だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
2011/12

春先に初訪して以来、何度かお邪魔している北千住のボケロン。
この日もちょっと酔っていこうと千住へ。しかし微妙にまだ開店時間じゃない。

ということですぐ近くの路地にある南蛮渡来で時間つぶし。
こちらは17時からやってますね。
和服美女がやってる立ち呑みです。
さくっと、でもついつい日本酒を2杯。

開店直後のボケロン。
客は自分だけ。遅い時間ほど混むお店です。
酒場でもあんまり喋らないワタクシ。でもここだとマスターが絶妙な距離加減で相手をしてくれるので、なんだかんだと喋ったりします。
そのうち後客もゾロゾロ入ってくるンですが、この店だといつのまにか客同士でも会話できたりするンですね。
なわけで瞬く間に時間は過ぎてゆき…杯も重ねられてゆきます。

この日はシェリーに集中。マンサニージャから始まってメニュー表にないものまで(でも高くない)。
シェリーから作った蒸留酒というのも、さらにビールも呑んで。

帰宅後頭ガンガン。
ここに来るとこうなることが多い…ううう。
スポンサーサイト
2012.10.29.Mon 20:30 | お酒 | trackback(0) | comment(0)
2011/12

馬力神田店で十二分に満足なのだけど、せっかくの神田なのでもう一つ行ってみよう。

ということで味の笛神田店へ。
御徒町にもありますな。しかしどちらも未訪です。
幾分こっちのほうが入り易い感じがします。1階がオープンスペースだからですかね?
いや御徒町はどうだったか覚えてないけど。

馬力で呑んだホッピーがよく冷えていたので暖いのが欲しいな、と日本酒を燗で頼みます。
速攻で出てきました。越の白鳥の小ビン。いい具合に燗されております。
つまみはおでん。
入れ物は発泡スチロールでコップはプラカップだけど、そこがいいんだよなぁ。
aji_kanda01.jpg
aji_kanda02.jpg

おでんをカラシつけすぎ(by吉田類)でツーンとなったところに、
柔らかい燗酒を流し込んで、くは~っ。

さくっと呑んで終了。
カップと入れ物は使い捨て。足元にあるバケツにポイっ。
しかし酒瓶はどうすりゃいいのかわからずカウンターにもっていったけどあれでよかったのかなぁ?
2012.10.24.Wed 23:19 | お酒 | trackback(0) | comment(2)
2011/12

日本橋から神田に移動。地下鉄だと一駅。歩いても近かったかも。

目当てはこちら。
「馬力 神田店」

錦糸町のお店が有名ですが未訪。近頃こっちにもできたということでやってきたのだ。
16時頃ですが店はやってますな。というか昼頃からやってるらしい。
店に入るとサラリーマンが4、5人もう呑んでる。
適当に座り、飲み物チェック…ホッピーが白、黒、それから赤…赤?初めて見たよーな。これにしますか。それから煮込み、と。

bariki01.jpg
ホッピー赤はええと、よくわかんないです。
ホッピー呑みじゃないので白も黒もたいして呑んでませぬ。コクがある気がして白と黒の中間かなぁ程度。

bariki02.jpg
煮込みは塩味。時々ありますね。塩だとちょっと物足りなさを感じることが多いのだけど、これはいい感じ。
しっかりとした味付けで酒が進むンですわ。添えられた柚子胡椒もいい。しかも具沢山。エライです。

なんかもうこれ一つで終わってもいいけど、アレも食べたい。

ということでアレを頼む。
ホルモン刺盛り。

bariki03.jpg
モツにくわしくないのでようわからんけど5種類ぐらいの部位がどっさりと。これでお値段600円とかそのぐらい。
うひーっ。これはもうタマランですよ。
レバーだけはあまり好きじゃないけど、他のは旨かったなぁ。
(※この時点ではまだ牛レバー刺は禁じられてません)

ナカおかわりしてソトも終わり。すっかり満足してお勘定。1600円ぐらい。イイ!

そういえば先客のサラリーマンたちはしっかり呑んでる人もいれば、一杯をチビチビやってる人もいた。どんなスタイルでもまったりできるお店ですねー。

ここはいいなぁ。安いし旨いし量もある。昼からやってる。イイ!
2012.10.22.Mon 21:16 | お酒 | trackback(0) | comment(0)
2011/12

「全国地酒祭り in 日本橋」というのが年末開催されると聞き行ってみました。

場所は島根県のアンテナショップの2階。とはいえ店とは別の入り口でした。
店前で樽酒を配っていたらしいのですが自分が入ったときには誰もおらず呑まず終い。ちぇ。

平日の昼下がりということで会場は空き空き。それでも数人が呑んでましたよ。
部屋に入るやいなや声をかけられチケットの説明をされます。

300円×2枚と500円×1枚がつづられたチケット。表示額1100円に対して1000円で買えるものだとのこと。
つまり有料試飲の会なのであります。もちろん知ってて行っておりますよ。とりま様子見で1枚買いましょう。

チケット販売の並びに、おつまみの販売スペース。ここでも説明をされます。
300円のおつまみ4個をチケットつづり1枚でOK…つまり1200円を1100円チケットで買えるということなのだが、チケットの実売価格が1000円なので、説明がややこしい。聞いてる最中は何が何だかわからなくて「はぁ?」でした。
何か面倒くさくなってきて、おつまみは買わずにその場を離れます。
説明の意味がわかったのは大分後になってでした。

サテ、全国から15、6蔵ほどの地酒が集まっている。1蔵で2、3種類置いている感じですかね。
蔵ごとにテーブルを分けるのでなく、横一列にズラッと並べるスタイル。ちょっと珍しい気が。
コンパクトだけどこじんまりした印象ですかねえ。
対応するのは若い男女が2人。蔵の人じゃなさそう(考えてみると忙しい時期だよなぁ)。
名酒センターのコワモテの社長が現場でビシバシ指示を出していたことからすると、センター関係者のようだね。

一通り見てのち最初の1杯は春鹿のしぼりばなだったかな?
生酒らしい濃い目の味わいとフルーティな甘味。キレもよくて呑みやすい。美味いっす。
これが1杯300円でプラカップに注がれる。量は120ぐらいあるのかしらね?。
少し高級品になれば1杯500円。チケット綴り1つで3杯は呑めるということですな。
テーブル脇のほうでは販売もしており、値段がわかるので割高・割安も判断できそう。

続けて末廣の山廃純米純米吟醸。
山廃らしいほっくりした香りと甘味。一方で呑口もキレもすっきり。あ~美味いなあ。末廣の山廃好きだなぁ。

もう一杯別なのを呑んでごちそうさましますかね。
もっとたくさん呑む気でしたけど、ちょっと気分がのらなかった。
お酒は美味しかったンだけどねぇ。うーん。
最初から有料というのが微妙でしたかね。システム的には名酒センターそのものなんだけど。イベントでいろんな人が来ることを考えると最初は試飲させてから気に入ったら有料で呑むってほうが良かったンじゃないかなぁ。
いやそれだと無料試飲ばかりになってしまうか。入場料は無かったのだからむしろ安かったのかなぁ?

ま、そういうことを身勝手に考えつつ会場を後にするのでした。
2012.10.20.Sat 20:04 | お酒 | trackback(0) | comment(0)
2011/11
sake183.jpg
会州一 純米酒 山口合名会社 アルコール15度 60%精米

福島の酒です。イベントにて購入。かなり小さな蔵と聞いた覚えが。

香りはまろやかでリンゴのような透明感のある甘さを感じる。ガツンとくるタイプではなく、吟醸ぷんぷんでもない、こういうのって麹の香りなのか、米なのか未だにわからないなぁ…

ほんのひとしずく口にいれ舌の上を滑らせる。甘い…かと思いきや意外と強い刺激があって、流れ落ちた後口もほとんど甘さを感じない。辛口?

ちびりと呑む。含んだときにふわりと甘い香りを伴うが、すぐに消えて、非常にスッキリとして瑞々しい味わいが支配的になる。はっきりとした辛口だなぁ。当然?キレもよくて融けてなくなる感覚。新潟の酒みたいだなぁ。すっきりとしすぎているところもあるけれど、含み香や苦味がほのかに漂ってきてなんともいえぬ満足感がある。

しかし試飲したときはもっとわかりやすい純米酒だった気がしますけどね…気温的に冷酒に近いからかな。開栓直後というのもあるかな?時間の変化や燗したらどうなるか…。

ちょっと一日置いて(というか外で呑んできてこちらを呑めず)

3日目。酸味が強くなってきたカナ。でも流麗さは変わらない。
燗してみましょうね。
まずはほんのりとぬる燗。まったりとするが味わいは変わらずのモノクロ感。
上燗。お、瑞々しさそのままの綺麗な香りが立ってきましたな。乳ぽくなって全体にまろやかさが出てくるけど甘いというほどではないねぇ。
熱燗。熱で口中や喉元がカーッとなり、その後からなんともほのかで優しい甘味がのぼってくる。あ、これいいな。ぐいぐい進みます。

4日目。なんだか随分と味が濃くなってきた。口当たりの瑞々しさとキレはそのままですね。
半合もなかったのであっとい間。んーもう少し残しておけばよかったのかしら。
やっぱり4合瓶だと3日ぐらいで終わりますね。変化を楽しむには1升なんだろうなぁ…
2012.10.18.Thu 00:06 | お酒 | trackback(0) | comment(2)






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2012.10 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。