だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
2011/11
立ち呑みの日 その4

徳多和良→南蛮渡来とハシゴして、最後にボケロンにやってきました。南蛮渡来から数歩です。

こちらも立ち呑みの日イベントの参加店ですが、これまでに何度も訪れている気持ちのいいお店です。

マンサニージャにオムレツを頼みます。

後からきたお客さんがイベント参加者でチケットを使っていました。
するとマスター曰く「初めてきた」。

ええー

千住地区ではイマイチ盛り上がってないそうです。天気もあるでしょうけどねえ。
前売りチケットも全然売れなかったらしいし…もう来年はやめるって、いやいや参加してほしいけどナア。

イベント協賛の某ビール会社の意向か、アップルワインを強制的?に置かれているとのこと。
ソーダ割りにしてもらったけど甘くて美味しかったですけどね。


店の和やかな雰囲気に浸りつつ、バックバーのボトルを眺めるのはなンともいえない至福の時。
マスターの遊びなのか、面白い酒が置かれていることも多い。このときもそうで、目に飛び込んできた「ドクロのラベル」。

あれっ、まさか?

ラッテリソッチラ!

漫画BARレモン・ハートのファンならきっと強烈に覚えているであろう「幻の酒」(コミック13巻)
イタリアのリキュールで意味は「継母のオッパイ」。名前の割りにラベルには海賊みたいなドクロの絵が描かれたおどろおどろしいもの。なにせ度数は75度!だからなのです。

漫画では手に入らない酒と描かれていましたが、最近はそうでもないのだそうです。

もちろん呑みます。お水を横においてストレート。

甘っ!いかにもリキュール的な、クスリくさい不思議な風味がありますが基本的に甘くて案外呑み易いです。
さすがに75度はすごいですけどね。呑めないわけじゃない。こうしてしっかり水も呑めば問題なし。

何口目かをうっかり「喉で呑んでしまう」と、思いっきり咽る。
そして喉が…喉が焼ける…

ひいぃぃぃ

翌日も喉が痛かったですね。おお怖。
でも楽しかった。


ということで立ち呑みの日イベント終了。早めの時間で自分は帰ってしまったのでその後は盛り上がったのかもしれません。また2012年も開催されるらしいので千住もがんばって盛り上げて欲しいですなあ。
スポンサーサイト
2012.09.19.Wed 19:40 | お酒 | trackback(0) | comment(0)
<< 甲子正宗 辛口本醸造 | main | 南蛮渡来(第2回 立ち飲みの日 その3) >>




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/1176-0e682bde






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。