だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
過去ネタがたまりすぎて古いものだと2年ぐらい経過しておりますw
腐ってしまうので頑張って放出しますシリーズその8。

sake123.jpg

奈良県の銘酒、春鹿の超辛口。試飲販売にて購入。

なんでも「超辛口」という言葉は春鹿が先鞭をつけて使い出したそうな。
純米で辛口に伸ばそうとするなら発酵をどんどこ進めるしかない。
しかしそうすると味わいは鋭くなるばかりで万人向けではない。
ギリギリのところで米の味わいも残す、それがこの+15度という日本酒度のラインで、試行錯誤の結果だという。

とまぁ、そんな面白い話を聞けて試飲も飲めたので買ってはみたが、
どうにも辛口が苦手なボクである。大丈夫かなぁ。

まず常温で飲む。すでにこの季節、温いです(呑んでるのは昨年6月ごろ)。

純米酒らしい上立ち香。ややクリーミーかな。
口に含むと透明感のある流麗な舌触り。
はじめは丸みのある甘味がゆるゆると感じる。
やがてじわっと酸味とコクが現れるが、これはすぐに消えてゆく。
さっぱりと切れるものの、ふんわりと優しい後口が残る。
綺麗な飲み口とキレを持ちながら、柔らかな味わいがある。こういう辛口は初めて飲んだかもしれない。
また、飲み続けていると渋みや苦味を徐々に感じてきて疲れてしまい勝ちなのだが、この酒はひたすらまろやか。

おぉぉ、旨いぜ。この酒。

試飲したときはもう少しキツい印象だったが、多少置いたのが良かったのかねぇ?


2日目
ほんのわずかにトゲが出たか…と思ったが、二口目で慣れて変わらない柔らかさ。

さぁ、今回は燗するぞ!
人肌燗ぐらいにしてみる。
口に含むと…なんだか不思議な風味。暖めると米の風味が出ると聞いていたが、これは米なのか?
ツルっとした感じと上品な当たりが上新粉?を思いおこさせる。ううむ初めて体験する風味。
なかなかインパクト強いが後口はやはりさっぱりとする。

よし今度は熱燗…と思ったら終わってしまった。
無くなるのが随分と早かったなぁ~。
スポンサーサイト
2011.06.04.Sat 07:22 | お酒 | trackback(0) | comment(2)
<< 新宿BERG(ベルク) | main | 開華 純米中取りなま >>
あーコレ一度飲んでみたかったんです!
大阪市内、というか私の行動範囲内の酒屋では結構見かける銘柄なので
つい後回しにしていましたが(^^;)
(地元民ほど近場の名所観光スポットに行かないのと似たような感じ?)
おかげ様で味の傾向がわかったので、安心して購入できます(笑)
zumi URL #sGMdB/5k | 2011.06.07 22:52 | edit?
>zumiさん

味の傾向はあんまりアテにしないで…
でも、美味しいのでぜひ。
RS URL #HfMzn2gY | 2011.06.10 20:46 | edit?




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/965-35232d60






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。