だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
1ヶ月ぐらい前のハナシだけど勘弁してくんろ。
亀有にあるホワイト餃子に行ってきましたとさ。

ホワイト餃子といえば、独特な餃子を出すことで有名なお店である。
関東のアチコチにありますな。
亀有店は2、3年前にオープンした…のかな?電車に乗っていると大きな看板が目立つのだけど実際に食べに行ったのは今年になってからだったような。

亀有駅北口を出たら綾瀬方面に高架に沿って進むとあります。結構歩く。
休日のお昼どき。行列ができる程ではないが、いつ来てもあらかた席が埋まっている。一人だと真ん中へんにあるカウンター席に通されることが多い。カウンターには枯れ木のモニュメントがどどーんと置かれており、田舎の成金みたいな風情が楽しめる。

さてこの日はあんまりお腹が空いていなかったので控えめに、餃子10個にごはん、漬物、味噌汁のセットにする。
餃子は10個が基本。追加は5個単位で可能。普段は15個食べるが、それだとかなりお腹がくちくなるのヨ。

ちょっと時間がかかります…ではその間にCMをどうぞ。



餃子が食べたくなるサブリミナルCM


キタキタコレコレコレナノヨ。
大きさは稲荷寿司のひとまわり小さいぐらいだから餃子としてはかなり大きい。
皮は焼きというより揚げられていて、しかも厚みがあるため固い。
この皮はフランスパンの生地だと聞いたことがある…亀有店の前にパン屋があるンだが関係あるのかなぁ…。

箸でバリッと穴を開けると湯気がボワッと出てくる。
中身の半分は空洞。揚げられて膨張しているのだね。
当然熱々なので一口で食べるのは危険極まりない行為である。かといって冷めるのを待つのは食欲が許さない。
そんな時は、いくつかまとめて穴を開けておくのがウマイやり方。直接穴に醤油を垂らして温度を下げるのもイイ。
なんて講釈をたれるまでもなく、人それぞれにワザを編み出していることであろう。人間対餃子のワザを尽くした真剣勝負なのだ。

ってアホなことを考えつつ、おくちに入れます。

パク……ウハッハフハフ…ウハヒ!ハヒハヒッ

あとは無心でガシガシ食う。
やっぱ餃子は腹一杯食ってこそシアワセなのだ。


んが、10個だと腹八分止まりで、イマイチ満たされない感じであった…
15個にしとけばよかった。
餃子のみ20個というコースも体験してみたいのだが、ご飯がどうしても外せないンだよねぇ~
それにしても、10個で350円(税別)は大きさからしても安いよねぇ。
ちっさなのが5つで500円なんてのもよくあるのだから庶民の味方だなと思う。
繰り返しになるけれど、餃子はタラフク食うのがシアワセ。高いとなかなかそんなことできないですから。
スポンサーサイト
2005.12.17.Sat 21:58 | お食事 | trackback(0) | comment(2)
<< のだめカンタービレ | main | ジブリがゲドを >>
ホワイト餃子@板橋(かな?
「愛の貧乏脱出大作戦」に出たダメらーめん屋をひやかしに行こうとしたら、閉まってて(本当にダメダメ
ムカツキながら帰る途中、一緒に行った先輩の勧めで食べた思い出の餃子w
安くて美味い 変な形 変な名前 記憶に残りますねぇ
家から近くにあるのは羨ましいな~ 通いたいです。
Canchome URL #39iu35sc | 2005.12.18 19:27 | edit?
近いけど通ってはいないなぁ。
3回ぐらいしか入ってないし。
ちょっと入りづらい所もあんですよねぇ。
RS URL #jVHjcq8A | 2005.12.18 23:19 | edit?




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/109-e069f7af






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。