だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
神保町で本を物色していたら夕方になってしまった。さてこれからどうしようかな?
行ってみたいお店がたくさんあるはずなのだが、いざとなると思い出せない。きっと方向音痴だから場所として覚えてないのだろうなぁ。
えーと、またベルクにでも行こうかな。新宿線に乗って行けるし。
と、電車に乗ったところでピーンときた。そうだそうだ新宿の日本酒が飲めるあの店に行こう。
目指すは新宿三丁目!

…巣鴨まで来て、自分が都営新宿線ではなく都営三田線に乗っていることに気づく。あれぇ?
引き返して乗りなおし、新宿三丁目に到着。はぁ、疲れた。
お店は花園神社の隣と覚えている。神社は駅の近くだよね…

案の定迷う。駅から徒歩3分なのに30分は彷徨う。新宿はホント苦手だ。
それでもなんとか花園神社にたどり着き、まずは参拝。雰囲気のある神社ですね。

お店にたどり着けるのか不安というか、このままあきらめて帰りそうな予感100%だったが、
案外簡単に見つかった。たしかに神社の隣のビルだった。
新宿5丁目交差点、世界の山ちゃん靖国通り店のあるビルの地下1階である。

日本酒スタンド もと

「もと」は生もとの「もと」。ホントは漢字だが出せませぬ。

立ち飲みコの字カウンターの小さなお店。
しかし流石にオサレな空間です。先客が沢山いて入るのに躊躇したが、苦労して辿りついたので思い切ってみる。
マスターらしき男性がにこやかに対応してくれる。
空いてるスペースにそそくさと体を入れて、早速日本酒のメニューを見る。こだわりのありそうな品揃えだな。
だけンども小サイズで400円程度から呑める敷居の低さが嬉しいな。

花陽浴を小サイズで頼んでみる。純米吟醸で生だったか原酒だったか?あまり覚えていないが、華やかさと穏やかさを兼ね備えていて美味し。

お通しの漬物をポリポリ、花陽浴をチビチビやりながら、次を考える。
おつまみも1品ぐらい頼んでおこうか…じゃあポテサラを。

その間に2杯目は而今 純米吟醸 無濾過生原酒…だったかな。八反錦の。
而今は超有名な酒だけど初めて飲むなぁ。有名だから避けてたンだよね。アマノジャクだから。
ふむふむ、こういう酒か。うん、流石に美味しい。

しかしポテサラ来ないなぁ。満員の店内、おつまみもひっきりなしに注文される状態。だがどこもなかなか出てこないみたいだ。厨房の様子は見えないが一人で調理しているようね。
そのうち「かなり時間がかかってしまうのですが」と一言添えるようになってきた。食べ物系も充実しているようだが出てくるのが遅いのじゃ困るね。ポテサラ頼まないほうがよかったかなぁ。

お、やっとポテサラが出てきた。
ほっこり温かくほんのりと甘い。美味しいじゃないか。
機嫌がなおっても、よしじゃあ最後の1杯は大サイズで阿部勘にしてみよう。



あらま、濁ってる。メニューにおりがらみとか薄にごりと書かれていただろうか?覚えがない。濁りはあまり得意ではないので書かれていたら頼まないと思うのだが…まぁ、同じ蔵の酒でもいろんな種類があるからメニューをそのたびに書き換えているわけにもいかないのだろう。

結構呑みやすかった。あはは。

お勘定は2000円ぐらい。いいですね。
もっと空いている時に来て、色々試してみたいな。

店を出るときに店主?の男性が見送ってくれたのが好印象。
それが最後の一杯みたいなもので気持ちがほっこりしましたヨ。
スポンサーサイト
2011.11.10.Thu 21:01 | お酒 | trackback(0) | comment(0)
<< 新宿BERG その2 | main | 立ち飲みカドクラ@上野 >>




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/1045-13f7360a






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。