だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
2011/11
sake183.jpg
会州一 純米酒 山口合名会社 アルコール15度 60%精米

福島の酒です。イベントにて購入。かなり小さな蔵と聞いた覚えが。

香りはまろやかでリンゴのような透明感のある甘さを感じる。ガツンとくるタイプではなく、吟醸ぷんぷんでもない、こういうのって麹の香りなのか、米なのか未だにわからないなぁ…

ほんのひとしずく口にいれ舌の上を滑らせる。甘い…かと思いきや意外と強い刺激があって、流れ落ちた後口もほとんど甘さを感じない。辛口?

ちびりと呑む。含んだときにふわりと甘い香りを伴うが、すぐに消えて、非常にスッキリとして瑞々しい味わいが支配的になる。はっきりとした辛口だなぁ。当然?キレもよくて融けてなくなる感覚。新潟の酒みたいだなぁ。すっきりとしすぎているところもあるけれど、含み香や苦味がほのかに漂ってきてなんともいえぬ満足感がある。

しかし試飲したときはもっとわかりやすい純米酒だった気がしますけどね…気温的に冷酒に近いからかな。開栓直後というのもあるかな?時間の変化や燗したらどうなるか…。

ちょっと一日置いて(というか外で呑んできてこちらを呑めず)

3日目。酸味が強くなってきたカナ。でも流麗さは変わらない。
燗してみましょうね。
まずはほんのりとぬる燗。まったりとするが味わいは変わらずのモノクロ感。
上燗。お、瑞々しさそのままの綺麗な香りが立ってきましたな。乳ぽくなって全体にまろやかさが出てくるけど甘いというほどではないねぇ。
熱燗。熱で口中や喉元がカーッとなり、その後からなんともほのかで優しい甘味がのぼってくる。あ、これいいな。ぐいぐい進みます。

4日目。なんだか随分と味が濃くなってきた。口当たりの瑞々しさとキレはそのままですね。
半合もなかったのであっとい間。んーもう少し残しておけばよかったのかしら。
やっぱり4合瓶だと3日ぐらいで終わりますね。変化を楽しむには1升なんだろうなぁ…
スポンサーサイト
2012.10.18.Thu 00:06 | お酒 | trackback(0) | comment(2)
<< 全国地酒祭り in 日本橋 | main | 清龍酒造まつり2011 >>
思い立ったが吉日、是非一升瓶デビューを!
コスパ的にも勿論、「飲んでも飲んでもまだ残っている」安心感は捨てがたいです(笑)
私は冷蔵保存派なので開封後1~2週ではそうそう派手な味の変化はありませんが、
逆に同じような状態の酒を何度も飲んで特長を覚えたり
(記憶力が無いので実際には中々覚えられないのですが(^^;)
合わせるアテの食材や調理法を変えて相性をみたり・・・
まぁ保存の場所をかなりとるのと今回のような美味しいお酒に当たればともかく
イマイチ自分好みから外れたものをつかんでしまう危険性がネックと言えば
ネックでしょうか(^^;)
zumi URL #sGMdB/5k | 2012.10.18 01:02 | edit?
>zumiさん

わははは
「飲んでも飲んでもまだ残っている」安心感
ですか!

好みから外れたときは確かに困りますけどね、
でもメリットの方が大きい感じですねぇ。
RS URL #UwJ9cKX2 | 2012.10.18 22:25 | edit?




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/1124-7213c0f6






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。