だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
下書きで放置したままの記事を引っ張り出して、食い繋いでゆこうシリーズ。



吟生 笹がすみ 限定初しぼり
吟醸生貯蔵酒(本醸造)
阿波山田錦100% 60%精米
アルコール度数14度 日本酒度+3.0 酸度1.3 アミノ酸度0.8
酵母は自社酵母TK-1

徳島の瓢太閤(ひさごたいこう)という銘酒を醸す日新酒類株式会社のお酒。
4月に千住のマルイにて、試飲販売で購入。

「ささは酒の別名。しぼりたての一番旨いといわれる、かすみ状の部分をびん詰めしました。上品で軽やかな味わいのある、薄にごりのお酒です。」

へぇ、笹って酒の別名なんだ。

滓によって薄く濁っている。
上立ちは、リンゴっぽい甘い香りと共に、ちっと野暮ったい、なんてかな漬物みたいな香りもする。

甘そうに思えたが、割とパンチの強い苦味、酸味。キュッと口が締まる。
少し舌や口内がチリチリするかな?苦味は素早く過ぎてゆき、乳製品のようなまろやかな甘味がふわりと。
そして後口は非常に淡く後に残らない。

なんか後口的には上品にまとまるね。最初に感じた土っぽさとの対比が面白い。
スポンサーサイト
2010.11.23.Tue 20:14 | お酒 | trackback(0) | comment(1)
<< 行く年 | main | 鳳鳴 しぼりたて生酒 本醸造 >>
このコメントは管理人のみ閲覧できます
# | 2010.12.14 08:52 | edit?




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/942-4e1b8591






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。