だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
てなわけで行ってきました。もちろん会社休んで。

この日は湯島で下車し、有名ラーメン店の大喜で昼飯。
そこから湯島天神へ向かうが男坂の下にあるお寺のことを思い出し先に参拝。湯島聖天という名だそうで。
聖天というと象頭の神様ガネーシャですな。ファミコン世代にゃ女神転生でお馴染み。ムー世代(あるのか?)にはご利益の強いヒンズーの神様として知られております。
お賽銭を他と差をつけるわけにいかないので100円。天神様と明神様回ったら300円か…結構つらいぞw

湯島天神では11/1から菊まつりが開催されるようで、飾りが作られていました。記念に撮影。
tenj2.jpg

お、おかしいな、巫女さんが写っているな。メインは菊なんだよ。ハアハア

天神様でお参りした後は三組坂上のホテル街を通り清水坂下へ。
そういえばここにある天神屋というラーメン屋もいってみたいなぁ~。

いつものように明神様にお参り。よい本が見つかりますように、と。
kanda.jpg


なんだか古本まつりといいながらお茶の水界隈の散策になっておりますナ。

さて古本まつり。やはり平日ということで青空市も見るのが楽。空いているわけじゃないが。ていうか背広姿がたくさんいたな。仕事さぼるンじゃないよ。
時間はたっぷりあるので落ち着いてゆっくりと廻ります。あんまり根を詰めると疲れますからナ。目なんか特に酷使するわけです。いちお11/3も来る予定なので焦る必要はないのだ。

ぐるりと廻るうちに夕暮れ時に。
この時間の神保町も乙だねぇ。
たくさんの本と本好きに囲まれてイイ雰囲気。古本まつりの一番の魅力ですよ。

今回のGETは、
「イギリス農民戦争 1381年の農民一揆」ヒルトン/フェイガン共著
「ロマノフ家」「ブルボン家」「ハノーヴァー家」「ハプスブルク家」「ホーヘンツォレルン家」すべて下津清太郎著
の6冊。合計3000円ナリ。
下津清太郎の本は一冊500円…こんな値段で買える本だったっけ?しかも揃いで…これだからやめられん。たまらん。
…ま、いつ読むのかわからんけれど。
スポンサーサイト
2005.10.31.Mon 22:26 | 日記 | trackback(0) | comment(3)
<< 大喜@湯島 | main | 神保町ブックフェスティバル >>
私はこのあたりに生息しとることが多いので古本祭りさーっと
見てまわったりしてます。サボってはいません(笑)

大喜も行かれたようで。いいですねえ。
御茶ノ水・神保町は愉しいお店多いですから
食べ歩きにはぴったりですね。
アシッド URL #nMYPI6HY | 2005.11.02 14:20 | edit?
RSさん、だいぶ写真よくなったじゃないですか!!

それとも巫女さんだから???

バックからだから???

藁藁
URL #fflwa7tw | 2005.11.02 21:31 | edit?
>アシッド氏

いいですねぇあっち方面に生息してるなんて。ウラヤマシ。
本が主で食べ歩きは従だったはずなんですが…だんだんと逆転してきてます。

>伝氏

そりゃ巫女さんの神通力で写真なんかいくらでも。
正面から写す訳にいかんでしょう~
RS URL #jVHjcq8A | 2005.11.03 10:27 | edit?




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/74-e0e48de5






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。