だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
2014/02
24時間営業しているという上野の釧路別館へ初入店。
当然明るいうちから呑めるわけですね。
うはっ店員完全中華の方々。あちらの会話は喧嘩してるみたいで落ち着きませんなぁ…
ところが一方でまっ昼間から酒盛りするサラリーマンたちにはそんなの関係なし。
完全にアウェーなワタクシは生ビール頼むので精一杯であります。

接客の子はさすがに言葉わかるみたいでちょっと安心。
生をおかわりするタイミングで玉子焼きを頼みます。なぜか玉子焼きの種類が多いです。
待っている間あれこれ考えます。材料大丈夫かなぁ、とか、安いけどいまどき他でも似たような値段の店あるよなぁ、とか。
弱気です(~_~;)
やっぱり落ち着かないんですね。しかしこの雑然とした落ち着かなさはアジア的かもなあとも。将来の日本はこういう風になっていくのかもしれない。今の内に慣れるべきか…

出来立て玉子焼きが普通に美味しゅうございました。
kusirobekkan1.jpg
kusirobekkan2.jpg
結局これで締めて、肉の大山へ。
中生、やみつきメンチ。間違いない旨さ。
チキンカツとバイス。あれ?バイス中外別方式なんだ!と驚きましたが、前にも呑んだ事あったかもしれません。
中おかわりしてコロッケ追加。揚げ物万歳。ついでに熱燗もできるんだ…と前客で知る。
ooyama09.jpg

しっかり酔ったので帰宅。のはずが駅で「のもの」に入りきき酒セットを頼みます。あーこりゃダメな展開だ。
この日は茨城のお酒でした。友寿純吟五百万石、嫁入り舟本醸造、副将軍本醸造。
後の2つは香り少ない。最初のも軽めの香り。副将軍は軽やかだがすっきりとは違うモノラルな日常酒。嫁入り舟は香り軽やかだが味わいはよりがっちり。友寿は華やか目だが落ち着きがあるかな。

呑みすぎた…と亀有に到着。気づくと江戸っ子の開店時間ですね。気づいちゃいましたからには酔ってこう。いや寄ってこう。
開店直後の一次ピークで満員です。早めに無くなるタンをタレで。それにボール。タン刺しはもう売り切れだそうな。
肝臓のためにレバータレ半焼きを食べて本日終了。

帰って爆睡でした。
スポンサーサイト
2014.11.24.Mon 09:45 | お酒 | trackback(0) | comment(0)
<< シロコロシロコロ | main | 久しぶり >>




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/1355-6b813da3






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。