だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
2月末に浅草にお酒を飲みに行った折、悪酔い防止の意味も含めて直前に食事をとることにした。

駅から仲町通りに入り最初の辻を左に行くと「つし馬」があった。
どちらかというとよろゐ屋目当てであったが、店員のお姉ちゃんに「どうぞ~」と言われたので入店。
厨房前と壁際にカウンター席、中央にテーブル。んー?どこかでみたような内装だなぁと思ったら、梅島陸橋近くにあった頃の田中商店だ。たしか同じ経営者なんだっけ。
カウンターに座るもメニューは置かれず、壁の貼り紙を見る。
ラーメンは大中小とあるので中をオーダー。平日ランチタイムならごはんが無料でつけられるようだ。


割と早めに登場。
おぉ、これは先日田中そば店でも見かけた浅めの丼にたっぷりスープのスタイル。喜多方風というのかしら?
早速スープを飲むと、ぐわぁーんとクる煮干。おぉ~美味い!
ニボニボといえば鶯谷の遊を思い出すが、あそこまでは強くなく、けれど確かな主張。塩加減もいい。ちりばめられたネギの香りともよく合う。
麺は予想外の柔らかめのもちもち食感で、うどんという感じ。淡白なのでいまいちスープに負けているような気がしなくも無い。
チャーシューは塩気が強くてクドいが、スープとあわせると脂の甘味が前に出てきて実にいい具合になる。美味い美味い。
中サイズながら結構量があってお腹一杯。満足のゆく一杯だった。

会計を済ませるときに「バリ煮干」の壁紙を見る。そーいうのがあるのかぁー。次だな。うん。

後で知ったが、これは喜多方というより津軽風らしいっすね。
同じ系列の田中そばは喜多方風だっけ?展開がよくわからん。
スポンサーサイト
2009.04.04.Sat 21:08 | お食事 | trackback(0) | comment(2)
<< 休日 | main | ちかれた >>
つし馬は青森ラーメンだよ。
確かにニボシたっぷりだけど、旨い。

よろゐや目当てでつし馬とは・・・
随分手前で力尽きたナwww
いっしぃ URL #- | 2009.04.04 21:16 | edit?
よろゐやも探したんだけど見つからなかったんだよ~
RS URL #UwJ9cKX2 | 2009.04.06 21:29 | edit?




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/631-2cce2e03






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。