だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
おそらく日本最大級のビールイベント「ジャパン・ビアフェスティバル2011(恵比寿)」に参加してみた。
(※6月頃のお話です)
ビールは量が呑めないのだが2月のリアルエールフェスが予想外に良かったので、味をしめてということだ。
ちなみにこのイベント東京、大阪、名古屋に横浜と時期を変えてやるのだ。自分が行ったのは東京・恵比寿の回。
恵比寿でビールといえばガーデンプレイスが会場。
何年ぶりかな?見事に迷う。駅から1本道なのに変なところに出てしまって…ようやくたどり着いたガーデンプレイス。その奥地、ショッピングモールを抜けたところの建物。看板でも出てるかとおもいきや何も無かった。
受付けの後、階段で2階へ。帰りに足を滑らせないようにしないとな。。。

大きなホールがテイスティング会場で、手前のスペースが食事のできる場所(立食)。食事は有料で用意されており、当然持ち込み禁止。でも混雑して買えないのも困るので酔止用にチーズと水を買ってゆきました。ちなみに水はグラス洗浄用のものが用意されていたけど、呑むためのものはなかった…かな?

では行きましょう。

1杯目。いわて蔵ビールのペールエール…だったと思うがリスト見るとIPAになってるなぁ。そんな濃かったろうか?すっきりとした感じだったが…。ま、かけつけでグビグビ。


試飲のプスチックグラスはこンな感じ。
試飲は1回50cc(ただし回数無制限)というのだが、それでも2,3口飲めるぐらいあって、よく冷えてもいるので結構腹に来るのであった。

2杯目。田沢湖ビールのケルシュ。えーとケルシュってどういうのだっけなぁ…名前だけは記憶があるけど、どういう特徴かまでは記憶に無い。私の知識、そんな程度です。
黄金色で軽めで普通のビールっぽいかな。いやそれよりも爽やかに甘い気もする。呑みやすいぞ。
呑みやすいが…2杯目にして満腹感が…き、厳しい。
(ケルシュ:ドイツのケルンで造られるビールで、上面発酵しながら下面発酵なみの低温熟成をするとのこと。)

3杯目。シャトーカミヤのウィートエール。リストみるとアメリカン酵母入りウィートエールとある。なんのこっちゃ?よくわからないけど酵母入りってことで少し濁っている。柔らかな甘い香りと味わいで、苦味があまり無い。前の2つと違いがあっていいアクセントだな。こういうの好きだ。
カミヤってあの電気ブランのカミヤですね。

4杯目。箕面ビールのスタウト。えーっと黒いビールですな。流石にこってりとして香ばしい。こういうのはゆったりと呑むべきだなー。

5杯目。梅錦ビールのボック。梅錦というと日本酒ですな。日本酒の蔵も結構ビール造ってるンだよねぇ。ボックというスタイル名に覚えがあったので頼んでみたが、黒いビールだった。内容までは覚えてないのである。アルコールを強化したラガータイプを言うみたいね。だから黒に限らないみたい。リストにもフォーリンスタウトってあるし。
呑むとあらまァ、さっきの箕面のスタウトよりさっぱりしてる。酸味がある感じ。度数高くてもサクサクいけそうな。

6杯目。穂高地ビールのケルシュ。あ、またケルシュだった。無計画に呑んでます。バナナのような風味がありますね。ふわり甘くて飲みやすい。これは好きだな。

7杯目。いやーもう結構つらいっす。フツーな感じのものより甘目のフルーツビール?がいいかなーと思っていたら、以前別の試飲会でも飲んだことのあるシェッファーホッファーのグレープフルーツビールを見つけた。
うーん、すっきりさわやかな甘さ。美味しい~。でもビールっぽさはほとんどないよねコレ。

8杯目。厚木ビール丹沢のしずくのハイゲートビター。ええとスタイルはエクストラスペシャルビター?…なんだかわからん。えーと…記憶に無い。ビターだったのでしょう。

9杯目。南信州ビールのアップルホップ。リンゴの香りがいいなぁ。スマートな甘さにホッとする。

10杯目。呉ビール海軍さんの麦酒からバーレーワイン。これ呑んでみたかったンだ。ワインのような香りのするビールということで大麦のワイン、バーレーワインという。
すごく特徴的な香りと味わい。味噌…味噌飴ってあるけどアレっぽいかな。熟成感にまったりとした甘さと酸味がまじりあう。面白い!

11杯目。スワンレイクのポーター。スワンレイクのコーナーを眺めていたらドン小西みたいなオジサン(客)に「アレ、美味いよ、最高!」と指差されたのがこれだった。バーレーワインの後だったからラガーでも呑もうと思っていたのだが。こってりポーターか。
と思いきや、これが案外とすっきりと飲みやすい。ほどよく酸味がある感じか。ドンいわく呑み飽きない、とはその通りだと思った。
(後から考えるに濃厚なバーレーワインの後って点もあったのかもしれないけどね)。

12杯目。宮崎ひでじビールの花のホワイト・ヴァイス。ペルジャンホワイトスタイルってことだが、ヒューガルデン・ホワイトと同じってことなのかしら。非常に優しい香りと飲み口。この段階でこの味わい、癒される。

13杯目。舞浜の地ビール、ハーヴェスト・ムーン。イクスピアリの中で造っているらしい。へぇ。ここにもバーレー・ワインがあった(表記はバーリー・ワイン)。
おおお、見た目は普通のビール風に黄金色だわ。味や風味も…普通のビール寄りにさっぱりしていて、その中にバーレー独特の熟成した香りがある。物足りないともいえるし、入門編としてよさげな気もするし、バーレーとしてはむしろ個性的なのかも?

14杯目。ううう、もうダメっぽいです。気持ち悪くなってきた。30ぐらいは呑む気だったが…ここで退くのが後に残さない分かれ目だろう。
最後に珍しいものを、と考えてパレスチナのタイベビールからゴールデンをもらう。うん、すっきりしたビール。美味しい。


大盛況ではあったがリアルエールフェスみたいにすれ違うのも大変なんてことはなかった。会場が大きいからだろうね。ネットで見かけるビア・フェスの写真はイモ洗い状態なので覚悟していただけに良かった。混雑は入り口側が強く奥のほうは割合空いていた。また時折行列ができるけど捌かれるのも早いので並ぶより他に行ってほとぼりが醒めたら戻ってくるほうがいいみたいだ。

それにしても…いや予想通りだったけど、呑めないねぇ。
最低でも20種類は行きたかったがなぁ。まぁペースが早すぎるのだろうな。お一人様で行くので間が持たねぇンだな。特にビールイベントはグループでワイワイが多いからなぁ。このへん日本酒はヒトリが多いので気楽である(ワインもグループが多い)。
次回は行くかな?4500円はもう少し呑めないと割高ではある。

birfes2011_02.jpg
birfes2011_03.jpg
birfes2011_04.jpg
どれがどれだかもうわからないので羅列。一杯はたいした量じゃないのだがなー。
スポンサーサイト
2012.02.02.Thu 20:31 | お酒 | trackback(0) | comment(4)
<< 大山 封印酒 純米吟醸 | main | だめじゃのう >>
同じく炭酸苦手な私、ビール自体は好きなので一度
ビアフェスに行ってみたいのですが・・・
参加費のモトは取れないのは確実っぽいですね~(^^;)
入場時に【時間内飲み放題】と【各ブース別支払い】など
選べれば良いのですが(^^;)
zumi URL #sGMdB/5k | 2012.02.03 23:38 | edit?
>zumiさん

あぁ、個別に支払えるのはいいかもですね。
現にチケット制のビールイベントも過去ありました。
しかしビール呑む人はびっくりするほど呑むんで呑み放題キツくないのでしょうねぇ。
RS URL #UwJ9cKX2 | 2012.02.04 22:18 | edit?
こんばんは!
一杯50ml。されど10杯で500mlなので、
そりゃ30杯は無理でしょう。そんなのは、つねに
ビールを1リットルくらいは飲んでいる人でないと。
初めの一杯は飲むけれど、あとは……という人向きではないのでしょう。

いろんなビールが飲めてうらやましいのですが、
4500円ってどうなんでしょうね?
生中≒500円が9杯は飲める値段ですものね……
只野乙山 URL #- | 2012.02.07 23:26 | edit?
>只野乙山さん

ですよね~。
でも色んなビールが呑めるのはとても楽しいのです。
もう少し安いといいのになぁ。
RS URL #UwJ9cKX2 | 2012.02.08 19:22 | edit?




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/1068-1ef3f441






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。