だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
2013/4

秀峰 喜久盛(喜は七三つ)本醸造

信州銘醸株式会社
麹米59% 掛米59% 仕込水 依田川伏流水 製麹法 床麹
もとの種類 速醸 平均粕歩合 30~35% 酸度1.3-1.4

「酒造好適米長野米産美山錦100%を使用して厳寒期を選んで仕込まれたスッキリとした芳醇な味と香りの調和のとれたうま口酒です。」

冷 常温 ぬる あつ ぬるが二重丸

燗酒コンテスト 第4回の最高金賞。売り子のお姉さんいわく冷で呑んで美味しい酒はぬる燗によく、冷でいまいちだと熱燗で変わるそうな。これは前者ということになります。

上立ちは弱め。透明感のある果実、いやでも穀物の香ばしさ、醤油や味噌のような塩気がありますかね。

口に含む。柔らかい甘味、甘酒みたいな…麹の香りかな?優しい甘さ。それからヨーグルトのような乳酸のまろやかな香りが広がります。だんだんとじわーっと苦味が包み込んできて、最後にピリピリと刺激がありつつ、結構カッチリとした苦味が余韻に。でもキレは良くてべたつかない。
うん。これは好きですね。冷で最後までいけそう。

でもせっかくなので燗つけますよ。

ぬるぬる燗
香りがネットリするなぁ。味わいはかなりすっきり。すーっと消えます。
でも平板というわけじゃなくって、なにかふくらみを残している感じ。

熱燗
さらにすっきりしますね。

燗冷まし
冷ますと味がぎゅっと凝縮した感じ、しかもすっきりも残っている。あ、これが一番好き。

どの温度でも美味しい酒でした。
スポンサーサイト
2014.02.20.Thu 20:24 | お酒 | trackback(0) | comment(0)
<< 久々の綾瀬大松 | main | 梅一輪 本醸造 >>




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/1285-a70c1db4






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。