だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
昨年大いに楽しませてくれたKWEENのLIVEに、今年も行ってまいりました。
場所は川崎クラブチッタ、時はフレディの命日に寄せた11/25、日曜日でございます。

KWEENとはQUEENのトリビュートバンドで、こんなフレディが歌っているのさ→去年の記事

会場入りはまだ早い時間だったから客はまばら。さくっと自席を確認。
ほぼ中段列の端っこ。去年は最後列だったので随分な出世である。端っこっつうのも◎。オクテなボクにはこのぐらいが丁度よい。
とはいえ久々のLIVE。緊張する。そんなわけで酒に逃げる。入場時に100円引きで買えるハイネケンを飲み干し、自販機でもう1本購入。ぐびぐび。


チッタ名物星型照明。そういや開始前のせり上がる照明が凄かったな。
今年のテーマは「KWEEN Live in Japan 2007 "FLASH!"」である。
てことはLIVE KILLERSあたりからTHE GAMEらへん、GREATEST HITSに出てくるような曲が中心なんだろうか。80年代初期かねぇ。
そういえば開場時のSEが80年ぽい曲ばかりだった気がする(といってもVAN HALENのJUMP以外まるでわからんかったけど)。

2本目を半ば空けたところで開演時刻の17:30。周囲もほぼ埋まり、なぜか一安心。昨年同様に老若男女入り乱れての客層、一人客も意外に多いのがまた一安心。あ、そうそう若いカップルは少ないのがこれまたイイねぇ。
ちなみに全体の入りは去年より少なかったように見えました。不況だからか。円高ドル安原油高の波がここにも!(違)

いよいよ開演。いきなりIt's A Beautiful Dayの本物が流れ、80年代を意識していたので拍子抜けする。ただLIVE終盤でI Was Born To Love Youを歌ってもいるので80年には固執してないンでしょう。ていうか固執しているのは自分デスカ。
実質的なトップナンバーはWe Will Rock YouのLIVEバージョン。いきなりドカーンと盛り上がるかと思いきや今年のお客さんはやや乗りが悪い?いやきっと去年が凄すぎたんだろう。今日のお客さん、もちろん白けているわけじゃなくってマイペースで楽しんでいる人が多かったンだと思う。とりわけ自分の周辺には。
それにこのぐらいのノリの方が実は気が楽だったりする。昨年よりずっと前に来たからには、ものすごいノリに気圧されるかもと半ば戦々恐々としていたからね。さて自分もマイペースでいきましょう。

この頃はリズムに自然に体が動くようになったなー。
ロックンロールの揺れに同調するとものすごく気持ちがいい。
まぁ、ハタから見ると小刻みに震えているオッサンにしか見えんのだろうけど。目指せヘッドバンキング、である。
腕はあんまり振り上げられなかったな。次回への課題ということで。

さて中段という位置は、やはりびっくりするほどステージが近い。
おかげさんでフレディの胸毛や親近感ありまくりの腹や頭頂部が見える見える見える。例によってこの強烈なキャラクターのフレディ氏はバンドのコミカルな部分を一手に引き受けている。随所で観客の笑い声が入るLIVEなんですぜ。驚くよね。でもそんなところが大好きだ!もちろん決めるところは決める。あんな体して(←失礼)、フレディの半身を後ろにそらして腕を上げるポーズをしたときの格好よさといったら、もう。

自席はステージに向かって右手だったのでブライアンの立ち位置が最も近くなるからギタープレイをよく観察できた。
楽器への興味は最近高まる一方なのよ。まるで弾けないから長い間感心が無かったンだよね。ボーカル以外のパートはつまんないと思っていた。それが最近は随分変わったよなぁ。ギター・ソロとかドラム・ソロのストレートさが快感になっちゃったんだから。
それにしても魔法使いである。なんであんなことができるのだろうか。

LIVEは2時間ぐらいはやっていたのかな。ほぼノンストップである。
実際はいい年したオッサン達なので、このパワーには本当に頭が下がる。自分なら1曲で足腰フラフラだよ。あ、フレディは今年は足は攣らなかったみたいだな。ヨカッタヨカッタ。
パワーといえばパワフルなハードロックはノリが良くて楽しいものの、このフレディの声質、声量では物足りないのは否めない。だが逆にバラード系は相当イケている。昨年とても印象に残ったIs This The World We Createdは今回も実によかった。また久々に聞いた感じのSave Meもかなり良く、ホロっと涙が…いつかバラード系でまとめたKWEENのLIVEも聞いてみたいですな。

2回のアンコールを経て、定番のWe Are The Championsにて幕。
今回も出入り口にKWEENの面々が出張って挨拶&握手。ステージがはけて一直線なんだろう。このサービス精神は何度見ても恐るべしだ。自分はというと腰と足が疲労困憊状態だというのに。

いやはや、楽しかった。
素晴らしいステージをありがとう。また、来年も。サンキューグッナイ!
スポンサーサイト
2007.11.26.Mon 23:15 | 音楽 | trackback(1) | comment(3)
<< プロント@川崎 | main | 馬賊@上野 >>
今年もご来場ありがとうございました!
今年は声の調子がイマイチの中、2時間20分のステージは、お察しの通り大変でございました。
ステージがはけて一直線?その通りです。ステージ裏にある階段を一気に駆け上がり、2Fにあるクラブチッタの事務所の中を上半身裸のまんま駆け抜け(笑)、服を着ながら会談を降りて出入り口へ・・・44歳。まだまだがんばりますよ~。
来年も再来年も、ずーっと続けられたらいいなと思います。これからも応援して下さいね。
ありがとうございました!
Freddie Eto URL #V5a5OOF2 | 2007.11.27 00:26 | edit?
わっ、本人登場?!

フットワークいいですねぇ~

出入り口、ステージがはけたばかりなのにどうやって?
と思っていましたが…走ってましたか笑
そうそう、きちんと服も着ていましたよね。すごいなぁ。
最後の最後まで楽しませてくれるエンターテイメントぶりに
また来年もって気持ちにさせてくれます。

こちらこそありがとうございました。
RS URL #jVHjcq8A | 2007.11.27 23:42 | edit?
みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mipurofi/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。
みんな の プロフィール
URL #- | 2007.11.30 00:49 | edit?




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/413-558bf616
多くの皆様のご来場、本当にありがとうございました。正確なセットリストなど、オフィシャルな報告は、こちらをご覧下さい。http://blog.goo.ne.jp/kweenというわけで・・・このBLOGは、いつもの通りの裏ネタ集である。{/hiyo_shock1/}今回、本番1週間前に38.5℃の熱で寝込
ANNANの気まぐれ日記 | 2007.11.27 Tue 00:49



| ▲TOP |



free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。