だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
宮城県酒造組合によるイベントに参加してキタ。
場所は大田区産業プラザ。京急蒲田駅の近く。

たくさん飲むので、酔い対策は万全。
まず空腹はイカンので早めの夕飯を。蒲田といえば…餃子!
駅近くの餃子の名店をチェックしてから家を出る。
そうだ水も買わないと。蒲田のコンビニで買うか。

駅で迷う。
駅から出て、餃子のお店が見つからず。
仕方なく商店街外れのファーストフードで腹を満たす。
コンビニが見つからず。
仕方なく会場に向かって歩いていたら、餃子の店を見つける。
会場に入ったら、お弁当つきだった…

うはっ、なにこのチグハグ!

い、いや、美味い酒が飲めればすべてOKだ。

今回は19蔵が参加、もちこんだ酒は80とか90あるとか。
全部飲めるはずもないので、一つ二つずつ、全ての蔵を回れれば御の字かな。
しかし、一杯貰って飲んでは、弁当を食べ、水を飲むようにしたにも関わらず、あっという間に酔い、全部は回りきれず…
この手のイベントは利き酒の性格が強いのだが、今回は飲むことに主眼が置かれているようで、吐き出すためのポリバケツもないし(まぁ自分は吐かないケド)、蔵元サンたちの注ぎ方も気前がよくてドボドボとくる。うわーこりゃ早いぞ!と思っていたら案の定速攻で沈没となった。

そんなわけで、おぼつかないが、記憶に残った酒書き出してみる。

●墨廼江
 乾杯の時にもらった酒。吟醸だったのか、メロン風の香りが芳しい。
 飲めば、少しもとんがったところのないまろやかな酒。好み。

●男山本店
 蒼天伝の純米吟醸だったと思う。
 これもまろやかで、すっきりした飲みやすさ。好きなタイプ。

●大和蔵
 雪の松島入魂超辛+20。普通なら絶対に飲まない超辛口だが、あえて飲んでみた。
 おやっ?随分飲みやすいぞ。もっと尖った味を想像していたのに…
 蔵元さんからチーズを勧められる。一緒にやると、おぉっ、まろやか!美味い!

●伯楽星
 純米吟醸。清涼感のある飲み口。こういうのをミネラル的というのかな。
 究極の食中酒と謡っていたが、なんにでも合いそうね。

そのほかに乾坤一とか一ノ蔵とか阿部勘とか…記憶が…


弁当はコレ。弁当というよりオツマミの詰め合わせ。宮城の特産品がテンコモリである。
どれも結構な濃い味付けなのだが、そのほうが酒に合う感じ。
オニギリもあったのだが、先に食べてきた身としては遠慮した。もったいないなぁ。

そのほか感想、反省点。
・弁当つきをちゃんと確認しよう
・弁当つきのおかげで、日本酒ファンの方々とテーブルを一つにした。
 しかし何もアクションできず。自分の内気さが恨めしい。コミュニケーションとりたいナ。
・蔵の人たちにも感想をいえなかった。
 当を得た表現なンてできないのだから、親指立てて「いい酒だ!」ぐらいは言いたかった。
 ただ、後ろに並んだ人のため注がれたらすぐにどいて立ち去る習慣がついてるンだよなぁ。
・単純に全ての蔵を回る、というより、一つの酒米に絞るとか、
 もっと比較のできるよう飲むことを考えるべきだよなぁ。
・自分用の酒器で飲んでいる人がいた。
 イベント的に許されるのかわからんけど、楽しそうだった。自分も探してみようかな。
・今回の一番の収穫は、苦手苦手と思っていた辛口の酒が結構イケることがわかったこと。
 これでまた範囲が広がる。ありがたいような困るような。

帰りにお土産をもらう。なンと300mlの山廃純米。
弁当も含めて3000円。あまりにもお得すぎるイベント。次回も参加したいな。
miyagi04.jpgmiyagi02.jpgmiyagi03.jpg

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2009.09.03.Thu 22:30 | お酒 | trackback(0) | comment(3)
<< 静岡県地酒まつり in Tokyo 2009 | main | K急 >>
イ尓好(ニーハオ)のことですかね。
一説によると、カリカリの耳付き餃子の生みの親とか。
ここは、15号線をはさんで産業プラザとは反対側です。駅前の変形三叉路の真ん中です。分かりにくいところでは無かったと思います。おまけにセブンのすぐそばだったような。(笑

反省点を拝見して・・・良く頑張ったと思います。無理すると肝心のお酒の味どころじゃなくなるし。
声をかけられたら多少頑張る程度で。
それにしても、お弁当+お土産付きで3000円は、ナイスです。
今度は、事前のご紹介をお願いします。(笑
酒呑親爺 URL #- | 2009.09.05 09:30 | edit?
こんにちは、乙山です。
雪の松島、飲んだことがあります。
辛口といっても、酸味系に来るのではなく、どっしりとした飲み応えがあったように記憶しています。
この、どっしりした飲み応えを私は勝手に「重さがある」と呼んでいます。
この酵母系の酒はかなり多いのではないかと思います。
人気があるんでしょうね。
只野乙山 URL #- | 2009.09.05 10:40 | edit?
>酒呑親爺さん
そーです、ニーハオです!
踏切挟んで産業プラザと対面でしたね。。。
セブンもあったんですか、泣きっ面に蜂ですね。
コスパは最高、というか主催側は赤字でしょうね。


>只野乙山さん
なるほど、辛口にも色々とあるのですね。
チーズと合う点からして、淡麗というより濃醇に近い味だったのかな。
RS URL #UwJ9cKX2 | 2009.09.05 21:03 | edit?




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/771-ea511100






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。