だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
The Bandのデビューアルバム「Music From Big Pink」。1968年の作品。

こちらのブログの記事

を読んで聴き始めたのがきっかけ。

聴いてみての第一印象は、ナルホド、田舎~な音楽。
ロックというよりカントリー、フォークの類かなぁ。素朴で荒削り、土の匂いのする音楽。
なんだか、田舎のあんちゃんたちがあばら家に集まり、思いのままセッションをしてるような光景が浮かんでくる。

ところがこのアルバム、ロック史のエポック・メイキングの一つだという。

アメリカのルーツ・ミュージック…ブルース、カントリー、フォーク、R&Bなどをこれ以上ないほどスマートにロックに翻訳をした、らしい。

んーと、なんのこっちゃ?

これらの音楽、ロックのルーツでもあるではないか。ブルースから生まれたロックでブルースを解釈する?卵が先かニワトリが先かみたいな話になってきたぞ。

どうやら、というか自分の想像だけど、当時のロッカーたちにとってこうしたルーツ音楽は憧れの対象だったんだろうね。
「サージェント・ペパーズ」が引き合いに出されるように当時のロックは一つの極みに達していて、同時に閉塞感を味わっていたのではないか。
それを打破するために、ビートの彼方に垣間見える根源の音楽を追い求め、すがったンじゃないか。
ところがどっこい、ルーツの主たる黒人ミュージシャンにどうしても追いつけなかった。真似をしても真似をしても何かが違う。

そんな中に現れたのがTHE BANDだった。彼らはロックの故郷アメリカに最も近い異国カナダから現れた。イギリスほど遠くなく、アメリカにとっては身近すぎて気づかないルーツ音楽のエッセンスを発見し、絶妙なバランスでロックに取り入れることができた。当然、求めてもかなうことのなかった大勢のロッカーたちから驚愕される。そしてロックの閉塞を打破した、と。
派手なサイケ音楽が主流だった時代、こんな牧歌的なアルバムが成功を収めたワケである。

とはいえ、
自分にはルーツに関する知識や経験がちーともないから、この辺の凄さがちーともわからん。
なんかノンビリした音楽ね~で終わってしまうのが悲しい。

ただまあ、不思議な幸福感に浸れるアルバム、ということはハッキリ言える。

「THE WEIGHT」なんぞ聴いていると本当に幸せな気持ちになってくる。
これは不思議な曲で、単調で平板で最後の方は飽きてくるんだけど(失礼)、気づくと体が自然にゆらゆら、鼻歌ふんふん。それがものすごく気持ちがいい。

何かなぁ、この気持ちの良さ、シアワセ感は。
冒頭に書いた「思いのままセッションをしてるような光景」に、音楽を純粋に楽しんでいる姿…音楽の原風景?を感じてるからかなぁ。

本作で一番すきなのはこの「THE WEIGHT」であるが、もう1曲選ぶなら「Chest Fever」だ。
ガース・ハドソンのオルガンがとても印象的。教会のパイプオルガンみたい。これもまたルーツ音楽か。でもこれは本作で一番ストレートなロックに感じた曲だったりする。
よって素直に楽しいンだが…THE BAND的には本道ではないのかもしれん。無邪気に喜んでちゃマダマダだなぁ。

まぁ、ゆっくりと聴いてゆきましょう。長い時間をかける価値のあるアルバムですわ。

Music from Big Pink
The Band
B00004W50T

スポンサーサイト
2010.05.06.Thu 22:44 | 音楽 | trackback(0) | comment(6)
<< 丸1年 | main | 気分 >>
こんばんは。
"Music from Big Pink"いいですね。
どういいのかっていわれても、困るんですよね。
なんか田舎臭い。
でも、それがどこから来るのかわかりにくいんです。
もう1970年になろうとしているときに、あの音。
乙山も何度も聞いて、そのたびに
「田舎~」とかいってるんです。

只野乙山 URL #- | 2010.05.06 22:56 | edit?
THE WEIGHT、良いですよね~♪
私も「良いなぁ」とは思うものの、「凄さ」はわかっていません・・・
まぁ楽しんで聴ければOK!ということで(^^;)
zumi URL #sGMdB/5k | 2010.05.07 01:04 | edit?
勉強になりますた。
すこし URL #mQop/nM. | 2010.05.07 05:11 | edit?
>只野乙山さん

田舎であると同時にやたらと渋い、あんな音を20代の若者達がつくってしまうところもまた、不思議な存在ですね。


>zumiさん

おぉ、zumiさんもご存知でしたか。
なんだかわからないけど「良いなぁ」の曲ですよねぇ。


>すこしさん

勉強になりますたか。
酒を飲みながら聴くのにもイイですよ。
RS URL #UwJ9cKX2 | 2010.05.07 20:28 | edit?
ブルース・スプリングスティーンのバックも演ってたりしたんですよね
たしか・・・・。(酔っ払いの記憶なのであいまいですが
佐野元春も好きだったりしてね。
泥臭いRockの原点って所でしょうか?
KazN URL #- | 2010.05.07 20:44 | edit?
>KazNさん

泥臭いですよねぇ。泥臭いのがみんな好きなんでしょうか。
こうしてみると、
ザ・バンド自体が一つのルーツ音楽になっているンですね~
RS URL #UwJ9cKX2 | 2010.05.07 21:54 | edit?




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/911-9b9962a0






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。