だだもれ人生

指の間からこぼれ落ちる生き様
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
※2月のお話です。


そうだ鎌倉にも行こう。

と思いつく。
てゆーか、お出かけ先が日光と鎌倉以外思いつきませぬ。貧困。
でもって、もちろん今回もお一人様。


朝イチでおうちを出まして、まずは東京駅。ここから横須賀線に乗ろうと。
だがしかしココにきたなら寄るべき場所があるでしょう。

そう、グランスタはせがわ。

朝から晩まで呑める幸せの場所。
まだ10時にもなっていないが、いくでしょー。

granhase08.jpg
スパークリング純米酒「微紅」をチョイス。
「雨後の月」の相原酒造の製造。
日本酒ながら名前の通りロゼのように赤いのが不思議。
飲んだ感じもスパークリングワインのまんま。
しかし後口に、ほんわかと日本酒の香りと甘さが漂う。
朝の一杯として爽やかですなぁ。

よしよしもう一杯行こう。
カウンターのメニュー以外は、正面見上げた場所にある冷蔵庫に並ぶ酒からも選ぶことが出来る。
しかしアタシャ目が悪いので、少しの距離でもよく見えない。
それでクリスマス的なラベルが遠目にも目立った1本を出してもらう。

granhase10.jpg
「三井の寿 冬活性にごり NeVe」イタリア語で雪のことだそうな。
活性酒ということで瓶の中では泡がポコポコ…雪が逆に降っているようだ。
「ちょっと面白いことをしますね」
とお店の人がグラスを二つ出して、上澄みだけと、滓を混ぜた白濁のものとを分けて注いでくれた。
両方楽しめるわけだけど、これをやるにはしばらく放置して滓が沈まないとならない。朝から飲んでてラッキー?

granhase09.jpg
上澄みはフルーティな香りでじゅわーと発泡感があって飲み口爽やか。一方の滓は香りは控えめで、ややまったりと土臭い滓の香りが混ざる。飲むと発泡が抑えられて代わりに滓の滑らかな舌触り、苦味もある。ふうむ、これは上澄みのほうがさっぱりと飲みやすくて好きかな。でも飲み分けるとこんなに違うのか。面白いな。今までは濁り酒というとよく混ぜてから呑んでいたものなぁ。

ところでこの店には何度か来ているが、冷蔵庫に入った酒の値段がわからず難儀をしていたが、
冷蔵庫の下に書かれた謎の数字が値段だと今回ようやく気づいた。
40だと400円、100だと1000円なのね。なぁんだ。次からは安心してのめるネ。

800円のお支払い。ガソリン注入で横須賀線に乗り込みます。

つづく
スポンサーサイト
2011.04.03.Sun 09:29 | 日記 | trackback(0) | comment(2)
<< 鎌倉にもいこう その2 | main | 玄人のひとりごと >>
こんばんは。
鎌倉、なんかいいですね。
鎌倉時代の街の名残がまだ残っているような。
細い道があちこちに曲がっているのは
敵が攻めてきにくいように考えられたものだとか。

ガソリンを注入し過ぎると、
乙山などは動けなくなります。
休日の昼食時、アルコールを「ちょっと一杯」のつもりが、
わりと飲んでしまったりするんですね。
只野乙山 URL #- | 2011.04.06 23:25 | edit?
>只野乙山さん
そうですね。まず防衛を考えた首都選定だったみたいですね。
それが今になると、なんともいえない良い雰囲気なのですが。

>ガソリンを注入し過ぎると、
>乙山などは動けなくなります。

ありがちです(^_^;)よくやります
RS URL #UwJ9cKX2 | 2011.04.08 07:31 | edit?




  
http://kejirami.blog20.fc2.com/tb.php/998-aa7c2864






free

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<< 2017.11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

RS
『晴れたり曇ったり』のurさんに描いてもらいました~
大きい画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。