だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
2014/05
地酒蔵元会の展示利酒会 2014
今年も参加です。場所が赤坂のANAインターコンチネンタルホテルに変更になりました。
乗り換えが結構面倒っす。

さて入場料は1500円。安いですねえ。事前登録するとお土産ももらえます。
入り口には時期的に夏酒のコーナーがありました。低アルコールの泡ものはすっきりして美味しい。他はうーむどうかな。

昨年と参加する蔵は変わってないと思いますので、おそらく呑んだことのあるはずですが…すぐ忘れるので初めて感満載で試飲してゆきます。

まず妙高山。端麗辛口なイメージのある新潟の酒はあまり飲みませんね。でもこれはしっかり味があり、そのうえ口当りやわらかでキレもいい。好みですね。やはり軟水を使っているみたい。本醸造はIWC2012、2014の本醸造部門で1位とか。安旨酒いいですね。

広島の酔心。ここも軟水。商品名にはっきりアピールしていいね。

神鷹。これは去年ここで呑んですごく旨かった。うん、やっぱり旨い。まさに旨味酒。

神聖。京都の山本本家の銘酒。表千家御用達というお酒をいただく。お茶席を邪魔しないすっきりした仕上がりだそうな。へえー。京都は女酒で軟水なのでこれまた好みの系統です。

宮の雪。ご存知キンミヤの蔵。これ美味しいんだよねー。すでに旨いことは知っているけどついフラフラと。
勘兵衛というのがあって由来を聞いたら主催の國分の社長さんの名前という。つまりPB。ちなみに勘兵衛というのは代々引き継がれるという。へええ。

菊水はスマートパウチなるものを。シャンプーの詰め替え袋みたいなやつで、蛇口がついてます。ここのメーカーは色々考えてきますね。1.5リットルいり。瓶にくらべりゃ遥かに扱いやすいけれど劣化とかは大丈夫なのかな。

春鶯囀 しゅんのうてんと読む。山梨の萬屋醸造店の銘酒。
与謝野晶子が蔵に泊まった際に詠んだ歌から来ているそうな。これも柔らかく飲みあきしないお酒ですな。

嘉泉・東京の田村酒造場。飲んだことあるけどここもつい寄ってしまう。口当たりよくしっかりした味わい。白麹を使ったお酒はクエン酸が高くすっぱめ。酸が高くなるってのはどんな作用でなるのかしらね?

ここの会はラインナップが渋いし、さほど混まないのでいいですよ。
スポンサーサイト
2014.12.22.Mon 20:42 | お酒 | trackback(0) | comment(0)
<< 金鵄正宗 純米生原酒 | main | 亀有で呑み >>




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/1373-119650d7






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。