だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)


今年もラム・フェスタに行ってまいりましたよ。

フランス海外県で生産されるクレオール・フレンチ・ラムのイベント。
砂糖の残りかすから造られる一般的なラムに対して、サトウキビそのものから造る(アグリコール製法)ため、味わいが複雑かつ濃厚で、ストレートで楽しまれている。

と、パンフレットからの知識もそこそこに飲みます。


まずは昨年飲み忘れたラム・ブラン(ホワイト・ラムのこと)のカクテル「ティポンシュ」。
ラムは数種類から選べる。ダモワゾー(なんとなく)にする。


緑はライム。

ホワイト・ラムらしい柔らかで少し花っぽい香り。
しかし飲むと、きっつ~!さすが50度。シロップで割っているとはいえクラクラくる。

これはドリンクチケット2枚と交換。
ランクにより1枚~24枚まであり、2枚設定が多いが1枚も結構あったりする。なお入場時に10枚綴り(200円×10枚)を受け取っている。

1枚ランクをセコク周ろうと思っていたが1杯目でグロッキー気味だ。

続いてデパズ(DEPAZ)の「プランテーション」。パンフによるとオーク樽で3年熟成、45度とのこと。色はやや薄い感じかな。抑えた柔らかい香り。口当たりも優しく45度には思えない。これは飲みやすい。

ビエール(BIELLE)の「ブラン」59度。ぐわっ、これまた香りの優しさに対して飲み口は強いパンチ。ちょっと黒糖焼酎なんかを思い出す。焼酎は苦手…
それにしてもブランの方が飲みやすいと思っていたけれどきついねぇ。

一休み。水をがぶ飲み。壁際では早くも座り込んでる人もいる。ただ今回は中央にテーブル席が設けられたので、じっくり楽しんでいる人も多そうだ。新味といえばバーテンダーによるラム・カクテルのコーナーも設けられていて賑わっていた。

ネイソン(NEISSON)のレゼルブ・スペシャル。新樽で半年、その後様々なタイプの古樽で4、5年熟成させたもの。42度。
ん~。あんまり覚えてない。バランスのとれた味わいとあるから、埋もれてしまったかな?

ダモワゾー(DAMOISEAU)の15年。8年ものと15年が並んでてどちらもチケット2枚ときたら、古いほうを選ぶ貧乏根性。ものが違うンだろうけどね。流石15年というべきなのか、しっとりと落ち着きを感じた。

サンテティエンヌ(SAINT-ETIENNE)のシングルモルトフィニッシュ。
アイラモルトの樽で後熟させたということで、飲むとにるほど煙い!
しかし香りはラム。しかし飲むとむしろウイスキー。
後口にラムの円やかな甘味とほのかなスモーキーさが混ざるのが面白い。
ちなみにこのコーナーに立っている外人さんは蔵元の人?去年もいて、どの酒を選んでも「グッチョイス!」と言ってくれるイイ人なのだった。


まぁ、どれもそれなりの値段のお酒なので、このイベント以外ではまず飲まないのが難儀だな。
少しは還元しなくちゃなぁ~と思いつつ、目の前がグルグル…
スポンサーサイト
2010.06.06.Sun 22:43 | お酒 | trackback(0) | comment(0)
<< 立ち飲みデビュー | main | 木戸泉 本醸造無濾過生原酒 初しぼり >>




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/969-584ad456






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。