だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
今回は栃木の地酒イベントに潜入。
といっても場所は北千住だぁ。近くていい~。

栃木といえば最近注目の県である。たぶん。少なくとも日本酒オタにとっては。
なぜならば、若手が研鑽しあってレベルがグングン上がっていること。そして質の維持を目指して「下野杜氏」という認定制度をつくりあげた活気に漲る県なのだ。下野杜氏は南部杜氏や越後杜氏のような歴史的な重みはないが、今、日本で一番元気な杜氏集団なのかもしれない。

そんな人たちが作るお酒の試飲会なワケである。


昼飯を食べ損ねたので気休めにバナナ2本、牛乳2杯にウコンの力を飲んで会場へ。
軽めに夕飯食べておいた方が良かったかな?と迷ったが、弁当付きなので我慢。

tochigi2010_1.jpg
栃木県産の材料でこしらえたお弁当。酒のアテだからおかずばかりだけど、欲しい人には別にオニギリも。
ちなみにこのオニギリはめちゃ旨だった。

オチョコは弁当の中に置ける仕組み(写真左下)。弁当片手に各蔵を回ることができる。
しかし一緒にメモを取るのは至難の業。弁当を置ける場所も少ないので結局メモはあきらめた。まぁ、いつも似たような感想ばかりだから無くてもいいか。

ただし!事前に書いておいたメモのことは確認しておきたい。
このメモには、雑誌dancyu2010年3月号に掲載された栃木県の注目蔵の酒の味わいのことを転記しておいたのだ。
例えば、澤姫の生もと純米が「生もとは気づかないほど軽く洗練された」とか若人醸酒が「五百万石特有のほろ苦さを感じる」といった内容で、もし同じものが飲めるなら「あっこの苦味、これが五百万石の苦さってヤツ?」みたいなーことがわかるとイイナと。

で、入り口で預けた荷物の中にメモを忘れる、と。
そしてメモに書いた安心から内容を覚えてない、と(おぼろげには覚えていたが)。

とまぁそんなこともありまして、半ばヤケクソでございます。

参加蔵は26。結構気前良く注がれるので1蔵1杯程度じゃないとまわりきれないですネ。

開華は自宅飲みもしたことのある御馴染の蔵。安心して飲める…試飲する必要ない気もするが。

澤姫はdancyuに書かれた通り、さっぱりして飲みやすい。

松の寿は県内屈指の超軟水を使っているとのことで山廃でもなんでもクリアになるとdancyuに書かれていた。
ホントだ、クリア。でもさっぱりし過ぎているかもしれない。

仙禽のこともdancyuの記事を覚えていて、あえて甘味と酸味を強く出したうえでバランスを取っているとあった。
で、飲むと…んー確かに他の蔵と比べると甘・酸やや強めかな。クドくならないところがバランスかなぁ?よくわかんないや。
しかし仙禽のお兄ちゃんは今回もスーツ。徹底してるな。なんかダンディズムすら感じてきたぜ。

仙禽とはまったく関係のないことだけど、「甘・酸」といえばこのまえの関東信越きき酒会。
あの1、2杯でくたびれた甘酸っぱさは、今回の試飲会ではまったく感じられなかった。てことは時期(新酒)が原因ではなかったってことか。うーむ、やはり無料のイベントだから…なのだろうか?

tochigi2010_3.jpg
こちらは飯沼銘醸造・杉並木の普通酒(右端)。試飲会まで来て普通酒をあえて飲む自分…でも、なんか旨かったので写真をパシャリ。

tochigi2010_2.jpg
もう一枚も本醸造。富川酒造店の富美川のお燗酒(右側)。ほんわか~。

残した写真が本醸造と普通酒…どこまでヒネクレているのか。
でも、大吟醸とか無濾過生とかの間にこれがあるとホッと安心、飲んでもまた安心なんだよねぇ。
試飲会のオアシス。

燗コーナーもありましたヨ。おなじみの「かんすけ」にて燗向け商品をその場で温め。
熟露枯(うろこ)山廃純米というのが、山廃のふくよかさが優しく出ていて旨かった…ような気がする。
かんすけ欲しいナァ。

tochigi2010_4.jpg
全体的にさすが、といえるレベルの高さだと思う。どれも旨かったよー。

でも個人的に「ああっこれ好き~!」という出会いは残念ながら無かった。
また、他とナンカ違うぞ!?という個性的な酒も無かった。ちょっとみんな優等生すぎる感じだったかな。
もっと多くを飲めば出会えたかもしれないが…


終了30分前ぐらいでガクンと酔いがきて、ちょっと気持ち悪くなってきたので早めに帰宅。

なのに亀有でラーメンをば。○菅でライトな二郎系。なぜかすんなり入る。
でもって翌日はびっくりするぐらい酔いゼロ。悪酔いの予感があったので驚いた。何が良かったンだろ?
牛乳?バナナ?まさかコッテリニンニクラーメン?
スポンサーサイト
2010.04.22.Thu 22:45 | お酒 | trackback(0) | comment(9)
<< 大正ロマン ベリーアリカント | main | 黒いビール飲みくらべ >>
食べながら飲んだからでせう。
すこし URL #mQop/nM. | 2010.04.23 00:13 | edit?
アッ!Σ(゜□゜)
RS URL #UwJ9cKX2 | 2010.04.23 07:35 | edit?
おぉ、何だか日本酒の未来に期待が持てそうなイベントですねぇ♪
突出した味が無いというのも、やはり確実に美味しいものを
飲んでもらいたいサービス精神ゆえ?
伝統に寄りかからず自分達の蔵の味を作り上げるのは大変でしょうが、
是非がんばって頂きたいものです。

それにしてもお弁当、美味そうです(笑)
やっぱ酒にはアテが無きゃですよね~♪
zumi URL #sGMdB/5k | 2010.04.23 22:23 | edit?
栃木の酒、いい感じですね。
雑誌に載るくらいなら、こちらでも手に入るかも。
ふだん、なかなか見かけないんですよね。
ネットで買うしかないのかな。
情報ありがとうございます。
只野乙山 URL #- | 2010.04.24 10:24 | edit?
>zumiさん

これから個性を発揮してゆく気がしてます。
他の県も頑張って欲しい。


>只野乙山さん

うーん、どうでしょう。こちらでも売ってる酒屋は限られます。
よほど揃えのいいところなら…?
RS URL #UwJ9cKX2 | 2010.04.24 22:36 | edit?
この会には、いろんな有名人の方がいらっしゃったみたいですねぇ。
酒呑親爺 URL #- | 2010.04.25 22:11 | edit?
>酒呑親爺さん

そうみたいですね。舞台からの挨拶もありました。
RS URL #UwJ9cKX2 | 2010.04.26 19:49 | edit?
日本酒勉強しすぎ(笑)
kb URL #- | 2010.04.30 11:56 | edit?
勉強してもわからん悲しさよ(ToT)
RS URL #UwJ9cKX2 | 2010.04.30 19:53 | edit?




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/910-55200263






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。