だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
そうだ日光に行こう。

突然思いたち、お一人様でお出かけ。

日光は生涯5,6度行っているが一人は初めてだ。


※デジカメで写真撮ったので大きめに掲載しています。
すごい重いかもしれないので、”つづき”で。
東武線の快速に揺られて2時間弱。交通機関に弱いので「ホントにこれ日光に行くのだろうか?」という不安に苛まされた2時間であった。膀胱も破裂しそうだったし。だが電車を降りて気づいたのだが隣の車両にトイレがついていたのだった。嗚呼。

さて東武日光駅からは徒歩で東照宮を目指します。直線で迷わないし、然程の距離ではないのでね。
と思ったら、ゆるやかな坂がひたすら続いて脚にクるのであった。そうか山なんだな日光は。
神橋を過ぎて東照宮の入口からは階段。心の中で悲鳴。
登りきると巨大な工事現場が見えてきてびっくりする。まさかこんな所にマンションを建てるのか?

nikko002.jpg
輪王寺の補修工事なのだった。ああ驚いた。

丁度節分の日ということで、輪王寺の前では豆まきイベントが始まろうとしていた。
有名人も来るらしいが、始まったばかりで時間がかかりそうなので先をいそぐことにする。
受付でチケットを購入。眠り猫など別料金になるらしい。

nikko006.jpg
石鳥居を抜けて五重塔の前の広場でも豆まきをやっていた。こちらは宴たけなわ。
それを横目に階段を登って仁王門。
nikko007.jpg

nikko008.jpg
境内?に入ると雪が残っていて冷気が強まる。シンとして静寂…には包まれていない。
平日だというのに観光客が結構いて賑やかだ。外人の団体客とカップルばっかり。大概カップルは騒がしく、外人は真剣で礼儀正しいのだった。

nikko010.jpg
左手に例の三猿。

nikko011.jpg
nikko023.jpg
nikko013.jpgnikko014.jpg
そして唐銅鳥居の向こうが陽明門である。変換したら酔う名門と出るのである。飲みたくなってくる。
しかし何度見てもこの門は…東洋のバロックというのか、よくもまぁこれだけ山盛りにしたもんだと思う。でもゴテゴテというには上品な感じもあるんだよなぁ。一日中見ても飽きないといわれる門であるが、悲しいかな周囲の騒々しさから落ち着いて見られないのであった。

nikko015.jpg
陽明門を入って右を見ると、おぉ酒樽がズラリ。思わず写真を撮る。

この後は本殿にお参り。ここも金ぴか豪華な装飾ながら、薄暗い室内で見ると古色蒼然として独特な雰囲気。
そこにあるもの一つ一つに神秘的な意味を考える…


外に出ますと後は奥社と鳴竜だけだ。案外狭いんだなぁ。「えっ、もう終わり!?」と憮然とするお姉さんをなだめる男、というカップルがいらっしゃいましたよ。

奥社は10年も前に行ったことがあるのだが参道の木立がとても静寂で好印象だった。なので別料金だが入ってみる。
nikko016.jpg
眠り猫の下を潜り(接写?だとぼやけますな…)、奥社へ。

nikko020.jpg
しかしここがまた長い階段でゼエゼエ…10年前と体力が違うのだった。
そのうえここにもカップルが絶え間なくいらっしゃってイチャイチャするので静寂が…嗚呼。
ま、自分も昔は2人で来たンだけどねぇ。この道はいつか来た道~

nikko017.jpgnikko018.jpg
奥社は徳川家康の墓所なのよね。
鋳抜門に宝塔。

nikko021.jpg
エッチラ降りてきて鳴竜へ。
ちょうど外国人の団体と一緒に説明を受けることになったが、通訳がクライドラゴンだとか言ってるのが面白かった。
さて鳴竜、過去に何度も聞いたはずだがほとんど印象に残っていない。ところが今回は、真面目に聞き入る外国人団体のおかげか、シーンとした中で鈴のような鳴き声がしっかりと聴こえて、正直感動したのだった。なるほど、そうだったのかぁ。


さて、まだまだ時間があるし、チケットには東照宮以外も含まれている。そっちに行ってみよう。
スポンサーサイト
2011.03.06.Sun 18:18 | 日記 | trackback(0) | comment(4)
<< 日光に行こう その2 | main | プラット・バレー >>
RSさん、こんばんは。
今度こそ(?)デジタル写真機ですね。
この間の写真もよかったと思いますが、
デジタル写真機だと、さらによくなりますね。

日光は一度だけ行ったことがあります。
もうずいぶん昔のことですが。
酒樽がずらり、などという光景も
その時は気付かなかった。

おお、〈酔鯨〉がある、〈酔心〉もある。
あとは〈住吉〉かな。しっかり記憶があるのは
それくらいです。
只野乙山 URL #- | 2011.03.07 00:14 | edit?
お~デジカメ大活躍ですね♪
日光には一度も行ったことが無いのですが、しかし酔う名門もとい陽明門(笑)、
綺麗ですねぇ・・・少し中国っぽいのですが色合いは日本的でオリエンタル♪
人気スポットなのはわかりますが、皆さんもう少し静かに鑑賞しましょうやって
感じですね(^^;)
しかし酔鯨とか関西圏のお酒が奉納されているのが何となく嬉しいです(笑)
zumi URL #sGMdB/5k | 2011.03.07 22:04 | edit?
>只野乙山さん
今度こそデジカメです。
撮りだすと嬉しくなってバシバシ撮ってみました。

日光、やっぱり関西からだとなかなか行かないのですかね。
関東だと結構な回数行く観光地です。

酒樽は、自分が飲むようになって初めて気づくものですねw
RS URL #UwJ9cKX2 | 2011.03.07 23:12 | edit?
>zumiさん

大活躍です。調子に乗りました。
一大観光地だから仕方ないのですが、もっとじっくり見られたら楽しいだろうな、と思いましたよ。

>関西圏のお酒が
そうかぁ、そういうところに気づくのですねぇ。
RS URL #UwJ9cKX2 | 2011.03.07 23:15 | edit?




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/994-29256d89






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。