だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
例年5月に開かれる「長野の酒メッセin東京」だが震災の影響から2ヶ月遅れでの開催となった。
会場もこれまでと変わって品川のグランドプリンスホテル高輪である。

仕事を終えて電車に飛び乗り品川に無事到着。車中、地図を忘れたことに気づくが、プリンスホテルちゅうたらランドマークだろうから大丈夫だろう。
と思ったのは大甘だった。プリンスホテルって名前がつくのがやたらとあるンだよ。「グランドプリンスホテル高輪」というホテル名もうろおぼえで…。品川という街がまた坂道ばかりで散々歩き回って汗だらだら。セレブな街並みにも心落ち着かず、小1時間彷徨った結果生きた屍状態。
もうダメ。あきらめる。

だけど呑む気は消えない。いや呑まずに帰ったら本当に負け犬だ!
自分を鼓舞しつつ新橋に移動。そこには信州おさけ村があるじゃないか。プチ長野の酒メッセだ。

と駅前ビルに入ったら、浜松町の名酒センターの支店を発見。
あぁ、そういえば出来てたンだっけ。先にこちらで飲もう。

鳳鳴、巌流小次郎、旭蔵舞と呑む。
鳳鳴はこんな味だったかな?ちょっと強い。小次郎は名酒センターのオリジナルらしく、東京の田村酒造のもの。黄金色でふっくら。
旭蔵舞は店のオニイサンによると好適米を使わない酒で独特な味わいとのこと。興味を感じて呑んでみたが確かに変わってるかな。白ワインを思い浮かべる爽やかさと香り、重すぎず軽すぎずな飲み口に、後口はすっきり。
以上でお代900円也。
ここもいいね。難を言えば夕方からの営業なので昼ノミストの自分はお酒村に流れてしまうわ。でもまた機会があれば再訪しよう。

続けて信州おさけ村に移動。
店の人に迷子でメッセにいけなかったと愚痴っみると「あ~そうですか~」と軽くかわされた。ちっ。
ええーと、なンだか日本酒は疲れたな。ビールにしてみるか。
木曽路ビールのペールエール。フルーティかつすっきり、あぁ、うめぇ。
それでは日本酒に。生もとのくろさわにしよう。チーズも頼んでみる。ふむ生もとだけど飲みやすい…などと考えているうちに急激に酔いがまわってくる。立て続けに呑みすぎたか?お土産に木曽路ビールを2本買って退散。
sinsyuu05.jpg
sinsyuu06.jpg

さて帰りましょうかね。
駅に向かっていったところで「立ち飲み吟」発見。そうだそうだ、ここにあったんだっけ。八丁堀の店は行ったことがあるがここは未訪でしたね。うーん。もうあまり呑めないけど混んでなかったら軽く…空いてますね。じゃあ1杯だけ。軽くビール…あ、神亀発見。これください。それから煮物も。
神亀は味わいしっかりしてるけどスッキリしてるのだよなぁ。この状態でも美味しく呑める。煮物も美味しい。
gin_sinbasi_01.jpg
すんなり胃袋に収まったけれどこれ以上は危険そうなのでお開きする。

メッセには行けなかったけれど、ま、楽しめたからよかったかな。
スポンサーサイト
2012.02.23.Thu 20:18 | お酒 | trackback(0) | comment(0)
<< 木陰の魚 | main | ストラップ >>




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/1075-531bd683






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。