だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
松戸の酒イベントがてら久しぶりに兎に角でランチ、と向かってみたら行列。
あらら、どうしよう。とみ田なんてもっと考えられないし…と脳裏に浮かぶ獅童の二文字。
前々から気になっていた店だ。しかし場所がよくわからない…適当にあたりをつけてブラブラしていたら、あっ、見つけた!ダイエーの近く。適当に探して見つかるなんて自分には珍しいことだ。
(ついでに松戸二郎の場所も初確認)

想像では和風で上品な店のイメージだったが、店内は、今時の店という感じ。ま、ありがちという所。
券売機で「特濃魚介醤油」を選び、厨房を囲むカウンターに座る。
行列している他店とは比べようも無いが、しかし14時頃という時間帯の割りに客が入ってくる。
しっかりと地元に根を下ろした店らしい。

食券はカウンターの上に乗せておくよう指示が書かれているのでそれに従うのだが、
店員がその食券を見る素振りが無いので、なんとも不安げになる。
こんな経験、昔もあったな…と思い出すのは松戸市役所裏のまるき、だ。ん?これも松戸か。土地柄なのか?(んなわきゃない)。
しばらく我慢していたら、人数分の丼を並べ始めたのでホッとする。

sidou01.jpg
そうして出てきたのがコレ。

うわっ、背脂が。特濃ってそっちの意味だったのか。意表をつかれた。
ともかくスープを飲む。かなりカツオブシの風味が出ている。トンコツ魚介に疲れている舌には、こういう方が新鮮でいい気がした。ただ、塩気がかなりある。ここに背脂が加わるのだから、後半食べ疲れそう。

麺は…なんだか印象に無く。それほど太くなくストレートだったかな。
上に乗っているのはネギ、揚げたタマネギ?、メンマ、角煮状のチャーシュー、そして…
なんだこの緑色の物体は?
随分とヌルヌル粘り気があるが…もしかしてメカブ?
うん、メカブだ。しかしラーメンにメカブ?見たこと無い組合せだなぁ。
これが合っているのかどうか、というと微妙な感じはするのだけど、
潮の風味が、濃厚スープに対してアクセントになっていて、自分としては好き。
どちらも塩辛いのだけどね…

メカブ効果か、割とすんなり食べられてしまった。
でも次は普通のラーメンにしたほうがいいかもナ。
ごちそうさまでした。

なぜか「酒豪伝説」の販売機が置いてあるのを横目に店を出る。
後々、買えばよかったと後悔することになるのだが。
スポンサーサイト
2009.12.15.Tue 21:34 | お食事 | trackback(0) | comment(0)
<< キング・ロバート2世 | main | 欲しい… >>




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/804-780c1339






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。