だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
ブログにUPするのをうっかり忘れていたけど捨てるのもモッタイナイから書いちゃうよシリーズ。

今回は湯島の大至。うわー、去年の11月頃の話だよ~発酵させすぎだ自分。



さて、その日は実を言うと既に食事済みだった。
日本そばの大盛りを食べたのだが、しかし気持ちとして満たされなくて、しばし歩いて運動をしたところで連荘を決意したのだった。いつも失敗してるンだけどねぇー。
デ、アルラナラバ、シンプルなラーメンだろう。濃厚なものは無理でしょう。

そこで思い浮かんだのが大至だった。

場所は清水坂下、道路を挟んで天神屋の向かい。
正直、店構えはパッとしない。
赤と黒を基調とした「昔ながらの中華ぽい」面持ち。一見して新店とは思えない。
店内もイマドキとはかけ離れた、シンプルで質素な食堂風な造り。
うーん。
嫌いじゃないけど損をしているような気もする。

券売機にて醤油ラーメン購入。
奥に長いカウンター席に座ると、感じのいいオバチャン店員が受付てくれた。
待つ間に薀蓄書きを読む。
 「目指すのは普通のラーメン」みたいなことが書いてある。気持ちはよくわかる。時代に逆行するのも個性だよねぇ。コンセプトとしてはいいのかもしれない。シンプルなラーメンに思い入れのある人たちもいるし。ただ、どこまで受け入れられるかなぁ。


シンプルを絵に描いたようなルックスだぁ。
中華模様の丼とナルトが泣かせるぜ。
 
スープは鶏の美味しさと醤油の風味が優しく、しかし、きちん効いてとてもいい具合。
色合いからもっと塩辛そうに思えたがそうでもなかった(下町人間感覚だけとネ)。
丁寧に作られている印象。
表面に油が張られて熱々であった。

麺は程よい噛み心地の縮れ麺。昔のイメージからカン水臭さを想像していたがそれは無かった。
具のチャーシューが個人的嗜好から言って絶品だった。ピンク色の残る脂の少ないトロトロではないチャーシュー。柔らかすぎず固すぎず、塩加減も程よく、スープに浸して食べる時の幸福感。ンマ~。
それに、小さいながらも2枚入っているのが素晴らしいじゃないか。
具は他には玉子が美味しかったな。

連食だったはずなのに、スープまで飲み干しゴチソウサマ。
連食で、ここまで満足したのは初めての体験ではなかろうか。我ながら驚きである。

シンプルな美味しさを追求したらこうなった、という感じ。ノスタルジーに逃げない姿勢に拍手したい。

を追求した結果がこうなった、とまで言うのはイイスギかなぁ?

いやー美味しかった。
今度は空腹のときに食べてみないと…
  



すごく満足したのになかなか二度目の機会が無い。もったいない。
スポンサーサイト
2008.07.17.Thu 21:12 | お食事 | trackback(0) | comment(0)
<< 兎に角@松戸 2008年7月 | main | 松屋で麻婆カレー >>




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/457-e9b59ffc






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。