だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
2012/1

初詣に行きました。もう1月も1週間過ぎましたが…
というか1年過ぎてこの記事UPしてますが…ま、気にするな。

恒例の神田明神と湯島天神へ行きます。
先に神保町に寄り東京堂で本を購入。書店クジが200円当たっていたので使ってみました。また酒の本を買ってしまったなぁ。
坂を登って聖橋を渡り神田明神へ。新年最初の日曜日ということでなかなかの人出。しばらく並んだ上でお参り。お守りを一つ買う。お正月価格の甘酒は裏手から出てしまったので呑まず。
そのまま湯島天神に向かいます。こちらも大勢の参拝客。受験組ですかね。出店があるので明神様とはまた違った賑わいの雰囲気。
男坂を降りて湯島聖天にも参拝。池にかかる橋が綺麗になっていたような?

さて春日通りに出まして東京ドームを目指して歩きます。
距離はたいしたことないのだけどここまで坂道が多くて足に来る。普段歩かないからねぇ。
本郷三丁目の交差点をわたる時、何か神社仏閣の参道的な、提灯が飾られた門を発見しました。
あれはなんだ?とづくと「本郷薬師」と扁額?にあるのが読める。へぇ、こんなところに。
門を潜ってみると目の前にあるのは参道どころか単なるビルの裏手の日の当たらない道。
な、なんだこれ?肝心の薬師は…まさかあの正面にある小さなお堂?
近づいてみるとまさにそのとおりでした。説明板によると元々はお寺があったのだが移転してしまい、お堂だけ残ったらしい。縁日が大変賑わったとも書かれているが今でも開かれているのかね?立派な山門?とのギャップが不思議な空間でした。

お堂の先に進むと桜木神社。昨年だったか春日通を歩いていて見つけたが通りの反対側だったのでお参りしていなかったのだった。通りから見ると古色蒼然として立派だが裏手から周ってみると割りと田舎っぽい、いい感じにほったらかされたような雰囲気の社だった。鶏?が飼われているのも田舎っぽい。イワレの案内板が見当たらないところもなんだかいい感じだ。帰宅後調べると北野天満宮から勧請されたものらしい。じゃあ湯島天神と同じだね。ついでいうと本郷薬師同様に真光寺境内にあったものらしい。へぇ。

とまあ手前勝手な神社仏閣めぐり記事をUPしましたが次回は酒モノになります。
スポンサーサイト
2012.11.05.Mon 20:14 | 日記 | trackback(0) | comment(0)
<< ふるさと祭り東京2012 | main | 真澄 あらばしり >>




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/1131-4f2d466b






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。