だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
9月頃のネタ。

日本酒イベントのためやってきました品川。
悪酔い防止のために事前にメシを食う、これ常識。
と、いうことで駅近くにある「品達」に向かう。
ここは有名ラーメン店と有名丼店?を集めたラーメンパークである。駅から線路に沿って3分ぐらい。

到着してみるといくつかのお店に行列が。
お昼から少しズレた時間だったが、日曜日だもンなぁ…
あまりここに時間をかけていると酒が無くなるので、失礼ながら空いているお店に入ることにした。

で、「支那そば きび」と。確か本店は神保町と神田の間辺りにあったはず。昔行ってみたら休みで食べられなかった思い出がある。

店内には2組しか客がいないので不安になる。
店員のものすごく覇気の無い接客にテンションだだ落ち。大丈夫かなぁ…


塩チャーシューメン。不安に思いつつも普通の塩でなくチャーシュー付きにしてしまうのは、業なのだろうか。
小梅が別皿で提供されるが、ワタシは梅が嫌いなので、放りこむだけにする。

スープは、塩気も油も出ていて結構ワイルドな感じ。でもクドさは感じないほどにバランスがいい。
白ゴマが香ばしいが、なんか札幌一番を思い出すなー。
麺は思ったよりもコシがあります。スープとも絡むし。
メンマのほどよい食感も○。
チャーシューは柔らかくも歯応えがあって、昔ながら、という形容が思い浮かぶ。こういうの好きなのよね。チャーシューメンの割には少ないナァーと毒づいたが、実は2枚重ねになっていたりする。なンでそンなことするのか。表面を覆い隠すように並べた方がいいのになぁ。

食べ終えてみたら最初の不安はどこへやら、な満足できる一杯だった。
店を出るときの「ありがとうございましたー」は相変わらず元気がなかったが、ちょっと感情がこもっていたように思えたのはラーメンが美味かったからだろうか。
スポンサーサイト
2009.12.05.Sat 21:06 | お食事 | trackback(0) | comment(0)
<< 橘屋 山廃純米 | main | 豚喜@亀有 Part6 >>




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/775-f4d6444f






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。