だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
神田小川町で行列のできる店として有名なラーメン屋「つじ田」が、どういう風の吹き回しか日本蕎麦の店を出した。
場所は淡路町交差点を大手町方面に少し歩いた所。つじ田とは近所である。
今回は秋葉原から昌平橋を渡って訪問。近いのでアキバ詣での際にちょっくら寄ってみるのもイイ。

事前にネットで情報を得ていたのだが、ここは「行列のできる立ち食い蕎麦」の「港屋」スタイルとなっている。
港屋は未食なのだけど、日本蕎麦の二郎系と言われるガッツリいただくジャンク蕎麦らしい。興味があるのでいつか食べたいと思っていたが、つじ田がそれを出すとは。ラーメンは和風テイストなのに、ラーメン寄りの蕎麦を出す、とは妙な感じ。

さて、券売機で肉そばを購入し、カウンターの適当な位置にスタンバイする。もちろん立ち食いであります。慣れないので落ち着かないねぇ。
目の前には蕎麦湯のポット、唐辛子を練りこんだような赤い天かすの山、そして生卵の山。ちなみに割り箸はカウンターの下ナリ。




わかっていたとはいえ、蕎麦でのこの盛りはインパクト大。
蕎麦山の上にはネギと海苔がざっくり載せられ、肉そばたる所以の茹で肉が数枚ちりばめられている。
恐れおののきつつ蕎麦を手繰り上げる。お、あんまり絡まないのはヨイネ。
ツユに蕎麦を入れると真っ黒だった水面が赤く染まる。そう、ラー油が入っているのだった。
蕎麦ツユにラー油…想像のつかない味だったが食べてみると、
あれ?蕎麦ツユの味しかしないぞ?
ラー油は特に辛くも無く、主張が感じられない。
辛子天かすを自分でチョイスできるところを見ると、デフォは辛さを抑えているのかもしれないな。
肝心のツユは甘くも無く辛くも無く。これは標準的というべきなのか。塩気は若干強いかも。

もう一つ肝心な蕎麦の方はというと…
うーん。冷やされすぎなんではないだろうか?
冷たさで舌が麻痺し、味も香りもおぼろげになっている。ラー油の辛さを感じないのもそれか?ちょっと上滑りな印象。
蕎麦はコシが強いというよりも、固い。量もさることながらこの歯応え、咀嚼行為からしてガッツリ系なのね。
そんな蕎麦を大量に食べさせられるのだから当然飽きてくる。
それを持ちこたえさせるのが具のネギや肉である。
と思ったが、それでも半分ぐらいでビミョーな状態。うん、どうしよう。

おお、こんなときこそ最終兵器の生卵か。
自由に入れられるってことは2つでも3つでもいいのだろうか?と考えるも度胸が無いので一つだけ。値段に込みだろうから入れないのはもったいないよね。
ツユに投入し、かき混ぜる…なかなか混ざらないなぁ…。
そばを潜らせ食べてみれば、スキヤキ風の味わい。マイルドに甘くなって大分食べやすくなった。
蕎麦も卵のとろみが絡んで、いい塩梅に味が上滑りしなくなった。
最初からこうしておけばよかったと思うほど、バラバラだったものが卵で一つにまとまった。

勢いを得てワシワシ詰め込み、最後の段階で蕎麦湯を投入。
ところが、これで卵の恩恵をなくしてしまい再び元のどっちつかずの味になってしまった…それに蕎麦湯の香りもあまりなかった気がするなぁ。

満腹になりながらも気持ちは満足せず。

うーん。
インパクトの大きさから期待も大きすぎたのだろうか。
それとも蕎麦というのはシンプルに食べることが究極なんだろうか。ともかく再訪はないかな…。
 
と思いきや時間が経つとまた食べたくなってくる。
こりゃジャンクの魔力だね。
スポンサーサイト
2007.11.29.Thu 21:07 | お食事 | trackback(0) | comment(0)
<< 近況 | main | たいせい@亀有 >>




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/458-7df7491f






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。