だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)

「晋平さん」という名前のお酒。「長野の酒メッセ」でとても気に入った井賀屋酒造場の一品。
その後、信州おさけ村で見つけて買ってきたのだった。

何度も書いているが、ここの蔵のお酒はものすごく優しい。それがたまらなく好き。
ところが、今回1本買って自宅で飲んでみると、なんとも物足りなさを感じたのだった。
大吟醸の割には薄い香り。味もまた個性がないというぐらい印象薄い。
いや、こんなお酒は珍しく、それもある意味ものすごい個性なのだが…

うーん?
これ、信州おさけ村でも飲んだンだよね。その時はすこぶるいい印象だったのだが…???

いつものように1日で飲み干さず、翌日も飲み。
何気なく他の酒を飲んでから後に 晋平さんを飲む、と、、、

おおっ?美味しい!

あの、包み込むような優しさが甦ってきた。

つまり、これって最初から、そしてこれだけで飲むにはパンチが無さ過ぎるのかなぁ。
それで物足りなさを覚えたわけだが、逆に他の酒を経てからだと、疲れた舌や胃に優しく、美味しく感じると。
普通は味の強い酒の後だと印象が薄くなるのだから逆だ。面白い酒。
何かを食べながら飲めばまた違ったかもしれない。
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2009.07.14.Tue 20:32 | お酒 | trackback(0) | comment(0)
<< 豚喜@亀有 Part4 | main | 名酒センター >>




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/722-fa56664e






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。