だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
今回は島根県の地酒イベント。
県酒造組合のHPによれば、島根は清酒消費量が全国3位、西日本だけで見れば1位の日本酒王国らしい。
遠く遡れば出雲神話の中で、スサノオノミコトがヤマタノオロチに酒を飲ませて酔わせて退治する伝説があり、正に神代の頃から酒と付き合ってきた土地柄なのである。
個人的にはまるで関わりのない土地ながら、島根を含む中国地方の酒は飲んで美味しいナと感じることが多くて、割と親近感を持っていたりする。タノシミ。

ってことで、やってきました有楽町の交通会館。
直前にラーメンで腹を満たし、ウコンの力をぐいっと飲ったら12階のイベントホールへまっしぐら。
開場30分後の16:30というところだったが、既に人だかりであった。やはり祝日開催だからネー。
参加蔵は21(個別では17、合同で4)。
先日、蕎麦屋で飲んだ「死神」を造る加茂福酒造は残念ながら未参加であった。

さて、毎度のようにグルグルと回ってゆくわけだが、
前回の千葉、埼玉のイベントは、安易に飲みすぎて酒の印象が薄く、いい加減な参加をしてしまったと反省、今回は飲んだら少しでもメモを残すことにした。
飲んではちょっと離れてメモ→水→ブースの繰り返し。会場でもらった紙に一言程度。でもそういうのが大事なのよね。
そうして頑張ったのが良かったのか、全蔵制覇で各2種類以上を飲ンでしまった。
しかも、「あっ、ヤバイ」の信号が来ないという絶好調ぶり。
でも、本当はこういうときが一番ヤバイわけで、

気づいたらメモが無い!どっかに落とした!!

…ということで以下、おぼつかない記憶と、持ち帰れたパンフレット等を基に書いております。
(そのうえ携帯の写真の半分が原因不明の破損…)


今回の一番お気に入りは隠岐酒造。名前の通り隠岐諸島の蔵。
まずブースに立っていた人たちが明るかった(もちろん、どこの蔵人も親切でニコニコしていたが)。

「しゃくなげの詩」は、名前に魅かれて飲んでみた。改良雄町60%精米の純米酒。
落ち着いた味わい。モノトーンというか。やや酸味があって締まる感じ?
この改良雄町を使っている酒は他でも多く見られたが、どれもすっきりとした味わいだった。そういう味わいの米なの?

「海鳴りの詩」は、神の舞という島根県開発の酒米による純米酒。精米歩合は90%!
低精米なのでこってりした味を想像しつつ飲んだら、うおっ、酸っぱい!
しかし顔をしかめるような酸味ではなく、穏やかさもあり、喉越しは爽やか。
最初は驚いたケド、慣れると美味しい。夏に冷やして飲めたらもっといいだろうネ。
なんでも江戸時代の製法を再現して作ったそうな。だから酸味が強いのかな?
ネットで調べたら、幕末に起きた「隠岐騒動」に由来した酒らしい。
これは、尊皇攘夷を掲げる島民たちのクーデターにより支配者である松江藩の役人達が島を出ることになった事件なのだが、このとき島民が敵対した相手に酒を餞別に贈ったのだという。
この酒をイメージして復刻したわけネ。酸味の中に優しさがあるのは、こういうエピソードがあるからかなぁ。

他にもはっさくのリキュール(これも美味い!)や焼酎も頂いた。
焼酎「わだつみの精」は、米と海藻から作ったものを樫樽で熟成させている。
さすがに焼酎はガツンとくる。海藻?なのかは正直よくわからないけど独特な風味がある。
と、そこに後からクリーミーな香りがやってきて二度びっくり。これは樫樽ゆえ?ウイスキーみたいです。
いやはや、美味しいしびっくりさせられるし、とても楽しい蔵だった。


簸上清酒は、七冠馬の大吟醸。
世紀の名馬シンボリルドルフをイメージした酒として有名ですねー。
私の一番好きな馬(子供の頃なので走っている姿すら見たこと無いが)。
流石に大吟醸は抜群。香りや甘さのバランスが良くて、皇帝と呼ばれた馬の気高さを感じさせる。

ところでこれは山田錦の酒だったけど、今回並べられた各蔵の酒は意外と山田錦が少なく、改良雄町、五百万石、八反流、佐香錦が使われていた。
このバラエティの豊かさは、島根が西日本有数の酒米産地で、酒米の使用率もトップクラスだという事実を感じさせる。
こういうのは飲み比べの楽しさがあるからヨイやね。

玉櫻酒造の純米ひやおろし生もと仕込は、ちょっとトゲあり。燗もしていたので、そちらも飲んだところ、むしろパンチが強くなっていた。燗すると柔らかくなると思っていたので驚いた。日本酒って色々だ。
「珠The蔵36°」は”日本酒のリキュール”とのこと。
アルコール36度の高濃度…って焼酎ってことじゃないのか?と思いつつ、ロックで飲ませてくれた。
あっ、日本酒だ!とわかる味。なるほど確かに日本酒のリキュールとしか言いようの無い味。思わずアハハと笑ってしまった。
にごり、甘酒の風味といえばいいのかな。度数の高さをまったく感じさせない超危険な酒である。

木次酒造は銘柄「美波太平洋」を造る蔵。やっぱ南太平洋って意味なンだろうなぁ…埼玉の金紋世界鷹とか、日本酒の銘柄で時々スケールの大きいものがあるよねぇ。そういうセンスは大好きだ。
飲ませてもらった酒はもちろん美味しかったが、蔵の方が親切で色々と教えてもらえた。
島根が古くから酒と繋がりがあり、酒造りの神様を祭る佐香神社というのがあること。
今回のイベントでよく見かけた酒米の佐香錦は、この神社にちなむものであり、同時に佐香は酒の古名であることなど…
ふん、ふん、とうなづきながら美味い酒を飲む。あー楽しい。


えーと後は…大分記憶が曖昧な領域なので駆け足で…

右田本店の「宗味」や桑原酒場の「扶桑鶴」、旭日酒造「十旭日」あたりは、自分好みの柔らかい酒だったかな。扶桑鶴の純米が特に良かった。

他にも李白や豊の秋、月山、天穏、出雲富士、石見銀山、開春、環日本海など…も美味しく頂きました。吟醸酒は綺麗で澄んだ味わいが多かったと思う。清浄な水が豊富だからだろうか。

って駆け足過ぎか。

18時過ぎになると売り切れの酒も出てきて、水もほとんど無くなっていた。人もだいぶ少なくなり、逆にいえば蔵元と話すのに丁度ヨイ時間帯なのかもしれない。自分もほんのちょっとだけど話できたし。
あ、そうそう、参加の客の中には外国の方が多くみえたのが面白い点であった。いくつかイベントを経験したけど、今回のは多かったな。なんでだろう?


そんなこんなで今回も楽しく美味しいイベントであった。
絶好調のまま帰宅…していたが途中から目の前がグルグルグルグル(だっよーん)。
家に着いた途端にバタンQ。
月曜のお約束の「吉田類の酒場放浪記」も見ず、気づいたら朝であった。
うぅーん、帰宅時の記憶が曖昧。よく帰れたナァ…。
でも、二日酔いは無し。ちょっとだけ頭が重いけど全然平気。
なンでだ?
simanesake004.jpgsimanesake001.jpgsimanesake002.jpg
スポンサーサイト
2009.10.13.Tue 22:08 | お酒 | trackback(0) | comment(7)
<< 来ました | main | AC/DCの最新BOXセット >>
こんばんは、乙山です。
そりゃあなた、肝臓がまっさらだからですよ!

島根県の酒、飲んだことがありません。
身近で手に入るものしか手に取らない無精者では、
いろんな酒にめぐり合うことも少ないわけです。
只野乙山 URL #- | 2009.10.13 23:39 | edit?
>肝臓がまっさらだからですよ!

そうかー、まだフォアグラになってないのですねー。
でも近いうちになるでしょう…

>いろんな酒にめぐり合うことも少ないわけです。

いやぁ、私も無精者です。
わざわざ遠出して酒を買うことはありません。
イベントが多いので遠方の酒に出会う機会が多いのですね。
RS URL #UwJ9cKX2 | 2009.10.14 07:05 | edit?
死神飲んだことあるなんて流石下町在住ですな
死神は四ツ木の杉浦酒店と蔵元がコラボ?して作っている日本酒で何件かのお店には出しているみたいですが普通の店には置いていないお酒です
ちなみに私は某下町の人の紹介でいきました
B URL #- | 2009.10.14 13:23 | edit?
裏死神の杉裏すぺしゃる、いま呑んでます。。
酒呑親爺 URL #- | 2009.10.14 20:05 | edit?
>B様
偶々、蕎麦屋で酒飲もうとしたら、それがあったンですね。
まさか杉浦酒店と蔵元のコラボだとは思いもよらず。
ちなみに杉浦、2度ほど店先で引き返して、未だ入れてません。
ちょっと勇気が…


>酒呑親爺様
ああっホントだ!
RS URL #UwJ9cKX2 | 2009.10.14 21:30 | edit?
無事のご帰宅何よりでした(笑)
島根含む中国地方のお酒って、フルーティで飲みやすいけど
味わい深いタイプが多い印象があります・・・(特に吟醸酒)
扶桑鶴・旭日・開春は私も以前から気になっていたので
またチャレンジしてみたいです♪
zumi URL #sGMdB/5k | 2009.10.14 23:56 | edit?
>zumi様
西の方は豊潤な酒が多いイメージですね。
それに島根ものっかっている印象です。
確かに吟醸酒は、綺麗で飲みやすい中に飲み応えもアリって感じはしました。
RS URL #UwJ9cKX2 | 2009.10.15 07:39 | edit?




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/792-39094c8c






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。