だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
2012/11


太平山 純米秋田生もと

秋田県の小玉醸造のつくり。モンドセレクション2011世界最高金賞受賞とある。

「秋田県産の酒造好適米・美山錦を使用し、純粋な清酒酵母を当社独自の伝統的な秋田流生もとで育成した純米酒です。秋田生もとは太平山の蔵元で開発されました。がんこ者が手間をかけて通のためにつくったとびきりの酒です。秋田生もとは太平山の「こころ」です。」

原料米 美山錦100% 精米歩合59% アルコール度数15度
日本酒度+2.0 酸度1.7 アミノ酸度1.5 酵母1701号 杜氏猿田修(山内杜氏)

マルイの対面販売にて。
色は透明。アルコール感が強めの香り。
呑み口は乳酸ぽくまろやかで甘いかな、と思うのだけどスッと消えて辛いとも甘いともいえないニュートラルな…つまり味の無い水のような状態。ピリッとした刺激があって、最後はスパッと切れまする。

んー。開栓直後だからですかね?

あ、30分もしたら結構よくなってきました。
米の味わいが出てきたような。香ばしさがわずかに顔を出してきたし、全体にまろやかで綺麗な甘味がいきわたってきてます。
美味しくなってきたぞ。


2日目
アルコール感は消え、どっしりした甘い香りがします。いまだわからないが麹の香りなのかしら。凝縮したどしっとした甘さなんだけど塩気があって嗅いでいるとヨダレが出てきます。
うーん。味噌や醤油に近いのかなあ。やはり麹ということになるのか。それとも発酵した香りなのでしょうか。
だけどその中にも爽やかな水を感じさせる透明感のある甘い香り、それから米、穀物の香ばしさがある。
昨日より味も出ている…だけど乳酸ぽさが無くなっている気がします。だから全体昨日より甘くなく、しかし味わいがゆきわたって、昨日のような薄さがない。はっきりと辛口と感じるけどピリピリせず、旨みの芯があって穏やかにゆるやかに腰を落ち着けて呑めますね。

3日目
ん?ちょっとアルコール感の香り。
呑むと少しとろみとした甘味。さっと消えてキリリと苦味。あれぇ初日に近いなぁ?
体調?だとしたら、まぁアテにならない舌でごんす(>_<)

4日目は外で呑んだのでパス

5日目
また香りは澄んだ感じになりました…。
隅々まで味がいきわたった感じがして呑み応えがあります。キレは相変わらずで後に残るほんのりと苦味がシブイ。

しっかり味わった感じのお酒でした。
スポンサーサイト
2013.12.18.Wed 22:55 | お酒 | trackback(0) | comment(0)
<< HUB@北千住その2 | main | おさけ村から馬力 >>




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/1228-e582fa36






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。