だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
この日は有楽町に出張したので、帰りは八重洲にある「吟醸バー」に行くつもりだった。
仕事が引けるや線路沿いに東京駅に向かって歩き出す。有楽町は目と鼻の先だからネ。

…あれ、思ったよりも遠いンだなぁ。

…なんか、おかしいな~

…東京駅って新橋駅に名称変更したンですか~~

ひぃぃぃぃぃぃぃ
正反対だよっ!!!

せいぜい1キロ程度だが、ぐったり疲れて戻る気にもなれず。

だが、こんなときには、信州おさけ村が新橋にあるじゃないか。あるじゃないか(リフレイン)

というわけでそのままズンズンと駅前ビルに入り、これで4回目か5回目になる信州おさけ村に到着。
もう馴染だね。リラックスできるわ。

セットものにしようと思ったが、レジ前に「ひやおろし」の一覧発見。これいくか~。
パッとみて目に飛び込んできたのは「おたまじゃくし」の文字。
ああ、これこれ。どこかの試飲会で可愛いラベルの瓶を見た覚えがあるぞ。
ということで、「おたまじゃくし特別純米・ひやおろし」を注文。
110mlで300円。安いなー。
それから煮込みの「けたぐり」200円も。

クイっとやると、一生懸命歩いて火照った体を冷酒が駆け巡る。
うめぇ~~っ。
黄金色に輝く酒は、全体的に柔らかい飲み心地。少しピリっと酸味が利いている。

けたぐりを一口。美味ーーーい。
余った酒をぶちこんで作る煮込み。よって毎回味が少しずつ違うという。
今回のは、なにやら凄くふんわりと優しい感じ。癒し系煮込みだ。

おたまじゃくしを飲りつつ、次の酒を考える。
アレはどうだろ、コレも美味そうだ、とノンビリ迷うのも、1人酒の楽しみ。
一覧を眺めていたら、「信濃錦」の名前を発見。
おぉ、最近のイベントで美味い酒を飲ませてくれた蔵ではないか。

「信濃錦 一瓢 特別純米酒」。110mlで300円。
燗したらどうか?と店の人に聞いたところ、かなりの辛口だから冷の方がいいよ、とそのままコップに注がれる。
燗の何たるかがよくわかっていない自分には、辛口なら暖めた方が険が取れるイメージがあるので、むしろ冷のままがいいと言われると戸惑う。恐る恐る飲んでみると、

あぁ…美味い。

涼やかに滑るように喉を過ぎてゆく。険など全くない。凛とした飲み口ながら、香りには古酒?のようなやや甘いものがあり、円やかな優しさもある。当然キレもよくて、とても飲みやすく、そしていくらでもいけるタイプ。

あはーっ、これも、けたぐりに合うーーーーっ!


次は…やめておく。
この2杯で満足すぎるほど満足してしまった。そこそこ酔ってきたし、このへんで終了。
サクっと終わらせられるのも1人酒の良さか。

きっもちよーく帰途に着くのであった。
スポンサーサイト
2009.11.18.Wed 21:16 | お酒 | trackback(0) | comment(2)
<< キッチンフライパン@北千住 | main | もぉ、やめてぇ~ >>
相変わらずの方向〇〇さんですね。(笑
でも、いろいろな駅に好みのお店を持ってるから凄い!です。
信州おさけ村ですか。。教えていただきました。
酒呑親爺 URL #- | 2009.11.19 10:02 | edit?
>酒呑親爺さん
いやいやいや、
せいぜい2、3駅でそれぞれ1つ思いつく程度です。
それも飲み屋というにはちょっと特殊な所ばかり。

信州おさけ村は飲み屋というよりアンテナショップですが、
それだけに安いし、一風変わった面白さもあると思います。
RS URL #UwJ9cKX2 | 2009.11.19 21:52 | edit?




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/813-0c3d4f68






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。