だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
新橋にある「信州おさけ村」というお店に向かう。
ここは長野県の地酒販売&立ち飲みの店。ネットで知り興味をもったのだった。
その日は代休で平日の休み。大手を振って真昼間から酒飲みである。

http://www.nagano-sake.com/vil/index.html
場所は新橋。汐留口を出てすぐの新橋駅前ビルというザ・昭和なビルの1階。
小さなスタンドバーであるがアンテナショップ的でもあり、一人で飲み屋に入った経験のない自分でも入りやすい。

13時頃到着。さすがに誰もいない。
初訪問と告げると店の人が色々と説明をしてくれた。詳しくはリンク先をどぞ。
数ある銘柄から選べる知識なんぞないので、地域ごとにまとめられたサービスセットから、「佐久セット 700円」をチョイス。理由は単純、にごり酒がイメージしやすかったので。

このセットだと1杯は60ml、3つで1合。ちっちゃいコップだがナミナミと注がれる。
運ぶとこぼれるので、その場で口をつけて減らす、とは店の人から教えてもらった。みんなそうするらしい。3つともするのは少し恥ずかしかったが、やってみると飲んべになった気分でヨイ。


銘柄を書いた紙を渡してくれるのがイイネ。
左から、「帰山 参番 1998年古酒」、「菊秀 純米大吟醸にごり」、「寒竹 純米吟醸」。
奥に見えるのはもつ煮込み(名前がついていたが忘れた)。余った酒を使っているので日によって味が違うとか。とても美味しい煮込み。ちなみに、つまみは100~300円。

左から…
まず綺麗な琥珀色の古酒。初体験。
まるでデザートワインみたいな甘さと香り。どっしりした熟成感もありながら飲み口すっきり。
へー面白い。古酒ってこういうものなのか…美味い。美味い。

次ににごり酒。
えーと、にごりは大五郎以来か。あまりドロっとせずサラサラとしている感じなのは大吟醸だからだろうか。当然ながら甘いけど飲み口はすっきり。また、すこしピリピリと弾けるような感じがしたけど、そういうものなのか。

「寒竹 純米吟醸」は辛口で爽やか。他の2つが甘くて疲れてくるので、余計にそう感じるのかも。
済んだ味わいが癒しを感じる。

ほんの1合だが、短時間なので結構キク(普段は2合ぐらいを丸1日かけて飲む)。
おかわりしようかと考えていたけど、今回はここで撤収。いやー美味しかったなぁ~
また来よう。
スポンサーサイト
2009.02.20.Fri 22:55 | お酒 | trackback(0) | comment(0)
<< 携帯が~ | main | にいがた >>




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/605-27c8091d






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。