だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
新年最初の酒ネタなので新酒を…とかいいつつ、実は12月半ばのネタである。

綾瀬駅そばの松屋酒店に初めて入る。場所を聞いていたのになかなか見つけられず、
この日もあきらめて帰ろうと思ったその時に、目の前に店があった(*_*)
高架下とは思わなかった。

人あたりの柔らかい感じの店主?が、「新酒はまだこれだけなんですが」と2種類の箱を開けて見せてくれた。
…いや、新酒を探してるなんてヒトコトも言ってないのですが…でも、なんだか微笑ましいので受け止める。
見せてもらった1本は、おぉ、開運ではないか。仕込み1本目のタンク?から取ったものだそうな。
うれしい事にお値段も手頃だったので、迷うことなくオカイモトメした。
この店はまた来よう。

ちなみに開運を意識して呑んだ初めは、昨年夏のこと。
いっぺんでファンになってしまった。


開運 無濾過純米 生酒
度数17-18 精米度55% 山田錦100% 21BY

さて、数日後にわくわくしながら開封する。

フルーティで華やかな香り。マスカット?な感じ。
それから、ふくよかでまろやかな香りもある。これはお米の香りだろうか?
全体的にとても力強く香る。しかし鼻を突くような嫌味は全く無い。

呑んでみる。
むむっ、すっごく爽やかでクリアな甘さと、きゅっとした酸味があり、
日本酒というより、白ワインか何かの果実酒を飲んでいるような印象。
うわぁ、なんだこりゃぁ。すごいな。

舌触りは滑らかで、そのまま喉を滑り落ちてゆく感覚に陶然。
ほのかな苦さが、味に深みをもたせている感じ。
白ワインを意識したが、それよりもずっと優しく飲みやすい。

後口は静かに溶けて消えてゆくような余韻があり、さっぱりとする。
でも瑞々しい感覚もどこかに残っているのは新酒だから?
すぐに次の一杯が飲みたくなる。止まらない、止まらない…

マスカットといえば、新政のひやおろしを思い出す。あれは直球のマスカットだった。
しかしこれは若干違う感じ…。うーんなんだろう?

とにもかくにも、こんな酒があるんだぁ、心底驚いた。美味かった~~~~~。
スポンサーサイト
2010.01.08.Fri 20:19 | お酒 | trackback(0) | comment(2)
<< 初詣2010 | main | 今年は外飲み増やすゾ。 >>
RSさん
偶然にも同じお酒を呑みましたね。
旨かったでしょ。ねっ。
同じ喜び、同じ旨さを共有です。
今年もよろしくお願いします。
酒呑親爺 URL #- | 2010.01.09 13:23 | edit?
>酒呑親爺さん

こちらこそお願いいたします。

それにしても、美味かったですっ!
さすが、開運、という感じでした。
RS URL #UwJ9cKX2 | 2010.01.10 11:09 | edit?




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/846-15e1680b






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。