だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)


燦然 純米雄町
精米度合い65% 15-16度 日本酒度+2 酸+1.4 雄町100%

岡山の菊池酒造製。お酒にモーツァルトを聞かせているンだそーである。
他にもそういうところがあったような。曲はなんだろうね。交響曲25番だったらどんな酒になるんだか。

なお
・2009年秋季全国酒類コンクール純米酒部門 第1位受賞
・雄町サミット2010 純米の部 優等賞受賞
ということだ。

香りは強くない。味わい濃そうな”酒”の匂いがする。
色はほんのりと黄金色がかっている。
口に含んだ感じ、酸味が強いのかな。口内が引っ張られる感覚。そのまま酸味だけが突き抜けていって、やがてゆるい円やかさが戻ってくる。そして全体的に水のようにすーと消えてゆく淡麗さがあって、じわじわと苦味と、先ほどの円やかさの断片が後口に残る感じ。

飲み飽きしない、食事の邪魔をしない、食中酒タイプかな?

雄町と聞くとモノトーンと思い出すが、まさにそんな感じ。静謐。
だけども静か過ぎて物足りないわけでもなく、主張しないが要所は締めますヨ的な、侮れない相手。
本来はそんなに好きな味わいのタイプじゃないはずなのだけど…うん、飲み進めるほどにいいかもと思えてくる。苦手な味わい全般をさりげなく流し込んでくる手腕に惚れた。

2日目
どっしりと香ってくるようになってきた。甘く香ばしい。味わいも同様に濃くなった。酸味はやや穏やかになった気もするけど、まだまだしっかりと。融けてなくなる後口は変わらず。

3日目
燗してみる。人肌より熱め。
鼻をつくアルコール刺激が少ないのがいいね。
やっぱり酸味があるかな?なんだかハッカみたいなスーッとした風味があるが、やっぱり冷で飲むよりもまろみと甘味が出て飲みやすい。後口の速やかさを残しつつ、ほっこりとする。
うんいいね。

燗冷ましは刺激がほとんどなくなり、やわらかーい。

ということで最後まで美味しく戴いたのでした。

スポンサーサイト
2011.09.29.Thu 21:19 | お酒 | trackback(0) | comment(0)
<< へべれけ月間 | main | そっくりさん >>




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/985-a2c58915






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。