だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
いつまで続くのか鎌倉お一人様の旅、その4。
(※2月初めのお話です。)

銭洗弁天目指して歩いております。
kamakura015.jpg
何度か来た事があるが結構歩くのだよな。
しかも坂道が多くて、ヒィヒィ。

なのに観光の男子中学生は全速力で駆け抜けるのだった。
アホだ。しかし青春だな。

kamakura017.jpg
参道じゃなくて天道に至ると急坂になり、その中腹に銭洗弁天があった。
このトンネルを抜けた先に境内がありまス。

銭洗いをする観光客で賑わっておりまス。

ということで自分もお参りセット?のろうそく+線香+ザルを購入。
…しようとしたら売り場のオジジが素晴らしく無愛想で返事の一つもしない。
いやぁいい具合に気分がささくれだってまいりました。

さてまぁ、奥宮の洞窟に入りますと境内以上に学生やカップルで混沌状態。
はじっこのほうで慎ましく100円玉を洗います。
あれっ、このお金って後生大事に持っておくべきなの?それともすぐに使うべきだっけ?

いいや今すぐ使っちゃおう、と近くにあった賽銭箱に投げ入れます。
すると賽銭箱の格子にカツーンとぶつかって跳ね返り、チャリーンと床に落ちてしまった。
なななな、なんだか縁起悪っ!
それよりも正面で拝んでいたカップルの視線が痛ひ。
アナタタチがなかなかどかないから斜めから投げ入れたらこうなったのですよ、と心の中で悪態をつきつつ、お金を入れなおして海老のように後ずさりするのであった。


それはさておき
「銭洗い弁天」ということなんだけど肝心の弁天様が祭られていない。
実はご本尊というのは宇賀福神さまという神様なンである。
しかしこの神様は弁天様と似通った属性をお持ちのようで、同一視?というのか、ともかく習合して祀られることが多いそうで、その結果メジャーな方の名前で銭洗い弁天と呼ばれているようだ。
(とか書きつつどこかで祀られていたりして…)


弁天にしろ宇賀神にしろ水に関係の深い神様なので、境内には水神宮も上下二つ存在する。
こっちもお参りしとこ~う。
kamakura018.jpg
kamakura019.jpg

一通りお参りを終えて茶店で何か食べものはないかと物色。鎌倉に来てからまだ何も食べていないのだ。
だけど目に飛び込んできたのは地ビール。ううむ、真昼間からビールを飲む姿を中学生たちに見せつけてやろうか。黒い考えが浮かぶが、店内には誰もいなく、むしろ侘しい気持ちに負けそうに思えてきたのでやめとく。
ここでズバッと呑めれば、自分も正しい日本のオヤジなのだがなぁ。まだまだ修行が足りない。


kamakura020.jpg
銭洗い弁財天から来た道を戻ると途中で佐助稲荷への分岐がある。
実はここは銭洗い弁天と同じ祭神なのだ。
「片参りにならないよう両方詣でよう」と、るるぶ2000(家探ししたら見つけた)に書いてあった。
片参りって初めて聞く言葉だが、そういうものがあるンですかね?

ともかく佐助稲荷目指して歩くのだが、銭洗い弁天に行く人はたくさんいるのに、こちらはほとんど人通りが無い。よって非常に静かな道のりである。落ち着いていいですね。

ふもとに下社があるが、そこからさらに進むと鳥居が連なる長い石階段が見えてきた。
kamakura021.jpg
kamakura025.jpg
山の緑に赤い一本線が引かれているみたい。
狐の石造に見守られながら階段を登ってゆく。息が荒くなるし足も相当重いのだけど、すっごくいい雰囲気だ。

kamakura022.jpg
本殿。

kamakura023.jpg
kamakura024.jpg
奥宮や古い稲荷群。


静寂…

後からポツリポツリやってくる参拝客たちも静かにお参りをしている。

うんうん、これだ。これを求めていたのだよ。

しんみりとしてココロが癒される。あぁ、来て良かった。




帰り道でようやく気づく。
稲荷神社?
それでなンで銭洗い弁天と同じ祭神なんだ???


これも帰宅後調べてみますと、
源頼朝の夢枕に立って挙兵をすすめたという神様がいまして、「宇迦御魂命」というのですな。
つまり銭洗い弁天の祭神「宇賀福神」であると。ここで繋がった。
そして宇迦御魂命は農業、穀物の神様なので、同じ農業の神様であるお稲荷様と同一視され、稲荷神社と呼ばれている。
銭洗い弁天と似てますネ。本来の神様が隠れてしまっているのが不思議というか奇怪というか、面白いところだねぇ。


お、そろそろ酒屋も開いてそうだ。戻りましょう。

まだ、つづく
スポンサーサイト
2011.04.14.Thu 20:36 | 日記 | trackback(0) | comment(4)
<< 鎌倉にもいこう その5 | main | 鎌倉にもいこう その3 >>
こりゃもう「日記」ではなく「紀行」でジャンル分けした方が
良いのでは??
次回『酒屋編(笑)』、楽しみにしてます~♪
zumi URL #sGMdB/5k | 2011.04.14 21:09 | edit?
>zumiさん

どうも~
紀行というより奇行ですけどね~
RS URL #UwJ9cKX2 | 2011.04.15 20:44 | edit?
僕も2月の初めごろの連休の中日に鎌倉観光行ったの思い出した!
雪に降られて寒くて大変だったけど。
もしかしたらニアミスっすかね?
い~ちゃん URL #- | 2011.04.20 17:01 | edit?
>い~ちゃん

あらま、偶然ですネ。
お一人様?まさかお二人様?(キーッ)

自分が行った日はポカポカ陽気でしたので
残念ながらニアミスではないですねぇ。
RS URL #UwJ9cKX2 | 2011.04.20 20:50 | edit?




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/1001-6ff46e4a






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。