると、なんとチャージには上限があるらしいと判明。60000円らしい。

げえっ

困った。とにかく使わないンである。
チャージを消費する=発信するということだけども、月に数回しか発信しないのである。
だったら受信専用にすればいいのだけど、誰かから掛かってくること自体滅多になくそもそも受信だけなら携帯を持たなくてもよいのだ。すなわちこちらから掛ける為に携帯を持っているわけだ。それが非常に少ないとしても。

60日間の期限は11月29日。このままチャージできないと残高はパー。使い道がないのだから0円になっても同じこと…というにはかなり抵抗のある残高だ。6万円をドブに棄てられますか?



ただいまチャリティーダイヤルに絶賛接続中。日本赤十字社に募金。
よいことだけどなンかむなしい。
2011.11.25.Fri 22:11 | 日記 | trackback(0) | comment(2)


ドンナ・ローサ ロッソ・ディ・トスカーナ I.G.T

カルディにて購入。800円しなかったような。イタリアワインですな。
使われているのはメルロー、シラー、サンジョヴェーゼとのこと。
バランスよし果実味たっぷりと裏ラベル。

赤ワイン~って香り(なんだそりゃ)。キツくもなく、ふっくらでもあり、バランスよしというところだろうか。
ワイン、久々なのでたっぷり吸い込む。ふは~。

呑む。

酸味がキマス。サッときてふわわと後口に。全体をさっぱりとさせているようです。
渋みや濃厚さはあまり無いけれど、しっかり果実味(というのか?)とほのかに苦味もあって、呑んでるっていう満足感がある。
いわゆる旨安ワイン。こういうの大好き。


2011.11.20.Sun 21:40 | お酒 | trackback(0) | comment(0)


ボルス シルヴァートップ

松戸の日暮商店で購入。あまり見たことの無い瓶で安かったので(ここが大事)。
帰宅して調べると、製造元のボルス社は1575年創業で現存する最古の蒸留会社だそうな。
1575年って長篠の戦いでっせ。
ジン自体は17世紀に誕生したが、ボルス社はその当時から携わっていたという。


上立ちはザ・アルコール!同じジンのギルビーが芳香剤のような花の香りをさせていたのと対照的。
あ、でもオンザロックでしばらく置いたらそれなり香ってきた。

飲む…

う~ん!このクリアな苦味と独特な香り(フローラルっていうのか?)な香り。ジンだなぁー。
ただ、やはりギルビーに比べて香りがまろやかな印象。

それにしてもジンて不思議な飲み物だよなぁ。
見た目も香りも、全然、美味そうに感じないンだけど、慣れてみると結構イケるンだよなぁ。
個人的には焼酎より遥かに飲みやすい。さっぱりしてるからかなぁ。後口も綺麗だし。

ソーダ割りしてみたら、香り、味ともに非常に柔らかくなり、さっぱりした中にもほのかな甘さが心地いい。
2011.11.17.Thu 20:39 | お酒 | trackback(0) | comment(0)


新政 本醸造 秋田流燗酒 精米70% 15度

秋田県の新政酒造のお酒。
こいつはたしか千住のマルイで対面販売していたのを買ったのだと思う。1月頃かな。
本醸造だから1000円以下だった覚えが。

名前の通り燗向けの商品。アタクシ、こういうのを冷で呑むのが好きでござい。

色はほんのりと黄金色がかっている。香りは…林檎様の甘く華やかなものが穏やかに、そして本醸造でよくある感じの辛さ、渋さがかぶさっている。

呑む。

あらまさだ。
独特な、葡萄のような香りが広がる。といっても生酒やなんかと比べるとずっと抑えられているけれど。
苦味、渋みも静かに、全体を覆うようにやってくる。でも甘味を消すほどでもなく、お互いにゆるゆると主張しながらそのまま滑らかに消えてゆく。
えぇ、えぇ、こういうのが好きなンですよ。案外温めたほうが刺激が増すかもなぁ。

それではと、ぬる燗で。
さすがに葡萄の香りはなくなるが、非常にまろかな乳製品風の香りが漂う。
呑むとふわっと優しい口当たり。だが冷の刺激もまだゆるやかに残っていて、口中を引き締める。
美味いね。燗もいいね。

上燗ぐらい。
飲み口がすっきりとしてくる。甘味も透明感のある感じ。へぇ、こう変わってくるのか。これも好きだ。

次は…と思ったらもうお終い。調子に乗って呑みすぎた。うぃ~。
2011.11.16.Wed 21:16 | お酒 | trackback(0) | comment(0)






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2011.11 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。